20201022_303594















投稿者:Pまん

[自己紹介]
  32歳男性

      戦型は中ペン、シェークだった時もあります。
    【裏+アンチ】
      基本は前陣攻守。攻撃はミートが主体、ドライブは繋げる目的で使用。
      リズムを変えるためにカットマンもどきみたいなこともします。
      反転をかなり多めに行うので、どっちがフォアかバックかは決めてなく、どちらでも一通りできるようにしています。
      今はアンチですが、粒高のほうが経験値は高いです。主に長くて倒れやすいがコシのあるもの、球持ちがいい粒高が好みです。物にもよりますがスポンジ0.5mmぐらいいれるのが好きです。
      (カールP1R、オクトパス、ジャイロ、ファントム12∞など。)

      学生で遊ぶ程度に卓球はやっていて、社会人で復帰して大会とかにも出るようになったので主な戦績はありません。東京の区大会で予選リーグは1位抜けをよくして、トーナメントでは最後まで勝ち上がれないかな、ぐらいのレベルです。

[レビューする商品名]
  [osp]immune ox        中ペン

[使用環境]
  [osp]immune ox 中ペン

    A面(ローズウッド):ネオフレックス400
    B面(リンバ): ファントム0012

    ※反転を多用するためどちらがフォアかバックは決めていません。
  このラケットは両面差異ラケットなので、いろんな面とラバーとで試打しているので、あくまでも一例です。

[はじめに]
  私の初めてのOSPラケット。注文してから2カ月かかったので、手元に来たときにはすでに忘れかけていました。
  手にすると、まずは美しさに驚きました。木の表面の艶、くっきりした木目、手に優しく削られているエッジ、これほど使用するのが勿体ないと思うラケットは初めてでした。
  そしてこのラケットの特徴が両面差異ラケット。数は少ないけれどもちょいちょい売られている差異ラケット。あまり好んで使い続ける人は少ない差異ラケットをospがどう作っているのか楽しみです。
  おそらく表面の材質が変わっているだけなのでしょうか、表面がローズウッドのほうをA面、リンバのほうをB面、とします。
  このラケットのコンセプトとしとは硬いA面に粒高oxを貼るみたいですが、私はやや柔らかい面に硬めの粒を貼るのが好きなので今回はBに粒高を貼っています。
  もちろん色んな組み合わせも試してますが、ここだと文字数制限もあるのでこれらを主軸に書いていきたいと思います。
  そのほかにもブレードの形状にも個性が出ていて、キノコのような下ぶくれ型みたいになっています。

[攻撃技術全般(ドライブ・スマッシュなど)]
  【A面での裏ソフトドライブ系】
  硬めの表面ってことですが、中心材が柔らかかったり、ラバーも柔らかかったので特別硬くは感じなかったです。木製らしくよく球を掴み、弧線が良く出て、弾みすぎないので収めることは簡単でした。ただやはり重心が手元に近いので遠心力でギュンとかかる感じは皆無でした。それに加え、弾みも守備ラケよりなので一発で抜くのは難しく感じました。

   【B面での裏ソフトドライブ系】
  ほぼA面と同じです。材質の差はあまり感じませんでした。おそらく裏ソフトだと差は感じにくいのかもしれません。

    【A面でのミート系】
  ドライブのときのようなグッと掴む感じの割には軽快にミート打ちしやすかったです。もしかしたらローズウッド効果が出てるのかもしれません。打球感がよく手に響くのでミスしたときの響と、軽快にいけたときの響が区別しやすくて、手の感覚が研ぎ澄まされる感じがとても良かったです。
  ミート系の技術だと、ブレードの形状は気にならなかったです。むしろ面が安定して開きやすいようにも感じました。
  ただやはり守備ラケよりなので一発で抜く速さは求めにくいです。

   【B面でのミート系】
  こちらもほぼ同じです。ただ響き方は異なり、Aと比べて柔らかい木特有の鈍さを感じます。あくまでもAと比べてなので響き自体はそれなりにはっきりしています。ミート系のほうがドライブ系と比べると差を感じることができましたが、やはりそこも微々たる感じではあります。

    【A面での異質攻撃】
  硬めの上板ということで、裏ソフトよりoxのほうが硬さを感じることができました。おそらくスポンジがはいると違いはわかりにくくなってしまうのかもしれません。
  硬さは感じますが、多少の球持ちもあり、心地よい球離れの良さを感じました。なので硬さを感じる割には自分で振っていったり、粒を倒したり倒さなかったりの操作はしやすかったです。硬い上板には柔らかい粒を貼る人が多いとは思いますが、これぐらいなら自分は硬めの粒を貼ってもやっていけそうな操作感はありました。スピードは最低限確保してる程度でしょうか。上回転を上系で返すような、回転に逆らう技術もイヤらしい球が出る割には難易度も高くなく、積極的に仕掛けやすかったです。
  ちょっと不思議な感覚なのですが、ラケット自体は柔らかいのに表面だけ硬いみたいな感じです。なのでよく言えばバランスがとれている、悪く言えば差異が少ない。だからスポンジが入ってしまうと硬さを感じにくくなるのだと思います。

  【B面での異質攻撃】
  こちらは柔らかさをけっこう感じました。球離れが遅く、軌道が上に上がりやすいので私の好みではなかったです。そういうこともあり、B面に柔らかい粒を貼る選択肢は私としてはないかと感じました。中間硬度〜硬めでしっかり振ってける人にお勧めします。球離れの遅さや軌道のせいもあるとは思いますが、こちらは攻撃時にだいぶゆったり跳ぶような印象をうけました。繋ぎには良いですが、癖もスピードもなく決定力不足になりがちだと思います。ただ回転に逆らう系の技術はかなり安定感があります。ペンよりシェークのバック異質とかならペチペチ異質速攻がしやすいのではないかと感じました。


    【粒プッシュ】
  A面のほうが硬さや手の響きがはっきりしているので断然こちらのほうがやりやすかったです。
  B面だとこもった感じがあり、あまり積極的にプッシュを使おうとは思えませんでした。
  シェークのようにちょっと上回転とか混ぜたりするほうにB面は向いていると思います。
[守備技術全般(ブロック・ツッツキ・カットなど)]
  基本的には守備ラケットの部類に入ってくるラケットだと思うので、A面B面ともあまり弾まずブロックができるとは思います。

    【A面での粒ブロック】
   A面は上板が硬めということなので、極守みたいな吸収する系ではなく幻守のようなカツンと受け流す系なのかと想像していましたが、意外と吸収する系でした。もちろん硬さでカツンと切れる感じもあるのですが、木材ラケットの響きの良さが更に誇張されているように響いて、エネルギーが周囲に分散されていくような感じがしました。もしかしたら下ぶくれの形状も関係しているのかもしれません。
  私は普段、柔らかい面で硬めの粒を使うことが多いですが、これならある程度硬さがある粒でも柔らかい面で切ったときのようなブチッと感が出せると感じました。むしろコンパクトなスイングで切っていくのに向いてそうなので、試合とか実戦で使い勝手良さそうな性能です。
  硬いラケット、柔らかいラケットの両方の性質を感じれるという、新感覚でした。私はA面に粒を貼ることが多くなりそうです。剛力も硬さと柔らかさの両方の性質を持つラケットにも感じましたが、これともまた違う感触でした。剛力はしなりで、イミューンは木材の響きで、って感じです。

  【B面での粒ブロック】
  こちらはもう硬めの粒を貼って、自分でしっかりブチッと切るのに特化したようなブロックができます。
  弧線があがりやすいので、回転量で勝負しないと連打されやすいので気をつけましょう。
  玄人のペン粒さんや、バック異質さんなんかは回転に逆らったり、緩急を付けやすい技巧派にオススメです。
  ただ、それならもうちょっと先端に重心が欲しいとも感じました。腕の力だけで振る要素が強くなるので振るのであればあまり好みの形状じゃないかもしれません。形状的にはしっかり振ってもぶつけにくくはなっているのですが、、、、色々矛盾してるように感じます。

    【ツッツキ】
   こちらはもう想像通りで、裏ソフトだとそこまで違いがありませんでしたが、
  極薄とか粒ならA面のほうが鋭く直線的な、B面のほうがしっかり球を掴んで切るようなツッツキになりやすいです。ただこちらも重心が手元よりなので、カッっと切るようなツッツキは難しかったです。

    【カット】
    私は本職のカットマンではありませんが、それでも最低限の抑えやすさもあり、重量の割には弾かれにくく感じました。
  ただこちらも手元よりの重心なので断ち切るようなスイングに威力は出ませんでした。

[サーブ・レシーブ・台上技術]
  【サーブ】
  基本は裏ソフトでサーブをだすので、ABどちらでもって感じです。ただ私は薄く掛けることが多いのでA面のほうが切れ味やら低さを求めやすかったです。
  ただ微々たる差なので、攻撃やブロックのほうを中心にA面とB面を考えればいいと思います。

    【フリック、チキータ】
  裏ソフトは特に差はなし。
  OXの場合、A面のほうが球離れも早くテンポの良い台上処理ができると思います。B面だと回転に影響させられたり、せっかく払っても狙い撃ちされることが多かったです。
  あと粒で払ったりする分にはこの形状は面が開きやすくやりやすかったですが、裏ソフトだと遠心力を利用しにくかったの力みやすかったです。回転をかけるというよりはミート主体のほうがいいと思います。

    【レシーブ】
  ラケットの形状的に、打点を早めに捉えやすかったです。 そのせいもあってかストップなどもチョンっと止めやすかったです。
  回転を残したり、速めのプッシュで先手をとっていきたいならA面を、ロングサーブやナックルにもしっかり球を持って打っていきたい対応力を求めるならB面がって感じです。

[おすすめな方]
  組み合わせと使い手の考え方次第でいろんな使い方ができるので難しいですね。
  強いて言うなら、「道具好きな人」でしょうか。
  A面B面の微妙な差、色んなラバーを使ってきて特色を把握している方は方は楽しめるのではないでしょうか。
  私もこのラケットに関しては「試合をする道具」というより「色んな可能性を考えられる玩具」のような感覚でいます。

  あとはペン粒とかで薄くて柔らかいラケットを使いたいけど、技術不足で強回転にに弾かれてしまうような方(私です)には、柔らかい割に喰らいにくい部類かと思います。なぜですかね。形状なのか、木材の接着なのか、、、、 とにかく良く響いて威力を分散してくれる感があります。

[まとめ]
  ・両面差異ラケット。硬めの上板のローズウッド、柔らかめ上板のリンバで構成。
  ・弾みの強さはそこまで変わらず、oxなら硬さの違いを感じれる。裏ソフトだとあまり差を感じない。
  ・よく手に響く木材ラケットの良さを強く感じる
  ・下ぶくれの特殊な形状。そのせいかどうかはわからないけどブロックが止めやすい気がする。ぶつけにくい。ただ遠心力を利用しにくい。あと反転しにくい。
  ・個人的に粒高を貼るとしたらA面には「柔らかめ〜やや硬め」、B面には「中間硬度〜硬め」を選ぶと思います

[補足]
  【両面差異】について
  粒高プレイヤーだったら、裏ソフト側が弾んで粒高側がしっかり止まるラケットがあればな、とは一度は思うのではないでしょうか?
  実はそんな願いを汲み取った差異ラケットはいくつか製造されていますが、それでもあまり普及はしてないように思われます。
  なぜでしょう。私が考えるに異なる木材を組み合わせたところで一つのラケットに固めてしまうと、性能が均一化してしまうからだと思います。確かに表面の硬さなどの差異はある程度出ますが、弾み自体はかなり均一化されるとは思います。だから粒高のoxで感触が変わる程度が限界なのかなとは思います。immen oxもその例外にはなりませんでした。
  私が使ったことのある差異ラケットで1番差が大きかったと思ったのはコクタクのプレシアスです。ただ差は大きければいいというわけでなく、打球感が両面とも不自然なように感じます。自然な木の響きを無理矢理どこかで通行止しているような。弾まない面はボコったした鈍い感じ、オールラウンド面でもそのボコっと感はあるのに少し弾む違和感。
  感覚を大事にする粒高プレイヤーにとってこの不自然さは気になる人が多いのではないでしょうか。
  その辺はimmuenはどちらの面でもラケット全体に響いてA面ならA面の響き、B面ならB面の響き、特にA面は硬さと柔らかさを両方感じる矛盾があるのに、響きは一つのラケットとしてまとまってるように感じれました。(だいぶ感覚的な話ですみません。)おそらく接着の工夫があるのでしょうか。
  私は紙や木材で工芸品を作る仕事をしていますが、紙や木は「生きている」と思うことは多々あります。
  湿気や温度で伸び縮みや反ったり、暴れの強弱など様々です。同じ一本の木からとった木材でも個体差を感じます。それが別の木材、しかも正反対の性質の木材を合わせて接着すれば文字通り反りが合わずに、捻れたりひん曲がったり、ひどいときには裂けることもあります。
  おそらく木材を熟知した方が接着に工夫をしてこのラケットの一体感を作っているのではないでしょうか。

  長々と差異について語りましたが、そんなことをぶち壊すように私は現在A面にスピンパラサイト(アンチ)、B面にはUFO極薄を貼って気に入って使用しています。
  もちろんアンチなんて貼ったら差異の意味はほぼないと思います。
  このimmuneというラケット、ただただ木材ラケットとして優秀だと感じたのでこんな使い方をしています。
  アンチの大きなデメリットとして「感覚がボヤける」というものがあります。そこにimmuneのとても良い響きと、マテリアルの中でもシートの粒が低いスピンパラサイトを組み合わせることで、アンチなのに手に感覚が伝わるプレイが可能となっています。
  またアンチは粒高と違いヘッドをあまり動かさない方が安定しやすいので、この重心が手元にある形状との相性がいいです。粒高のとき感じた、切るのに適さない形状の矛盾もアンチなら利点です。
  このスピンパラサイトというアンチも昔に買ったときは使いづらくコントロールできなかったのですぐに剥がした過去がありましたが、気まぐれでimmuneに貼った瞬間、反転量とコントロールが共に高くすぐに主力候補となりました。

  極薄の弱点でもある「強打に押されやすい」ところも、薄いラケットなのに謎の打ち負けにくさでラリー戦でも前陣で捌けます。
  もうこのラケットの最大のコンセプトの差異なんてどうでもよくなってるぐらいに木材の良さを感じてます。

  個人的にはA面のローズウッドが両面になって、形状がこのままのラケットとか作ってくれないかなーと思っております。