32c4cf6d



















投稿者:Pまん

[自己紹介]
  32歳男性

  戦型はシェークもペンも【裏+粒orアンチ】
  基本は前陣攻守。攻撃はフォア裏面ドラ、バック裏面で繋げるような打ち方が多いです。
  リズムを変えるためにカットマンもどきみたいなこともします。
  反転をかなり多めに行うので、どっちがフォアかバックかは決めてなく、どちらでも一通りできるようにしています。
  今はアンチですが、粒高のほうが経験値は高いです。主に長くて倒れやすいがコシのあるもの、球持ちがいい粒高が好みです。物にもよりますがスポンジ0.5mmぐらいいれるのが好きです。アンチは多少操作性があるもの、スキャンダルやディアボリックを好んで使っています。
  (カールP1R、オクトパス、ジャイロ、ファントム12∞など。)

  学生で遊ぶ程度に卓球はやっていて、社会人で復帰して大会とかにも出るようになったので主な戦績はありません。東京の区大会で予選リーグは1位抜けをよくして、トーナメントでは最後まで勝ち上がれないかな、ぐらいのレベルです。

[レビューする商品名]
  Maze pro ブルースポンジ44° 2.2mm

[使用環境]
  ジャックポット 中ペン
      黒:Maze pro ブルースポンジ44° 2.2mm
      赤:ファントム12∞
      どちらがフォアかバックかは決めていません。

[はじめに]
  現在ペンの裏面に合ったラバーを模索中で、様々な裏ソフトを試しています。
  今回はペンの裏面に貼った感想をメインに書いていきたいと思います。
  自分が裏面に求めている物としては、『持ち上がりやすさ』『サーブやツッツキで掛ける感触が伝わりやすい物』『サーブツッツキの切れ味』です

  wrm特注のMaze pro ブルースポンジ(以下メイス)は硬度が48°.46°.44°と3種類あるので私自身がインパクトが弱いというのと、バックで主に使うという点で44°をチョイス。メイスを使う前に同じwrmの特注キンブル48°を使用して、持ち上がりやすさ、小技の粘着ラバー感で好印象だったのでメイスも試したくなって使用しました。キンブル48°メイス44°も実際に打ってみたら硬度は似たような感触でした。強粘着ではないとは思いますが、微粘着ってほど弱くもないように感じました。キンブルは微粘着ぐらいかと。

[攻撃技術全般(ドライブ・スマッシュなど)]
  【フォア打ち】
  粘着とは思えないほどスポンジで玉を持つ感触がしっかりしています。掴んで投げる感がとてもありました。勝手に跳ぶ感じはなく、振ったら振った分跳んで、掛けたら掛けた分回転が乗る印象でした。フォアで使う分にはちょっと柔らかすぎるのでフォア目的な方やインパクト弱い女子や学生さん以外は46°以上をおすすめします。


  【ドライブ】
  フォアドライブに関しては、自分の弱インパクトに似つかわしくないドライブの伸びはでましたが、柔らかいということもあり球に重さはでなかったです。やはりフォアで使うにはスピード、回転、ともに自分でも物足りなさを感じたので素直に硬度をあげたほうがよさそうです。

  肝心の裏面ドラの感想は、とてもやりやすさを感じました。ペンの裏面なので面が寝やすくなってしまいますが、粘着シートの引っかかり、スポンジの食い込みでだいぶ面をかぶせても持ち上げやすかったです。基本は異質なので前陣に構えることが多いので、この異様な持ち上がりやすさはかなり助かります。下回転がトップクラスに持ち上げやすいのはもちろんのこと、打球感の柔らかさの割にシートはしっかりしてるので、柔らかいラバーの弱点でもある「相手のドライブに力負けする感」がそこまで感じられなかったのがとても良かったです。

  【ミート打ち】
  ドライブで好感触のラバーは大抵、ミートではいまいちなことが多いのですが無難にやりやすかったです。柔らかいラバーだと勝手に軌道があがりやすくなるものが多いのですが、粘着シートの力強さがそれを抑えてくれているように感じます。それでも軌道の緩さや力のロス感は否めなかったですが、あれだけ入れていくドライブがやりやすかったので充分及第点ってところでした。粘着特有の回転の影響受けやすさは、やはりあるもののだいぶマイルドに感じました。ただ硬い粘着でべチンっとナックル性の叩くミートを求める方は、全く別物になるのでオススメしません。前陣で戦うにはドライブとミート、両方使いやすくないと厳しいのでかなり好感触でした。

  全体的にドライブもミートも、中級者程度の人のスイングであれば、テンションらしさがでてやりやすさの割にはスピードや回転はまずまず、上級者のしっかりスイングとかでの質の最大値でいえば低めかと思います。
  相手の下を持ち上げて、ドラやミートを使い分けてラリー主体にする方にオススメです。

[守備技術全般(ブロック・ツッツキ・カットなど)]
  【ブロック】
  ペンのショートの人によくあるような硬めのほうがブロックしやすいって方にはあまりオススメしません。感覚がボヤッとするのに加え粘着で相手の回転の影響を受けやすく感じるとは思います。ペン裏面やシェークバックならば面をかぶせて、上回転をチョイ足しするようなブロックがやりやすかったです。振りの割に非常によく伸びるブロックで相手を詰まらせやすかったです。
  男子のしっかりした強打に対しては柔らかすぎて力負け感がでてしまったので、対戦相手に合わせて硬度をあげるといいでしょう。私は基本は粒でブロックなので、相手が繋げたときだけ裏で処理できればいいやぐらいで考えているので気になりませんでした。

  【ツッツキ】
  ドライブなどの攻撃系の強インパクト技術ではテンションらしさが主張してたのですが、逆にツッツキなど台上技術全般の弱インパクト系の技術全般は粘着らしさが主張してきます。なのでツッツキは鋭く高回転低軌道で攻撃的なツッツキが可能です。本家本元の粘着のえげつなさは控えめにはなってますが、裏面ツッツキはかなりの得点源になってます。

  【カット】
  粘着らしさは主張してくるものの、ツッツキに比べスポンジの食い込みも強くなるのでポーンと弾んでしまうかもしれません。上級者カットマンが求めるようなブチッと切るようなカットを求める方はには柔らかさや食い込みが邪魔に感じる方は多いかもしれません。
  逆にインパクト弱めのレベル帯や初心者カットマンだとスイングの割によく回転がかかるのでいいかもしれません。にしてはちょっと弾みすぎかもですが、、、、
  よく後に下がらされたときは裏面でなんちゃってカットをする私としてはけっこう重宝してます。

[サーブ・レシーブ・台上技術]
  【サーブ】
  ほぼ粘着と同じ感覚で使えるので、切れ味や鋭さは充分ですが、やはり本家本元の粘着と比べればポーンと弾む感覚がでてしまうのでそこが我慢できるかどうかですかね。
  ロングサーブも充分スピードがでますが、やはり純テンションに比べるとブレーキがかかる感じがあります。
  逆に巻き込みやしゃがみ込みのようなガッツリ当て擦りするようなサーブですと回転もスピードも両立ができて威力のあるサーブになるのでオススメです。

  【レシーブ】
  上書ドライブ、鋭いツッツキ、高回転チキータ、ビタ止めストップ、回転系の技術は全てがそこそこの質でやりやすいので選択肢は非常に多いです。
  どれも一撃必殺ほどのえげつなさはないものの相手の行動を制限させる点では充分すぎる質なのでラリー戦に持ち込みやすいです。フラット系技術は感覚がボヤけやすかったり、回転の影響を受けやすいのでイマイチですが、他の技術で充分戦えるとは思えます。

  【フリック】
  スポンジに食い込ませるぐらいに強めのインパクトだと、粘着ぽさとテンションぽさが出て感覚が中途半端になるので個人的にはオススメしません。インパクトを弱くして粘着らしく薄くチキータのように払うと持ち上げやすさと相まって台に収まりやすかったです。
  短ければどんなに下回転が強くても持ち上げられそうな気がします。

  【ストップ】
  ほぼ粘着のように扱えます。相手の下回転がつよければ当てただけでも引き連れで回転が残りビタ止めになってくれます。若干板感が感じにくいので硬いラバーが好みの方は違和感があるかもしれません。

[おすすめな方]
  色んな技術がやりやすいので手数で攻めたりラリーする方にオススメします。シェークのバックやペン裏面で色々やるのに向いてます。一発の威力や質を求める方には物足りなさを感じるとは思います。難易度が低い割には球質は良いとは思っていますが。
  テンションの使い方、粘着の使い方をある程度理解していてそれぞれの良さを時と場合により主張させたい方にはいいですね。
  硬度選択もできるので幅広い中級層にオススメします。初級者だと粘着やテンションの知識、上級者だと球質のMAX値が頼りないと思います。

[まとめ]
  「粘着テンション」というジャンルの中でもだいぶ粘着とテンションの中間に位置していると思います。以前につかったキンブルはテンション寄りに感じました。

  ・食い込ませればツッツキ打ちなど、持ち上げやすさがトップクラス
  ・弧線がしっかり出て安定した軌道
  ・ドライブ、ミートなどの強インパクト時はテンションの性能、ツッツキやチキータなど薄く当てる技術は粘着の性能がでる
  ・色んな技術がやりやすいが、球質のMAX値は決して高くない。
  ・生粋の粘着ユーザー、テンションユーザーからしてみれば中途半端。
  ・難易度は低い割には、球質は良いと感じてる
  ・硬度が3段階選べるので微調整しやすい。

[補足]
  似たラバーざっくり比較レビュー
  比較対象
  ・Maze pro ブルスポ44°
  ・キンブル 48°

  弾み
  キンブル>メイス

  回転量
  メイス>キンブル

  持ち上がりやすさ(鈍感さで)
  キンブル>メイス

  持ち上がりやすさ(引っかかりで)
  メイス>キンブル

  直線的・キンブル
  弧線・メイス

  テンションと粘着の中間
  メイス

  テンションより
  キンブル

[その他(DVDのレビューはこの欄にお書きください)]
  wrmさんがどういった方々をターゲットにしているかわからないですが、プロとか上級層ではなく「自分はそこまで技術も体力もない、背伸びはしないけど、でもちょっと気持ちよく良い球が打ちたいなー」って方を狙って特注生産販売してたとしたらドンピシャのようなラバーですね。
  裏面に合う裏ソフトを探してはいますが、今のところ私はメイスブルー44°で落ち着きそうです。ちょっとスピードが物足りなさを感じますが、そしたらスイング強化しながら硬度をあげればいいだけですし。