sunward_ysk-b50

























投稿者:欲

[自己紹介]
  卓球歴6年半中ペン裏裏粘着大好きマン♂です。
  ペン粒とカットマンもやります。

  メインは両面裏裏ユーザー(ほぼ、両面粘着貼ってプレーしています。)ですが、
  遊びでペン粒とカットマンとフォア表も練習・ゲームする事もあります。

  実力に関しては県大会3回戦負け・市大会シングル準優勝・ダブルス優勝(シングル優勝者と組んで)・ブロック大会3位です。

  プレースタイルは裏面は積極的に振ります。(チキータ・バックドライブ・ブロック)バックサイドのツッツキは裏面を使わずショートでやります。

  ※私の裏ソフトのレビューの柔らかい・弾む・回転が多い、少ない等は粘着ラバーハードユーザーからの視点ですのでご注意下さい。テンションをレビューした時やテンションユーザーがもし私のレビューを見てラバーを打つと全然違うように感じるかもしれませんのでご注意下さい。
  (出来るだけないようテンションユーザーにも打ってもらったり、自分が打ったことあるテンションと比較して気をつけていますが…)

  過去に使用した粘着ラバー

  高品質キョウヒョウ系
  省狂NEO3ブルー、オレンジ
  国狂3.5、8ブルー、NEO3ブルー

  ターボブルー、ターボオレンジ
  普狂3.5、8

  国天極2ブルー、天極NEO3

  WRM特注
  キンプロ(パープルスポンジ)、メイスプロブルー(48.46)、パラディングリーン、太陽プロ極薄、APOLLO5(40.39.38)木星2ブルー(36)、アレス(52)、ターゲットブルー

  その他
  スピンアート、愛鯨2、ゴールデンタンゴ、ディグニクス09c、オメガ7光、翔龍

  粒高
  グラスディーテクス、エリミネーションエキストラロング

  表
  ドナックル・カットマン用クレア


  ラケット
  アウォードオフェンシブ
  レッドローズ
  和の極み蒼
  松下浩二スペシャル
  幻守
  エキスパートカーボン
  ヴィルトゥオーソマイナス
  キョウヒョウ龍5
  キョウヒョウ龍5X
  kokiniwa

[レビューする商品名]
  翔龍

[使用環境]
  ラケット:キョウヒョウ龍5X
  フォア:翔龍(特厚)
  裏面:テナジー80(厚)

[はじめに]
  今回は粘着テンションの中ではロングセラーのヤサカの翔龍をレビューします。打つ前は硬い・真っ直ぐ・ぶっ飛ぶと使いにくいという感想の方が多く、良いと言うレビューや話はあまり聞かなかったので期待していませんでした。結論から言うと私は全くそう思わず、しんどい時・調子が悪い時は翔龍あり!と思えるくらい良いなと感じました。今回は30代の卓球仲間が使われているラケットをそのままお借りして試打しました。たまたま同じラケットで打つことが出来たので人のラケットですが自分のラケットに貼った時と同様にラクザZエクストラハード・ディグニクス09c・キョウヒョウプロ3ターボブルー・国狂NEO3ブルー・国天極2ブルーと比較してかなり良いレビューが出来ると思います。

  打つ前レビュー

  粘着力
  今回は人に借りたラバーなのでその方の好みでクリーナーをかけまくって粘着を落として使われているそうなので粘着力は少なかったです。その人いわく新品の時はThe微粘着という感じと話していました。(自分のラバーでは無いのですみません…)

  玉突き
  弾みが強く、結構な硬さも感じました。今まで打った粘着テンションラバーの中でも弾み・硬さ共に上位に入ってくると思いました。

  硬さ(触ってみて)
  シートもスポンジもキョウヒョウまではいかないですが、天極以上くらいに感じました。アポロ5がわりと近いかもしれませんが、もう少し柔らかい気がします。

  回転
  粘着が落ちてるのにしっかり回転は掛かります。長い間使っていると話していたので劣化しているとはそこまで思えない回転量です。


  重さ
  最近のスピンテンションや粘着テンションよりは重くない気がします。ラクザZエクストラハードやターボブルーよりは確実に軽いと思います。(自分のラバーではないのでごめんなさい…)

[攻撃技術全般(ドライブ・スマッシュなど)]
  対上回転ドライブ
  弾道は直線でスピードは粘着と思うとかなり速く、回転量もスピードの割には多いと思いました。ディグニクス09cにスピードと回転ともに気持ち負けるかなくらいです。質は粘着ラバーらしい球でとりにくいドライブが打てます。打球感もしっかりハードで、キョウヒョウ系に近い感覚です。しかし、弾みが強いのでキョウヒョウ系のガチガチの中国ラバーよりは全然打ちやすいと思いました。回転重視で打ったら遅く、スピード重視で打ったらかなり速いドライブになるので、しっかり打球に差が出てくれ、また、球も荒れてくれるので普段キョウヒョウを使っている私は気に入りました。私は硬くて弾む天極という風に感じました。

  カーブドライブ
  カーブドライブに関しては少し弾みが強くやりにくいと思いました。普段弾んでも天極2ブルーやターボブルーなのでやりにくいですが、テンションラバーユーザーや粘着テンションユーザーはむしろやりやすいと思います。

  引き合い(中陣ドライブ)
  天極に似ていると感じましたが、天極よりも弾みが良いので直線的にドライブは飛ぶ翔龍ですが、下がってもネットを超えやすく、神経を使わなくても飛ばせると思いました。弾みがある分、キョウヒョウ系よりはやりやすいと思いました。パワーがあるならキョウヒョウ系の方が球の荒れというのは大きいと思いますが、私は翔龍でも問題なく、満足出来ると感じました。

  対下回転ドライブ(ループ)
  他の技術からの弾みでやりにくいかと思っていましたが、シートは硬いのでスポンジに食い込みにくく勝手に飛んでいく事がないのでしっかりと擦ることが出来ます。また、翔龍は球足が早く、キョウヒョウのように弧を描き過ぎてしまうことも少なく、上級者にカウンターもされにくいです。回転量は気持ちキョウヒョウには劣りますが、他の粘着テンションと比べてシートが硬いのでシートだけで擦ることが出来ればループドライブは台に収まりやすく、しっかり擦れるのでやりやすいです。

  対下回転ドライブ(強打)
  ラバーは結構な硬さですが、落ちることもなくやりやすいです。打球感はハードですが、ぶつけて打つと若干の球持ち・食い込みを感じ、安定します。球質は回転はあまり掛からず、スピード重視です。スピードはキョウヒョウと粘着テンションの間くらいかと思います。また、勝手に回転量の差も生まれてくれ、中国ラバーから粘着テンションに変えたい人は凄く気に入ると思います。

  カウンター
  初めは飛びすぎでオーバーミスしましたが、思い切って伏せて振ると流石テンションというキョウヒョウ系よりは速いカウンターが出来ました。回転負けもすることも落ちることも無く、良かったです。

  裏面ドライブ
  裏面はフォアハンドよりインパクトが弱いので私のインパクトでは球が走らなく、回転量も弱いので難しいとと思います。普段粘着テンションを裏面に貼っている私でも厳しいと思うのでバックハンドには硬くておすすめ出来ません。もし使いたいならインパクトがある方か木材ラケットに貼ると良いかと思います。

[守備技術全般(ブロック・ツッツキ・カットなど)]
  ブロック
  普段のキョウヒョウよりは飛びますが特別回転の影響を受けることや硬すぎて落ちる現象はなかったです。当てるだけでも割と速いブロックになります。キョウヒョウ等の中国ラバーは回転の影響を受けやすいものもありますが翔龍はそう感じませんでした。

  ツッツキ
  普段使っているキョウヒョウや天極とほぼ変わらない感覚でツッツキが出来ます。気持ちキョウヒョウよりは弾み、回転も弱いですが、ツッツキもループドライブと同じでシートが硬いので飛びすぎず、抑えも効いて、回転を意図的に掛ける(スポンジまで食い込ませる)とキョウヒョウにはない鋭いツッツキになりました。上級者のテンションラバーから打たれる鋭い・突き刺すようなツッツキが簡単に出せると思いました。

[サーブ・レシーブ・台上技術]
  サービス
  普段、キョウヒョウ等弾まないラバーがメインなので翔龍は少し飛ぶのでサービスをするとネット直行が多少ありました。私自身はサービスに関しては割とどんなラバーでも回転はしっかり掛けられると自負しているので慣れで問題ないですが、遥かにテンションのテナジーや粘着テンションのディグニクス09c・ゴールデンタンゴよりはシートが硬く、中国ラバーに近い感覚なのでやりやすいです。

  ストップ
  ストップは普段キョウヒョウの私でも浮かしたり、深くなることもなく、やりやすいです。ストップもループドライブ・ツッツキと同じで他の粘着テンションよりもやりやすいと感じました。

  台上(フリック)
  シートが硬く、弾みもそこそこで台に収まってくれるのでやりやすかったです。入れるだけなら良いですが、もっと硬い方が弾いた時はいいだろうし、ドライブ掛けるにももう少し柔らかい方が球が走りやすいと思い、なんとなく中途半端かなとも思いました。入れることはとてもやりやすいと思います。

[おすすめな方]
  ・ノーテンションの粘着ラバーが厳しくなってきたけど粘着らしさを求めている方
  ・キョウヒョウor天極を試したけど断念した方
  ・既存の粘着テンションは中途半端と感じる方
  ・粘着テンションで粘着ラバーよりの(硬い)ラバーを探している方
  ・テンションからキョウヒョウに変える前の1枚におすすめ(翔龍使えなかったらキョウヒョウは無理です。)

[まとめ]
  ・かなり中国ラバーに近い粘着テンション(硬さ・技術の質とやりやすさと感覚から)
  ・触れてないですがミート打ちは硬くて弾むのでやりにくい
  ・弾道はかなり直線的ですが不思議と弾むのでネットミスはしづらい
  ・バックハンドやジュニア選手・女性には厳しいかもしれません

  打球・感覚・球質…技術全体を通して今まで打った粘着テンションラバーで1番粘着ラバー(中国ラバー)に近いと感じました。ですので、テンションからの以降はそれなりの覚悟と練習は必要だと思います。中でも弾道やスピード・回転量等々見て国天極2ブルースポンジに似ていると思いました。弾道は最近の粘着テンションにはない直線的で回転量も硬いシートのおかげでしっかり掛けられると思います。また、中国ラバー特有の擦った時とぶつけた時の差も感じられると感じました。ノーテンションの中国ラバーと比べて弾みは強いもののシート・スポンジ共に硬く、球離れも早いので軽打・台上技術で浮いたり、弾みすぎることはなく制御が簡単でした。中国ラバーが好きな方なら必ず気に入る性能だと思います。レビューで微妙な声が多いのは粘着テンションを使いたいと思って使ってみた方やキョウヒョウがダメだった(粘着ラバーが使えない)という方が悪くレビューしているのだと思います。ただ、硬いのは中国ラバーユーザーの私でも感じるので万人受けしないのはよく分かります。粘着ラバーがしんどくなったり、中国ラバーユーザーで冬でラバーが冷えて厳しかったり、調子が悪い時・粘着テンションをフォア面にどうしても使わないといけないならこれを使いたいと思います。スペアにも良いかなーと購入を考えさせられてます… 私が打った限りでは悪い所は限りなくゼロに近いです。
翔龍は粘着テンションの中で限りなく「弾む中国ラバー」と呼ぶのが適していると思います。そのくらい良い意味でも悪い意味でも中国ラバーらしさがあります。
粘着テンションだと思って使うには少々厳しいかもしれませんが私はかなり気に入りましたし、粘着らしい粘着テンションは何?と言われたらダントツで翔龍をオススメします。

[補足]
  私の感覚ですし、打ち方次第で変わってはきますがキョウヒョウターボブルー・国狂NEO3ブルー・国天極2ブルー・ラクザZエクストラハード・ディグニクス09c・ゴールデンタンゴと翔龍の比較を載せておきますので翔龍ではなくともラバー選びの参考に使って下さい。


  硬さ
  ターボブルー>翔龍>国狂>ディグニクス09c>天極>ゴールデンタンゴ>=ラクザZ

  弾み
  ディグニクス09c>ゴールデンタンゴ=翔龍>ラクザZ>天極=ターボブルー>国狂

  回転量
  ターボブルー>=国狂>翔龍=天極=ディグニクス09c>ラクザZ=ゴールデンタンゴ

  弾道(弧線〜直線)
  ラクザZ>国狂>ゴールデンタンゴ=ディグニクス09c>ターボブルー>天極=翔龍

[その他(DVDのレビューはこの欄にお書きください)]
  次回はスティガのインフィニティVPS Vは確定でレビューします。あとは、YouTubeで流行ってる伸ばし貼り比較をキョウヒョウプロ3ターボブルーでやってみたのでその感想とキョウヒョウ龍5X・ラクザZエクストラハードの数ヶ月使用してみてのレビューを投稿します。ヴィクタスの松下浩二スペシャルも間に入るかもしれません。新しく打つ用具があれば優先してレビューします。

  スペア(湿気対策・冬・感覚が無いとき用)ラケットを作る件は作らないことも含め、まだ考えています。ディグニクス09cか翔龍をフォアに貼るのは確定なのですが、ラケットと裏面のラバーはまだまだ納得いくものが見つかりません。オフチャロフトゥルーカーボン・ビスカリア偽物・銀河PRO13S・インフィニティ・使えるか分かりませんがロキのW81PROとSPも面白そうと思ってます。