7587bdef










投稿者:katsuo000+

[自己紹介]
  過去にkatsuo000でレビューしておりました。
  あの頃よりもさらに用具を試打して、より具体的にレビューできるようになれたと思います。
  今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。
  卓球歴20年以上。
  会社の卓球部と、時間が許せば地域の市民体育館や卓球場などで、約週1回程度卓球をしております。
  運良く一昨年前に全日本実業団選手権出場。
  メインブレード:張継科ALC
  F: ディグニクス05
  B: テナジー05
  サブブレード:
  林高遠ALC、張継科ZLC、ティモボルスピリット、ストラディバリウス、水谷隼ZLC、水谷隼SZLC、ウルティメイトカーボン、ヴィルトーソ+、エキスパートカーボン、フォルティウスFT ver. D、和の極み -煉-、インナーフォースレイヤーZLF、Sardius
  サブラバー:
  省チーム用キョウヒョウNEO3ブルースポンジ40°、アポロ5 40°、38°、アレスブルースポンジ48、木星IIブルースポンジ、ディグニクス80、ディグニクス64、ディグニクス09C、テナジー05ハード、テナジー05、テナジー05FX、Q4、Q5、Fastarc G-1、Nittaku製キョウヒョウPro3ターボオレンジ、ターボブルー、ラクザX、ラクザ7、ライガンスピン、V>15 Extra、スーパーヴェンタス、エボリューションMX-P、MX-P 50°、クァンタムXプロ、ラザンターR53、R48、R50、R47、V47、R42、ブルーファイヤM1ターボ、ブルーファイヤJP01ターボ、ブルーストームZ1ターボ、ライザープロ50、ライザープロ45、ダイナライズAGR、オメガ7ツアー、オメガ7ハイパー、オメガ7プロ、オメガ5ツアーDF、ヴェガX、ヴェガツアー

  趣味でレビューブログも運営中。是非ご覧ください。
  https://katsuo000.com/

[レビューする商品名]
  ドイツメーカーの中でも、打球感がバタフライのラバーに近いものが多いTIBHAR(ティバー)さんから、Evolution MX-S(以下MX-Sで、また他のエボリューションシリーズも同様に略します。)になります。

[使用環境]
  max、赤で張継科ZLCにのり助さんで貼りました。
  (反対側はディグニクス05特厚)
  カット前で74 g、カット後で50 gでした。
  Nittaku製サイドバランサーを先端に2本、Butterfly製6mmのサイドテープを使用し、総重量190 gでした。フォアバック両方で試しました。

[はじめに]
  MX-Sの3つの特徴は以下になります。
  1. 守備技術全般がやりやすい!
  2. ツッツキ、ストップがしやすくて質が高い!
  3. シートが硬いのでドライブに対するブロックやカウンターがしやすい!

  エボリューションシリーズはティバーのフラグシップラバーであり、スポンジ硬度3種とシート2種の組み合わせ3×2で6種類が販売されています。最も柔らかいFlexible(フレキシブル、FX)、中間硬度のElastic(エラスティック、EL)、最も硬いMaximum(マキシマム、MX)とパワー系シートのPと、スピン系で硬めのシートのSからなります。つまり
  FX-P、FX-S
  EL-P、EL-S
  MX-P、MX-S
  の6種類になります。
  今回レビューするMX-Sはベラルーシの生きる伝説、44歳でなお現役サムソノフ選手がバックに使用するラバーになります。最近では岡山りべっつ所属の田添響選手がフォア面に使用されているそうです。
  カーテン打ちの段階で、シートの硬さを感じました。相手の回転の影響を受けにくく、現行の硬いプラボールにあったシートだと感じました。

[攻撃技術全般(ドライブ・スマッシュなど)]
  ドライブは、スピンをかけながら飛ばすというよりは弾いて飛ばすラバーだと感じました。この感じはMX-PやクァンタムXプロでも同じように感じました。従ってスピードドライブのスピードが出しやすく、また角度打ちやスマッシュも安定して打ちやすいスピン系テンションラバーだと感じました。いい意味で相手のボールに鈍感なのでドライブに対してカウンタードライブやカウンタースマッシュがやりやすかったです。自分だけかもしれませんが、打球感はディグニクスに近く、ボールはV>15 Extraに近いように感じ、非常に面白かったです。
  ディグニクスのようなボールの躍動は感じにくかったですが、スピードドライブが安定しやすいので、チョリチョリと回転をかけるよりはスピードドライブでガンガン打ち込んでいけるラバーだと思います。スピードドライブが打ちやすいという点で非常に攻撃的でティバーを代表するラバーだと思います。もちろん、ループドライブをしっかりかけたときは高い回転量が得られ、相手のオーバーミスを誘うことができるラバーで、回転量はMX-PやクァンタムXプロよりも高いと感じました。
  攻撃技術の総評として、テナジーよりもオールラウンドにスピードドライブやスマッシュ、角度打ち、ミートができるラバーで、ファスタークG-1に近いオールラウンド性を備えながら打球感はドイツ製ラバーというよりは日本製ラバーに近い打球感のラバーで扱いやすいと感じる人が多いラバーだと思います。ドイツ製ラバーらしい打球感であるファスタークG-1やヴェンタスエキストラ、V>15 Extraの打球感が苦手と感じるのであれば同じ価格帯であるエボMXシリーズがオススメになります。MX-Pと比べるとどうしてもシートが硬い分球持ちを感じにくいラバーではありましたが、その分相手の回転に影響されにくい強いシートと高い回転量の得られるラバーといえるでしょう。

[守備技術全般(ブロック・ツッツキ・カットなど)]
  守備技術全般が非常に良かったです!
  ツッツキ、ストップが非常にやりやすくて驚きました。サムソノフ選手のブロック技術を支えるようなラバーだど感じました。また卓球丼さんもラザンターR53が発売される前にMX-Sはカットマンにオススメするラバーだとユーチューブで動画公開されていたと思います。自分自身はどちらかといえば守備より攻撃が得意なのですが、そんな自分でもツッツキやストップで戦術を組み立てられそうなくらい、ツッツキやストップのやりやすさと質の高さが良かったです。このツッツキやストップのために、このラバーを使ってもいいと思えるラバーです。中級者でツッツキやストップが苦手と感じるにであれば試す価値ありだと思います。
  ドライブに対するブロックも、シートが硬いために非常にやりやすかったです。そしてカウンターやカウンタードライブがやりやすかったです!どちらかといえば、カウンターミートに近いボールが安定しました。
  質の高いツッツキやストップで相手に持ち上げさせたボールはカウンターでたたくという戦術が非常にやりやすいラバーだと思います。自分はそういった後の先を取るような卓球は苦手ですが、このラバーではそういった戦術を立てられると感じました。この守備技術のレベルの高さは現代卓球において非常に魅力的だと思います!

[サーブ・レシーブ・台上技術]
  サーブはぶちっと切れます!硬いプラボールになってもよく切れるラバーだと思います。
  チキータやバックハンドドライブは少し弧線が低いようにも感じましたが慣れだと思います。
  むしろ、ツッツキやストップが非常にやりやすいので、無理にチキータなどレシーブから攻めるよりも横上回転やナックルでもツッツキで相手を翻弄して4球目にカウンターを狙うのが良いと思います。

[おすすめな方]
  ツッツキやストップの質を上げ、カウンター技術を磨きたい方。サムソノフ選手のような卓球を目指す方。
  初・中級者の方やスマッシュやミートの多い女子選手にはEL-Sの方が良いかもしれません。
  木材系ラケットでもインナーカーボン、アウターカーボンどのラケットにもあうと思います。シートの硬いラバーが好きな方、ツッツキやストップを得点源にしたい方に是非オススメしたいラバーになります。

[まとめ]
  春には新しくMX-Dが発売されるエボリューションシリーズ。隠れた名作MX-Sをレビューさせていただきました。特徴はやはり攻撃技術よりも守備技術のやりやすさであり、質の高いツッツキ、ストップ、カウンターと三拍子そろっていると思います。自分から回転をかけにいこうと思うと柔らかいラバーの方が確かに球持ちを感じやすく、扱いやすくて手ごたえを感じやすいと思います。しかし現代卓球において、どんなに質の高いドライブを打っても硬いプラボールでは打ち返されやすくなりました。そんな現代卓球において、後の先を戦術に取り入れやすいラバーとして改めて見直されても良いと思える隠れた名作がMX-Sだと思います。国内の市内大会では使用者をあまり見ませんので、差別化を図る意味でも非常に良いラバーだと思います。

[補足]
  他のラバーとの比較は下記レビューサイトに掲載してますのでご参考いただけたら幸いです。是非ご覧ください。
  https://katsuo000.com/