103480629




























投稿者:欲

[自己紹介]
  卓球歴7年(2013年4月〜現在)
  中ペン裏裏粘着大好きマン♂です。

  メインは両面裏裏ユーザー(ほぼ、両面粘着貼ってプレーしています。)ですが、
  遊びでペン粒とカットマンとフォア表も練習・ゲームする事もあります。

  実力に関しては県大会3回戦負け・市大会シングル準優勝・ダブルス優勝(シングル優勝者と組んで)・ブロック大会3位です。

  プレースタイルは裏面は積極的に振ります。(チキータ・バックドライブ・ブロック)バックサイドのツッツキは裏面を使わずショートでやります。

  ※私の裏ソフトのレビューの柔らかい・弾む・回転が多い、少ない等は粘着ラバーハードユーザーからの視点ですのでご注意下さい。テンションをレビューした時やテンションユーザーがもし私のレビューを見てラバーを打つと全然違うように感じるかもしれませんのでご注意下さい。
  (出来るだけないようテンションユーザーにも打ってもらったり、自分が打ったことあるテンションと比較して気をつけていますが…)

  過去に使用した粘着ラバー

  高品質キョウヒョウ系
  省狂NEO3ブルー、オレンジ
  国狂3.5、8ブルー、NEO3ブルー

  ターボブルー、ターボオレンジ
  普狂3.5、8

  国天極2ブルー、天極NEO3

  WRM特注
  キンプロ(パープルスポンジ)、メイスプロブルー(48.46)、パラディングリーン、太陽プロ極薄、APOLLO5(40.39.38)木星2ブルー(36)、アレス(52)、ターゲットブルー

  その他
  スピンアート、愛鯨2、ゴールデンタンゴ、ディグニクス09c、オメガ7光、ラクザZエクストラハード

  粒高
  グラスディーテクス、エリミネーションエキストラロング

  表
  ドナックル 天王星 カットマン用クレア


  ラケット
  アウォードオフェンシブ
  レッドローズ
  和の極み蒼
  松下浩二スペシャル
  幻守
  エキスパートカーボン
  ヴィルトゥオーソマイナス
  キョウヒョウ龍5
  キョウヒョウ龍5X
  koki niwa
  キンキョク9

[レビューする商品名]
  キンキョク9

[使用環境]
  ラケット:キンキョク9
  フォア:国狂8ブルー(テンションがかかっているキョウヒョウでキョウヒョウシリーズの中でも硬くてよく弾むラバーです。ターボブルーよりは気持ち柔らかくて引っ掛かりが弱くて弾みは上です。)
  裏面:国狂3-50(テンションがかかっていてキョウヒョウシリーズの中でも柔らかくターボオレンジやノーマルの8に似た感覚のラバーです。)

[はじめに]
  まず、キンキョク9についてですが、紅双喜から発売されている板厚6ミリの純木7枚合板です。このラケットはとある普段シェークの卓球仲間の方が中ペンの練習をしようと海外の通販サイトでこのラケットを買ったら何故か2個入っていたので1個あげるよ!と言われ貰いました笑 購入した価格は2000円だそうです。フォーチュンショップさんでも見つけましたがそこでは6000円で販売されていました。そこまで高級なラケットでは無いようです。私自身、レビュー・商品説明等が見つけられず事前情報は全く無いので先入観なしでのレビューとなります。また、両面キョウヒョウなので反転しながらの2枚の違いも合わせた総まとめのレビューになります。実は7枚合板は初めて打つので(粘着ラバーと合わせて)多少当たり前の事を書いてしまうかもしれませんがよろしくお願いします。(7枚合板に関して知識はあるつもりですが…)




  打つ前レビュー



  玉突き
  柔らかく感じ、弾みも5枚合板とほぼ変わらないかと思います。5枚合板と言われていれば疑わずに打てていたと思います。玉突きの段階では7枚合板の要素はほとんどありません。



  重さ
  84gで軽かったです。両面キョウヒョウを貼りましたが、重くなく振り切りやすかったです。


  攻撃技術全般

  対上回転ドライブ
  ドライブでも打球感は柔らかく、なんとなく弾く感じがしました。そのおかげで5枚合板よりは少し弾むなと思いました。なので5枚合板の回転の掛けやすさと7枚合板のスピードの出しやすさの両立が出来ていると思います。しかし、5枚合板よりの感覚だと思います。


  引き合い(中陣ドライブ)
  下がると普段の用具を思うと飛距離が出しにくく、また、弾みの弱いヴィルトゥオーソマイナスを使っていた時は弧線がかなり出てかつ、飛距離が出にくいのでフルスイングした時の回転量と弾道の変化はえげつないものでしたが、そういうこともなく、微妙な感じでした。やりにくくはないですが、下がっても変化するドライブは打ちにくいと思います。

  対下回転ドライブ(ループ)
  基本的に柔らかく、弾みが弱いのでループドライブは掛けやすいと思います。普段の用具の方が硬さとラバーの引っ掛かりがあるので擦った時の回転量は多いと思いますが、普段の用具は飛距離が出やすいので入れることと弧線の安定感はキンキョクの方があると思います。

  対下回転ドライブ(強打)
  普段の用具よりも入れやすさはありますが回転量とスピードは少し弱く、ブロックされてしまいやすいとは思います。強打も入らないと意味無いので悪いことではないですが、カーボンラケットを使っている方、違うもっと弾む5枚や7枚合板を使っている方は物足りないと思います。和の極み蒼やヴィルトゥオーソ・スワット等使っている方は満足出来るかと思います。

  裏面ドライブ(対上回転)
  裏面はキョウヒョウの中でも柔らかい国狂3-50がメインで打ちましたが適度な硬さと球持ちで安定してやりやすかったです。以前打ったインフィニティ(硬くてよく弾む5枚合板)はゴールデンタンゴで打つと全然球が走らなく、インパクトが必要だなと思いましたが、キンキョクはそういつことはないと思います。3-50も柔らかくてもキョウヒョウなので決して打ちやすくはないですが、問題なくドライブが打てました。

  裏面ドライブ(対下回転)
  速いドライブは打ちにくいですが、5枚よりは気持ち弾きが良く、弧線もカーボンラケットよりは確保しやすいので安心感ある対下回転打ちが出来ます。ただ、やはり裏面でも5枚合板よりの性能だと感じました。今回はキョウヒョウを貼ったので粘着テンションラバーやテンションラバーを貼ると評価が変わると思います。


  カウンター
  収まりが良いですが、威力不足感はありました。最近、カウンターは上手くなってきた気がしていることからなのかそこまで回転の影響を受ける感覚はありませんでした。5枚合板のように球を持ち過ぎず適度に7枚合板の弾きが少しあり、回転の影響を受けやすいわけではないのかもしれません。

[攻撃技術全般(ドライブ・スマッシュなど)]
  対上回転ドライブ
  ドライブでも打球感は柔らかく、なんとなく弾く感じがしました。そのおかげで5枚合板よりは少し弾むなと思いました。なので5枚合板の回転の掛けやすさと7枚合板のスピードの出しやすさの両立が出来ていると思います。しかし、5枚合板よりの感覚だと思います。


  引き合い(中陣ドライブ)
  下がると普段の用具を思うと飛距離が出しにくく、また、弾みの弱いヴィルトゥオーソマイナスを使っていた時は弧線がかなり出てかつ、飛距離が出にくいのでフルスイングした時の回転量と弾道の変化はえげつないものでしたが、そういうこともなく、微妙な感じでした。やりにくくはないですが、下がっても変化するドライブは打ちにくいと思います。

  対下回転ドライブ(ループ)
  基本的に柔らかく、弾みが弱いのでループドライブは掛けやすいと思います。普段の用具の方が硬さとラバーの引っ掛かりがあるので擦った時の回転量は多いと思いますが、普段の用具は飛距離が出やすいので入れることと弧線の安定感はキンキョクの方があると思います。

  対下回転ドライブ(強打)
  普段の用具よりも入れやすさはありますが回転量とスピードは少し弱く、ブロックされてしまいやすいとは思います。強打も入らないと意味無いので悪いことではないですが、カーボンラケットを使っている方、違うもっと弾む5枚や7枚合板を使っている方は物足りないと思います。和の極み蒼やヴィルトゥオーソ・スワット等使っている方は満足出来るかと思います。

  裏面ドライブ(対上回転)
  裏面はキョウヒョウの中でも柔らかい国狂3-50がメインで打ちましたが適度な硬さと球持ちで安定してやりやすかったです。以前打ったインフィニティ(硬くてよく弾む5枚合板)はゴールデンタンゴで打つと全然球が走らなく、インパクトが必要だなと思いましたが、キンキョクはそういつことはないと思います。3-50も柔らかくてもキョウヒョウなので決して打ちやすくはないですが、問題なくドライブが打てました。

  裏面ドライブ(対下回転)
  速いドライブは打ちにくいですが、5枚よりは気持ち弾きが良く、弧線もカーボンラケットよりは確保しやすいので安心感ある対下回転打ちが出来ます。ただ、やはり裏面でも5枚合板よりの性能だと感じました。今回はキョウヒョウを貼ったので粘着テンションラバーやテンションラバーを貼ると評価が変わると思います。


  カウンター
  収まりが良いですが、威力不足感はありました。最近、カウンターは上手くなってきた気がしていることからなのかそこまで回転の影響を受ける感覚はありませんでした。5枚合板のように球を持ち過ぎず適度に7枚合板の弾きが少しあり、回転の影響を受けやすいわけではないのかもしれません。

[守備技術全般(ブロック・ツッツキ・カットなど)]
  ブロック
  基本収まりが良く、ブロックでも気持ち5枚合板より弾く感じがあります。当てるだけではほとんどそれは感じず、当てに行ったり、強いドライブの時に弾きを感じます。が、制御出来ないレベルではないです。


  ツッツキ
  ツッツキはこれといって特徴がある訳ではありません。弾みすぎず、硬すぎす、切れるわけでもなく、浮くわけでもなくバランスが良いと思います。

[サーブ・レシーブ・台上技術]
  サービス
  5枚合板のように弾みが弱くてショートサービスが出しやすいです。インフィニティや普段のキョウヒョウ龍5Xを初めてサービスを出した時は気持ち真っ直ぐ飛ぶと感じましたが、キンキョクは真っ直ぐ飛ぶけど収まる感じがありました。今練習中でなかなか短く出せないサービスも2バウンドさせやすく、ラバーの弾みは普段のターボブルーと比べてあまり変わらないか8の方が少し弾むのでラケットの影響だと思います。


  ストップ
  ツッツキと同様、やりやすくもやりにくくもなく、しっかり止まってくれます。インパクトが弱い技術では特徴は感じられませんでした。

  台上(フリック)
  普段のキョウヒョウ龍5Xよりはスピードは遅く、やりやすいかと言われれば気持ち収まりが良いかなーと感じる程度でした。ヴィルトゥオーソや和の極み蒼の時はスピードが遅くてフリックすると逆に狙われることもありましたが、キンキョクは最低限のスピードでフリック出来ると思います。

[おすすめな方]
  ・5枚合板と7枚合板の間の性能が欲しい方
  (性能は5枚合板よりです。)
  ・硬い5枚合板や7枚合板が無理だった方
  ・7枚合板を試してみたい方
  ・基本、5枚合板が好きだけどほんの少しだけ(インナーカーボン程では無い)弾きが欲しい方
  ・粘着ラバーに合わせたい方
  ・人とは違うラケット・珍しいラケットを使いたい方

  おすすめ出来ない人
  ・7枚合板が好きな方(スワットからなら良いと思いますが、SK7やキョウヒョウ寧・ゴーズィSL等からは不満に思うと思います。)
  ・硬い5枚合板(エメラルド・インフィニティ等)が使えている方の7枚合板デビュー
  ・ラケット全体に硬さが欲しい方

[まとめ]
  正直、これが良い・悪い・凄いと感じる性能は特にありません。値段も1万円以下で安いのでそういった事を求めるのは間違っているのかもしれませんが… 性能のバランスが良く、ラバーもテンションラバー・粘着ラバー・表ソフト・粒高等ラバーと腕前の許容範囲も広く、誰にでも使いやすいラケットだと思います。ただ、流石紅双喜製で粘着ラバーとは相性抜群だと思いました。5枚合板よりは気持ち弾いて飛ぶけど7枚合板よりは柔らかくて球持ち・コントロール性が良いそんなラケットだと思います。粘着ラバーで5枚合板からインナーカーボンに変えた時適度に弾いてくれる感覚が飛ばすのが楽なので良いと感じ、インナーカーボン程では無いですが、気持ちキンキョクにもその感覚があるように思います。有名・人気なスワットと比べると少し硬く、弾むように思います。