IMG_4451 2

投稿者:欲

[自己紹介]
  卓球歴7年(2013年4月〜現在)
  中ペン裏裏粘着大好きマン♂です。

  メインは両面裏裏ユーザー(ほぼ、両面粘着貼ってプレーしています。)ですが、遊びでペン粒とカットマンとフォア表も練習・ゲームする事もあります。

  実力に関しては県大会3回戦負け・市大会シングル準優勝・ダブルス優勝(シングル優勝者と組んで)・ブロック大会3位です。

  プレースタイルは裏面は積極的に振ります。(チキータ・バックドライブ・ブロック)バックサイドのツッツキは裏面を使わずショートでやります。

  ※私の裏ソフトのレビューの柔らかい・弾む・回転が多い、少ない等は粘着ラバーハードユーザーからの視点ですのでご注意下さい。テンションをレビューした時やテンションユーザーがもし私のレビューを見てラバーを打つと全然違うように感じるかもしれませんのでご注意下さい。
  (出来るだけないようテンションユーザーにも打ってもらったり、自分が打ったことあるテンションと比較して気をつけていますが…)

  過去に使用した粘着ラバー

  高品質キョウヒョウ系
  省狂NEO3ブルー、オレンジ
  国狂3.5、8ブルー、NEO3ブルー

  ターボブルー、ターボオレンジ
  普狂3.5、8

  国天極2ブルー、天極NEO3

  WRM特注
  キンプロ(パープルスポンジ)、メイスプロブルー(48.46)、パラディングリーン、太陽プロ極薄、APOLLO5(40.39.38)木星2ブルー(36)、アレス(52)、ターゲットブルー

  その他
  スピンアート、愛鯨2、ゴールデンタンゴ、ディグニクス09c、オメガ7光、ラクザZエクストラハード

  粒高
  グラスディーテクス、エリミネーションエキストラロング

  表
  ドナックル 天王星 カットマン用クレア


  ラケット
  アウォードオフェンシブ
  レッドローズ
  和の極み蒼
  松下浩二スペシャル
  幻守
  エキスパートカーボン
  ヴィルトゥオーソマイナス
  キョウヒョウ龍5
  キョウヒョウ龍5X
  koki niwa

[レビューする商品名]
  カットマン用クレア

[使用環境]
  ラケット:松下浩二スペシャル
  フォア:省狂NEO3ブルー
  裏面:カットマン用クレア

[はじめに]
  遊びで時々やるカットマンですが、以前元々使っているエリミネーションエキストラロングはカットはかなり抑えやすいのですが、ツッツキを切ったり攻撃するのが難しく、台上処理を狙われることやミスしてしまったりが多く、変化表にしたいと思い、ドナックルを試しましたが貰い物で厚さが中だったこともあり、弾みすぎたり、カットが切れなかったりで悩んでいました。今回のカットマン用クレアはグラスディーテクスと物々交換で貰って松下浩二スペシャルに貼って打ってみました。



  打つ前レビュー

  玉突き
  粒高並に低弾性で弾みが弱く、回転は表らしくしっかりかかると思いました。ですが天王星の方が回転量としては多かったように思います。

  硬さ
  今まで見た事あるラバーでスポンジは1番硬いかなと思いました。昔、太陽プロ極薄を使いましたが、それ並かそれ以上に硬いと思います。

[攻撃技術全般(ドライブ・スマッシュなど)]
  ミート打ち
  スポンジはかなり硬いのでしっかり弾けないと制御出来ず相手の頭の高さ位に吹っ飛ばしてしまうこともありますが、しっかりインパクトして弾くことがカットの抑えやすさからは想像出来ない威力でナックルのミート打ちが出来ます。ただ、本当に硬いので迷ったり、体勢が変だとミスはしやすいと思います。

  対下回転(強打)
  対下回転はミート打ちも出来ますが、対上回転よりも思い切り弾かないと入りません。思い切り振る勇気がなかなか無く、私ではまだ安定させることが出来ません。ですが粒高よりはやりやすくスピードも上でカットやツッツキに対して浮いたツッツキを弾くのは武器になると思います。

  対下回転(安定重視)
  安定させるには長くてもドライブを掛けずにチキータすると安定しました。ドライブを掛けると回転は掛かるけどネットを越えにくいと感じ、試しに横を捉えてみたら安定しました。スピードは少ないですが、無視できない程度に回転があるみたいで取りづらそうにしている相手もいました。

  カウンター
  出来ないだろうという軽い気持ちでやってみましたが、ループやそこまで速くない繋ぎのドライブなら頂点で弾けばカウンタースマッシュ出来ました。ブロックの延長で強く弾く意識でやると安定しました。カットマンで前に出てきてカウンタースマッシュして不意を付いたり、下がりきれなかった時にも使えるのでプレッシャーをかけられるので粒高には出来ないことで良いなと思いました。

[守備技術全般(ブロック・ツッツキ・カットなど)]
  ブロック
  当てるだけだと弾みが弱いので押してあげないとネットまで届かないこともあったので安定させるには少し押してあげると良いです。クレアの弾む感覚が分かれば当てるだけだと前に落として2バウンドや浅いブロックもある程度威力あるドライブに対してでも簡単に出来るので武器になると思います。(当てるだけだと練習相手がドライブを打てないくらい短くスローに飛んでいきます。)一方、弾くとカウンターになり強力ですが、インパクトが中途半端だと回転を喰らってしまったり、変な方向に弾いてしまうので注意が必要です。

  ツッツキ
  変化表にしたかった理由のツッツキの切れはとても良かったです。ツッツキはシートだけで擦ってあげると裏ソフトに近いぐらい切れたツッツキが出来ます。ナックルにしたり、切るインパクトが中途半端だとツッツキでも弾いてしまって浮いたりオーバーするので注意が必要です。切った時に飛距離が出てしまうということもなく安定します。ナックルも全く同じモーションで当てた時に擦らないだけで出るのでとても分かりにくく出来て、差も裏ソフトよりも大きいのでとても良かったです。

  カット
  肝心のカットですが、WRMの謳い文句通り表なのに縦切りしなくても入ってくれますし、表特有の直線的なカットではなく、エリミネーションに負けないくらいスローなカットが出来ます。むしろ普段使っている粒高のエリミネーションよりも台に届かせるのが難しいくらいです。回転もかなり掛かります。ドライブに対してでもないのにカットをミスした球は床を転がって自分側に戻ってくるのは当たり前です。いわゆるブチ切れカットが連発出来ます。カットは他の技術よりも弾いてしまいやすく、ミスも今は多いですが、回転量と基本的な抑えやすさはかなりあるので気に入りました。ミドルや身体から離れた位置でのカットは普段通り擦るとネットを越えないので切らずに合わせると安定して入ってくれました。ナックルも音や弾道で見分けが付きにくく、粒高よりもやりやすく感じました。ですが、やはり粒高でカットを学んだ私は硬すぎて抑えるのが難しいとは思っています。カットマンをメインでやっている方や今変化表を使っている方でもクレアは相当硬いのでラバーに合わせた打ち方を見つけるまではなかなか安定しないと思います。

[サーブ・レシーブ・台上技術]
  台上(フリック)
  浮けば問答無用で台上スマッシュ出来ます。フリックは角度を合わせて押してあげても出来ます。個人的にはまだ慣れてないので粒高の方がやりやすいですが、練習すれば出来ると思います。

  ストップ
  低弾性でラバー全体が硬いので簡単にしっかり止められます。コツさえ掴めれば回転も掛けることが出来ると思います。入れるだけでも回転も勝手に残るのでかなり良いと思います。

  チキータ
  遊びでやってみたら意外とやりやすくて驚きました。フリックはあんまりだなと思いましたが、チキータは割と安定して打つことが出来ました。カットマンでもバックハンドから攻撃が出来るとプレッシャーになると思います。シートは回転がしっかり掛かるので食い込ませ過ぎないように打つと安定しました。

[おすすめな方]
  ・カットマン初心者(難しいと沢山書いていますが粒高や変化表で切る感覚の少ない時ならむしろ大丈夫かと思います。)
  ・カットマンで粒高から変化表デビューの方
  ・球離れが早い異質ラバーが好きな方
  ・異質面でもツッツキやカットの回転量を確保したい方
  ・ツッツキやカットが抑えやすいけど異質でも攻撃したい方
  ・ある程度カットの技術がある方

  基本カットマンなら練習さえすればどんな人でもおすすめ出来るかと思いますが、抑えるだけなら粒高の方がやりやすいと私は思うので粒高でもツッツキや緩い球に対してでもカットを切れる方はクレアを使わなくてもいいと思います。また、物々交換した元々の持ち主はハマー極薄も使ったことがあるらしいですが、ハマーは勝手に回転が掛かるくらい切れるし、硬いと言っていたのでWRMの動画にもある通り、ハマーを使える方もクレアを使わなくていいと思います。

[まとめ]
  ・かなりラバーが硬くて擦る・弾くをしっかりしないとコントロール出来ない(中途半端な当て方だとネットミスか弾いてしまってオーバーミスします。)
  ・基本的には低弾性でしっかり擦った時と弾いた時にだけ飛んでいく感覚
  ・しっかり擦ると回転量はとても多く、弾くと早くてナックルで打球出来る
  ・当てるだけでは低弾性で浅いナックルになる
  ・ドライブはあまり向いていない

  全ての技術で共通ですが、しっかり擦るか弾かないとスポンジがかなり硬いので変な方向に弾いてしまってミスがしやすいです。また、インパクトが弱過ぎても低弾性なのでネットを越えません。思い切って「切る!」「弾く!」と意識しないといけません。ですが、擦っても弾いても入れることが出来ればかなり質の高いブチ切れカットや速いミート打ちが打てます。また、ナックルカットも自分の感覚では粒高より簡単に出せ、音と弾道が似ているのでバレにくいと思いました。粒高だとカットもミート打ちもある程度中途半端なスイングでもコートに入れることが簡単ですがクレアではそうはいきません。少しコントロールするのは難しいですが、粒高よりも自分でコントロールしないといけない分、勝手に切れるということも少なく、回転量の差が激しく、攻撃力も高い優秀なラバーだと思います。かなりクセはありますが、練習すれば使いこなせそうで使いこなせたら相当嫌な卓球が出来るポテンシャルはかなり高いラバーだと思いました。

[補足]
  私が難しい・クセがあると感じている原因は、私の場合、カットマンがメインではないこと、エリミネーションとグラスという粒を倒してふわ〜とカットする感覚でカットを覚えた人なのでクレアは弾かないように擦ることが難しいと思っていますが、粒高よりも入った時はブチ切れで相手はネットミスも相当多くなりました。ナックルカットもかなり分かりにくく出せます。攻撃も自分が思っている以上に弾くのが面が安定しにくいですが入ると威力は相当なものです。
  また、ラケットがカットマン用ですが、松下浩二スペシャルはアウターカーボンで球離れも早くかなり弾むラケットなのでもっと柔らかくて弾みの弱いラケットと合わせた方が使い易いと感じているのでその方が相性がいいと思っています。