20200918_d8ad67




















投稿者:Pまん

[自己紹介]
  32歳男性
    戦型はシェークとペン両方【裏+アンチ】
  シェーク歴のほうが長いですが、異質を扱う上でペンのほうが気に入っています。
  基本は前陣攻守。攻撃はほとんどミートか乗せ打ち、ドライブは繋げがメインです。
  リズムを変えるためにカットマンもどきみたいなこともします。
   反転をかなり多めに行うので、どっちがフォアかバックかは決めてなく、どちらでも一通りできるようにしています。
     学生で遊ぶ程度に卓球はやっていて、社会人で復帰して大会とかにも出るようになったので主な戦績はありません。東京の区大会で予選リーグは1位抜けをよくして、トーナメントでは最後まで勝ち上がれないかな、ぐらいのレベルです。

  現在シェークならスキャンダル1.5mm、ペンならスピンパラサイトを愛用しております。

[レビューする商品名]
  der-materialspezialist
  B.A.D

[使用環境]
  ジャックポット 中ペン
      黒:メイスブルー44°2.2mm
      赤:BAD 0.7
      どちらがフォアかバックかは決めていません。

[はじめに]
  WRMさんで売られているものの、あまり紹介らしい紹介がなかったアンチ。なら使ってみるしかない、というノリで購入したアンチ。
  シートは粒が高くカサカサ系ではなくシットリ系ですかね。ただスキャンダルやディアボリックほどのしっとり感は感じませんでした。スポンジは他のアンチで見たことないような白色で、やはり最近マテリアルによくある系のスチロールみたいなスカスカスポンジ。
  経験則的に見た目的に操作系と変化系の合いのこと予想。合いのこのでお気に入りのスキャンダルと比べてどうなのかがポイントですね。

[攻撃技術全般(ドライブ・スマッシュなど)]
  ドライブは硬さと摩擦のなさでかなり難しいので省略します。

    【ミート打ち】
    対上回転:
  硬めで摩擦も球持ちもそんなにないので、落ちたりホップしたり暴れやすいです。ただやはりトランスフォーマー系とは違いまだコントロール出来る余地がありますが、それで相手の球威があがってくると厳しいとは思います。
  ディアボリックの球持ち感はなく、スキャンダルの無効化感もないのでどうやって使うと安定するのかがよくわかりませんでした。相手の球威(シートの粒のスポンジの食い込み具合)によって扱い方が変わるところ感じます。正直そこまで考えて試合するのはきつかったです。
  あまり逆らいたくないような印象です。

    チャンスボール:
    球持ちはありませんでしたが、強めのインパクトだとけっこう板で打つ感覚がハッキリするので安定はしました。逆に入れにいくと板感が急激に減ってこぼしやすかったです。

    対下回転:
   回転の影響も少なく、そこそこ弾みもあるので乗せ打ちの感覚がある方にはかなりやりやすいと思います。
   ディアボリックとかとちがって食い込ませて持ち上げることはできないので低い物は丁寧にする必要があります。下回転がかかっていればかかっているほど安定した攻撃がしやすいです。
  対下回転に関してはそれなりに自分から振れていけるので、シートとスポンジの食い込み具合をそこまでシビアに考える必要がなかったのでよかったです。

    プッシュ:
  アンチ特有の回転の影響受けにくさと板で打つ感がありプッシュにはかなり適したラバーだと思います。めっちゃ速いプッシュ、というわけではありませんがコントロールしやすい部類です。ただ、時折ホップする現象があります。これもやはりシートとスポンジの食い込み具合で木への衝撃が伝わりすぎてしまうということなのでしょうか。

[守備技術全般(ブロック・ツッツキ・カットなど)]
  【ブロック】
  アンチは全体的にブロックが生命線だとは思いますが、正直ブロックが一番難しかったです。
  当てるだけだと跳ね返りの強さで飛距離がでてしまうことが多かったです。
  なので自分から切りにいくと、低くサーッと滑るような軌道でブロックはできるのですがそれを連発させるには相当技量が必要かと感じました。ちょっと角度が変われば滑る軌道はネットに突き刺さったり、ホップして吹っ飛んだり。、力を抜いて切りにいってもラケットとぶつかる感触が強くでて反発してしまいます。
  このラバーはこうやって使うんだというのがハッキリせず、相手の球威によって常にシートと粒の食い込み具合のちょうどいいところを探しながら力のいれ具合を調整するイメージです。トランスフォーマー系もシートの粒がスポンジを貫通して衝撃が強くなってしまう現象はあるのですが、シートがツルツル系な分衝撃を逃がせばいいだけだったので使い方としてはそんなに困ることはなかったですが、BADはシットリ系ということもあり衝撃を逃がしきるのは難しかったです。似たようなスキャンダルはそこを低反発性で押さえてくれている感じです。

    【ツッツキ】
    アンチなので回転は掛けにくいです。ですが硬めなので軌道は鋭くだせるので回転量と鋭さのギャップで先手はとりやすいツッツキができます。プッシュと混ぜればだいぶ早いテンポで台上を荒らせます。

    【カット】
   上回転をもらえればけっこう下回転はキレます。勝手にキレるところはありますが。
  軌道は低く、打ち方とかは表ソフトに近い感じです。
  カットだとインパクトが自然と強くなるので、常に衝撃がラケットに伝わる感じでした。飛距離はでにくいのであまりカット主戦ではオススメしません。

[サーブ・レシーブ・台上技術]
  【サーブ】
    アンチなので省略

    【レシーブ】
    回転の影響は受けにくく、他のアンチよりは払いや攻撃的な仕掛けもできます。破壊力はありませんが。ノーマルのとき厳しかったロングサーブを短く止めづらいという弱点もなくなり、攻めたり守ったりのバランスがいいです。レシーブは全体的に強いインパクトにはなりにくいので弾みが一定になりやすく割と好感触でした。

    【ストップ】
    ちょっと止まりきらなかったり、軌道が高くなりやすかったりしますがやりやすい部類だと思います。もちろんリフレクション とかスキャンダル のようにビタ止めは難しいですが、スポンジが食い込んだり食い込まなかったりがあまりないので安定はするかもしれません。

    【フリック】
   フリックの打ち方にもよりますが、強インパクトで打つ場合と、回転に合わせて打つので弾み方が変わるので、あまり使い分けはしにくかったです。

[おすすめな方]
  スキャンダル、ディアボリックの中間のような性能なので両者の下位互換的な意味では値段も比較的安いのでオススメはできるのでしょうか。ただ私には感覚がぼやけてるのかハッキリしてるのかわかりづらいアンチに感じましたので、中間択を選ぶのであればディアボリックエクストラスローを選びます。といってもディアボリックエクストラスローはスポンジ厚に選択肢がないので完全下位互換というわけではありませんが。
  私の感覚的に、反転率重視のトランスフォーマー系と操作性重視のディアボリックの中間的な性能がスキャンダルだと思っているのですが、そこからさらに中間的な性能なのでイマイチ使用用途が差別化しにくく感じました。スキャンダルが弾まなさすぎる人にいいのではないでしょうか。アンチをこだわる人の細かい微調整ぐらいの位置づけでしょうか。

[まとめ]
  ・スキャンダルとディアボリックの中間のようなアンチ(やや操作性より)
  ・突出した性能は感じなかった、万能系とも言える
  ・スポンジに粒が突き刺さる感覚がけっこうあった。これを利用できれば相手も惑わすことができるかもしれませんが、私には到底狙って使えるものとは思えませんでした。

[補足]
  ざっくりマテリアル社アンチレビュー

    【スピン反転量】
    トランスフォーマー>スキャンダル >BAD>ディアボリック

    【弾み】
    スピンパラサイト>ディアボリック ≧トランスフォーマー≧BAD>スキャンダル 

    【玉持ち】
    ディアボリック>BAD>スキャンダル>>トランスフォーマー