15f9ccce36e7fe32ba07



























投稿者:Pまん

[自己紹介]
  32歳男性

    最近は中ペン、前はシェークでやってました。
    【裏+アンチ】
      基本は前陣攻守。攻撃はミートが主体、ドライブは繋げる目的で使用。
      リズムを変えるためにカットマンもどきみたいなこともします。
      反転をかなり多めに行うので、どっちがフォアかバックかは決めてなく、どちらでも一通りできるようにしています。
      今はアンチですが、粒高のほうが経験値は高いです。主に長くて倒れやすいがコシのあるもの、球持ちがいい粒高が好みです。物にもよりますがスポンジ0.5mmぐらいいれるのが好きです。
      (カールP1R、オクトパス、ジャイロ、ファントム12∞など。)

      学生で遊ぶ程度に卓球はやっていて、社会人で復帰して大会とかにも出るようになったので主な戦績はありません。東京の区大会で予選リーグは1位抜けをよくして、トーナメントでは最後まで勝ち上がれないかな、ぐらいのレベルです。

[レビューする商品名]
  ピストルグリップ[三維]

[使用環境]
  ピストルグリップ[三維]

    フォア: プラクソン400 2.0mm
    バック: LSD(旧)  ox

[はじめに]
  一応ハンドソウラケットの一種なのでしょうか。ハンドソウはグリップとブレードが一箇所で繋がっていますが、こちらは二箇所(ほぼ一体かな)でつながっております。
  完全に興味だけで購入。けっこう太めなグリップなのでアナトミックを握ってるような印象。ピストルでいう引き金にあたる穴には人差し指ではなく中指をいれるそうです。確かに中指のほうが面が安定しそうです。
  本来、これ専用のラバーじゃないとキレイに貼るのは難しそうです。一応、メーカー名やittfを削らないように貼りましたが、区の大会で審判長の許可はもらえませんでした。
  ラケットのittfはブレードに書いてあるのでラバーを貼ると、剥がさないと確認できないので注意です。

  握った感じだと、割と握りやすく、ドライブよりミート系技術がやりやすそうな第一印象を受けました。
  板はなんかホームセンターにありそうな安そうな木材、打つには弾まなさそうで、芯材が厚いので粒高だと弾みそうという予想でしたが、見事に予想通り。
  合板構成といいますか、材質的にはあまり自分好みでもなかったので、ほぼグリップの形状に関してのレビューになると思います。

[攻撃技術全般(ドライブ・スマッシュなど)]
  【フォア打ち】
  よくこのラケットを始めて使う人にあるあるみたいですが、最初はネットに全然届かず下に落ちるらしいです。ただ自分はそんなことなく問題なく普通に打てました。
  おそらく自分が普段から面を開いてフラットで打つ習慣がついているからだと思われます。逆にヨコから引っ叩くイメージがしやすい形状なので打ちやすいぐらいでした。
  普段、上回転を掛けている方(特にシェーク)からしてみればブレードのヘッドが自然と下がりますし、手首の使い方も全然違うので難しいのかもしれません。

    【ドライブ系】
  基本はフォア打ちと同じ現象が起こりやすいと思います。やはり普段、異質でドライブをしている自分は面を開いてドライブすることが習慣づいているのでそこまでやりにくさを感じませんでしたが、やはりシェークの方からすると別物みたいです。
  ラケットの形状からしてわかるように、ほぼしなりはありません。木材の軟らかさとは別の意味で打った時に硬さを感じます。見た目は薄いのに厚ラケットで打っている感がありました。
  バックが裏拳みたいになるので寝かせてドライブだと難しいかもしれません。

    【ミート系】
  横殴りなスイングはしやすいので、ミートはフォアバックともにやりやすかったです。面を開きやすいのでバックの粒も難なく出来ました。しっかりグリップを握れるので、カット性ショートとかは力強くできました。ただ遠心力がかかりにくいので、チョンと手首で切るというより、ガツっと腕で振り下ろす感じになります。

  【粒プッシュ】
  バックに粒貼っている方限定ですが、けっこうやりやすいです。と言ってもグリップ的に押すのは難しいので面を作って振るのでプッシュと言っていいかわかりませんが、、、、
  リフトっぽいかもしれませんね。
  むしろ振る分攻撃的なプッシュが打ちやすいです。


  フォア、バック供にミドルをカバーできる範囲がシェークやペンと比べて狭く感じました。

[守備技術全般(ブロック・ツッツキ・カットなど)]
  【ブロック】
   ラケットをしっかり握ってしまうので、自分がシェークの時によく使っていた緩く脱力して威力を吸収するようなブロックはできませんでした。しっかり面を作って反発させてブロックさせなきゃいけないので、硬すぎず柔らかすぎず、ぶっとびすぎずなラバーじゃないと難しいかもしれません
  逆に粒とかならしっかり振れるので割とやりやすく感じました。板がよくしなればもっと粒と相性いい気がするのでもったいないです、、、


    【ツッツキ】
  グリップに厚みを感じるので、台上をするときにはグリップが邪魔に感じてしまいました。手首をしならせてしっかり切るのは難しかったですが、チョンと入れていく分には問題はないです。他の方はツッツキをはじめとする手前の処理は難しく感じているようです。
  ストップも同様。

    【カット】
    私は本職のカットマンではありませんが、ブレード(球をまともに捉えられる面積)が狭いので安定性には欠けると思います。重心が手元よりなので、いまいち遠心力を使ってカットができないので切るのは難しかったです。

[サーブ・レシーブ・台上技術]
  【サーブ】
  グリップの持ち替えや、手首が使いにくいのでそこまでバリエーション豊富なサーブは打てないです。コンパクトなスイングは難しいです。
  トリガーの穴に中指入れてラケットをクルクルまわしながらトスしてラケットに当てる、当てたタイミングで回転の種類が変わる【気円斬】サーブを開発しましたが、スピードがでなかったのでお蔵行きになりました。
  その中指の穴を利用すれば腕のスイングとは逆の回転を掛けられる可能性は感じますが、そこまで本気でこのラケットを使う気にはなれないので、本気で使うときに色々考えてみます。

    【フリック、チキータ】
  やはり重心がグリップよりなので、ラケットのヘッドで回転を掛けるような技術は難しいです。やはり異質系でミート系で相手の回転利用で打つようなフリックは全然ありです。

    【レシーブ】
  ミドルが難しいのと、回転を掛ける系は難しいので、やはり異質系と相性は良いように感じます。
  反転とかができないのと、手前の処理の難しさやドライブの難しさが合わさって狙い撃ちはされやすいように思えます。

[おすすめな方]
  シェークやペンと比べて、敢えてこのラケットを使う戦術的メリットはあまり感じませんでした。唯一使用者がかなり少ないという利点も、特に相手にはやりづらさ等は感じないようです。
  強いて言うならミート特化の方が、低い打点では打ちやすい形状かとは思います。
  イップスなど、握力が弱くてすっぽ抜けるような方にはしっかり握れますし、すっぽ抜けもしないのでいいかもしれません。
  反転をよく使う私としては、ほぼ反転はできないようなものなのでマイナスポイントです。
  ただ練習さえ積み重ねればシーミラーのようにフォア面の裏ソフトでバックを打てそうには思えました。

[まとめ]
  ・ヘッドが自然とさがる(ペンやテナリーに似た感じ)
  ・引っぱたくような打ち方がしやすいのでドライブよりミートに適したラケット
  ・おそらく形状のせいか、しなりが発生しにくく、硬さを感じる
  ・グッと力は入れやすいグリップ
  ・手首をしなやかに使うのは難しい
  ・重心がグリップよりなので遠心力をつかえない
  ・一般的?なハンドソウに似てはいるものの別物。ハンドソウのほうが手首やなどしなやかな動きがしやすい
  ・ブレードの選択肢がほぼないに等しいので、よっぽどグリップにメリットを感じる人でないと使う価値を感じられません、、、、

[補足]
  トリガーの穴に指を入れて、メタルギアソリッド3のリボルバーオセロットのようにクルクル回してガンアクションプレイができます。めっちゃ練習しました。

  得点決めた後に、しつこくクルクル回した後に「良いセンスだ!」と言えばオセロットになりきれます。相手への挑発効果は高いかと思います。イエローカード喰らわない程度にやりましょう。