bcf9871f

投稿者:欲

[自己紹介]
  卓球歴7年(2013年4月〜現在)
  中ペン裏裏粘着大好きマン♂です。

  メインは両面裏裏ユーザー(ほぼ、両面粘着貼ってプレーしています。)ですが、
  遊びでペン粒とカットマンとフォア表も練習・ゲームする事もあります。

  実力に関しては県大会3回戦負け・市大会シングル準優勝・ダブルス優勝(シングル優勝者と組んで)・ブロック大会3位です。

  プレースタイルは裏面は積極的に振ります。(チキータ・バックドライブ・ブロック)バックサイドのツッツキは裏面を使わずショートでやります。

  ※私の裏ソフトのレビューの柔らかい・弾む・回転が多い、少ない等は粘着ラバーハードユーザーからの視点ですのでご注意下さい。テンションをレビューした時やテンションユーザーがもし私のレビューを見てラバーを打つと全然違うように感じるかもしれませんのでご注意下さい。
  (出来るだけないようテンションユーザーにも打ってもらったり、自分が打ったことあるテンションと比較して気をつけていますが…)

  過去に使用した粘着ラバー

  高品質キョウヒョウ系
  省狂NEO3ブルー、オレンジ
  国狂3.5、8ブルー、NEO3ブルー

  ターボブルー、ターボオレンジ
  普狂3.5、8

  国天極2ブルー、天極NEO3

  WRM特注
  キンプロ(パープルスポンジ)、メイスプロブルー(48.46)、パラディングリーン、太陽プロ極薄、APOLLO5(40.39.38)木星2ブルー(36)、アレス(52)、ターゲットブルー

  その他
  スピンアート、愛鯨2、ゴールデンタンゴ、ディグニクス09c、オメガ7光、ラクザZエクストラハード

  粒高
  グラスディーテクス、エリミネーションエキストラロング

  表
  ドナックル 天王星 カットマン用クレア


  ラケット
  アウォードオフェンシブ
  レッドローズ
  和の極み蒼
  松下浩二スペシャル
  幻守
  エキスパートカーボン
  ヴィルトゥオーソマイナス
  キョウヒョウ龍5
  キョウヒョウ龍5X
  koki niwa

[レビューする商品名]
  インフィニティVPS V

[使用環境]
  ラケット:インフィニティVPS V
  フォア:ゴールデンタンゴ(2.0)
  裏面:エボリューションMXP(2.0)

[はじめに]
  今回は名作ラケットの多いスティガの中でも人気の5枚合板のインフィニティのレビューです。粘着ラバーとも相性が良いとも聞いた事があり、樊振東選手も使っていた噂も聞いた事があります。人に借りて打たせてもらったラケットなので普段使わないテンションラバーが貼ってありますが、以前メインラケットにて使っていたゴールデンタンゴが貼ってあったのでゴールデンタンゴでの試打した感想がメインになります。


  また、今回打ったインフィニティは平均重量よりも重たい個体なので気にせず買うと違うこともあると思いますのでそこは注意してください。



  打つ前レビュー

  外観
  板厚5.8ミリ・ブレード形状は気持ち縦長で160×158だそうです。上板はよくある色で気持ち白く・薄く感じます。触ってみるとラケットコートを塗った時のようにツルツルしています。普通はツルツルする板はハードな上板が多いと思いますが、スティガの技術でこのようになっていると思います。

  調べてみるとVPSという2枚目の板に硬くする加工がされていて、焼いてから冷やすことでハードで軽量な板になるそうです。また、ラケットコートのような上板もダイヤモンドタッチという技術でなめらかにすることでボールタッチと打球感が良くなるそうです。まとめの部分で感じた事を解説します。

  玉突き
  木材にしてはハードな高い音がしました。見た目は柔らかそうな板でしたがスティガの技術によってハードな打球感になっています。そのおかげで弾みは5枚合板としてはかなりあると思いました。

  硬さ
  上板はツルツルしているだけで柔らかく感じます。ただ、打ってみるとハードに感じます。



  重さ
  その人のインフィニティは重めを買ったそうなので90gありました。また、ブレードが縦長なので先端に重心を感じ90gよりも重たく感じました。調べてみるとインフィニティはこのクラスの弾みのラケットの中で比較すると軽い方で85g前後のものが基本だそうです。お借りした方は重たい個体を探して購入したそうです。

[攻撃技術全般(ドライブ・スマッシュなど)]
  対上回転ドライブ
  ハードで薄い木材合板とは思えない良い弾みです。見た目は硬そうではなかったので初めは驚きました。ただ、打球感は不思議と気持ちいい感じがしました。VPSにより上板は柔らかく、2枚目がハードなのでそのように感じるのかと思います。普段使っているキョウヒョウ龍5Xよりも確実に硬くて弾みはほとんど変わりません。球離れが早いので弾道が気持ち真っ直ぐですが、インパクト出来た時の球質はキョウヒョウ龍5Xにも負けていないかなんなら上なのではないかと感じます。回転を掛けるにはしっかり表面で擦ってあげる必要があります。擦るだけでも球が走ってくれブロックしてもらった相手からは普段と全然球質が違うからとりにくいと言われました。私が打っている分にはパワーはいつもよりは必要と感じました。

  カーブドライブ
  硬くて木材なので台に収まりよく回転量も豊富でした。球を掴んで(食い込ませて)カーブドライブを掛ける方は慣れが必要かと思います。

  引き合い(中陣ドライブ)
  下がっても全く問題なく、良いドライブが打てます。飛距離が足らないかなと思いましたが、慣れで何とかなる程度しか飛距離や弧線の出方は異なりません。

  対下回転ドライブ(ループ)
  薄い木材合板×硬いので収まりがいいのにとても回転量があっていい事しかありません。いつものキョウヒョウ龍5X+キョウヒョウプロ3ターボブルーよりもインフィニティ+ゴールデンタンゴの方がブロック相手は回転量が多いと話していました。私もインフィニティの方が回転がしっかり掛けられると感じました。木材のループドライブは最高だと再認識させられました。ただ、和の極み蒼やヴィルトゥオーソ等のように食い込ませるようにループドライブするには少しラケットが硬いかなと思います。

  対下回転ドライブ(強打)
  対下回転はより硬さを感じるのでパワーが必要ですが、威力はやはりカーボンラケットにも少し負けるくらいで威力は木材にしては十分以上かと思います。対下回転になると落ちると思っていましたが、特に無く、何故かコントロールがしやすいと思いました。VPSにより上板は柔らかいままハードなラケットに出来るからコントロールがしやすいのかなと思いました。

  裏面ドライブ(対上回転)
  裏面になると少し硬さと弾みの弱さを感じました。ゴールデンタンゴではなく、エボリューションにして振った方が良かったと感じたのでバックハンドにはスピンテンションラバーがおすすめです。

  裏面ドライブ(対下回転)
  対下回転も対上回転とほぼ同じ感想です。下回転を持ち上げる力はありますが、球を走らせるには少し難しいのでスピンテンションラバーがおすすめです。


  カウンター
  カウンターは普段のキョウヒョウ龍5Xに比べるとカーボンが無い分、少し回転の影響をくらいやすいのとスピード不足を感じました。しかし、木材合板にはしては硬い分、それらの特徴は少ないと以前まで使っていた合板ラケットと比べると感じます。木材・カーボンの問題よりも私の好み(柔らかい方がカウンターしやすい)の問題かと思います。

[守備技術全般(ブロック・ツッツキ・カットなど)]
  ブロック
  カウンターと似た感想ですが、カウンターよりは台への収まりが良い分好感触でした。板が硬いこととラケット単体の重さもあるのでカーボンラケット並にブロックで押されにくいことは感じました。


  ツッツキ
  板が硬く、木材合板なのでしっかり切ることが出来ます。木材合板にありがちなオーバーしにくいけど浮きやすいという事は少なく感じ、とても好感触でした。インフィニティより板が硬い合板もありますが、上板は硬くないけどラケット全体が硬いのでコントロールはしやすいとと思います。

[サーブ・レシーブ・台上技術]
  サービス
  木材合板なのでコントロールもしやすく、板が硬くてよく弾むのでロングサービスも柔らかいインナーのラケット並に早く出せると思います。やはりサービスでも上板は硬すぎずブレードが硬いのでコントロールのしやすさを感じました。


  ストップ
  やはりコントロールのしやすさを感じました。木材合板の収まりの良さと硬い板の切れが両立されています。

  台上(フリック)
  フリックは私の好みで硬くてやりにくいと思いましたが、木材合板にはないスピード感があるとは思いました。打球感は良いので硬いラケットでも大丈夫な方は感覚が良いと思います。

[おすすめな方]
  ・カーボン寄りの(弾む)木材合板が使いたい方
  ・板硬めでスピードがしっかり出る木材合板が使いたい方
  ・ハードウッド系のラケットが硬すぎて使えなかった木材合板ユーザー
  ・インナーやアウターから木材合板を使ってみたけど弾みと硬さが物足りなかった方
  ・フォアに粘着ラバーを使いたい方

  おすすめ出来ない人
  ・木材合板は柔らかくてこそと思う方
  ・木材合板ユーザーでインナーラケットに抵抗がある方(大抵のインナーカーボンラケットよりも打球感は硬いので)
  ・パワーがあまりない方

[まとめ]
  ・アウターカーボンに匹敵するくらい弾む
  ・粘着ラバーとの相性は◎
  ・バックハンド粘着テンションラバーだと弾みが足らなく、硬さも感じる(テンションがおすすめ)
  ・木材合板でラケット全体で硬いのでコントロールと擦った時の回転量は◎
  ・弾道は直線的
  ・食い込ませて打つよりは擦って打った方が合っている
  ・インフィニティはメイン使用のキョウヒョウ龍5X、以前のメインのキョウヒョウ龍5、サブのKoki niwaよりも硬く感じる
  ・硬く感じるけどダイヤモンドタッチとVPSによりコントロールはかなりしやすい
  ・打球感も良い

  まずはスティガの技術すご!と言いたくなる完成度だと思い、感動しました。2枚目が硬いことでラケット全体は硬くなっているのに上板が柔らかい分、コントロール性が高いこと・上板にニスのようなものが塗ってあることで打球感も言葉にするのは難しいですが良いと感じ、とても良いなと思いました。ただ、やはり硬いは硬いのでそこは注意してください。球を持っている感覚はないのですが、インナーカーボンよりも擦りやすく、回転量は上で弾みも負けていなく、少し硬めですが、コントロールはしやすい方だと思います。今回打ったインフィニティは重めなので平均重量近くの物だともう少し柔らかく、弾みも抑えめになり使いやすいかと思います。普段、インナーカーボンを使用していて、柔らかい板が好きな私でもちょっと使ってみてもいいかもと思えるくらい回転量や弾みは素晴らしいラケットでした。ただし、硬いので擦り続ける必要があるのでパワーも必要でしんどいかもしれませんが、それが出来る人だとかなり気に入るラケットになると思います。

[補足]
  私個人的にはインフィニティは粘着ラバーとの相性は抜群だと思いますが、少し柔らかめにした方がラケットが硬いので良いと思いました。普段使っているキョウヒョウターボブルーを貼るとおそらく硬すぎてネットミス連発かと思います。しっかり擦れた時は回転量はえげつないと思いますがスピードは速くなるので弧線を描いて回転を掛けてドライブを打ち続けるスタイルも難しく、実用的では無いと思います。なので双喜のキョウヒョウは硬度が選べるので38度や39度の柔らかめを選ぶと合うと思います。ブルースポンジは食い込むので使いやすいかと思いますが、オレンジスポンジの国狂や省狂は少し硬いかもしれません。粘着テンションなら割と何でもテンションにより食い込むので使いやすいかと思います。

[その他(DVDのレビューはこの欄にお書きください)]
  次回はダーカーのセグナ・紅双喜の7枚合板ラケットのキンキョク9に以前購入して少しだけ打ったけどイマイチだった国狂8ブルーと国狂3-50を貼って打ってみたのでレビューします。