imgrc0082200465




























投稿者:欲

[自己紹介]
  20歳卓球歴6年半中ペン裏裏粘着大好きマン♂です。
  ペン粒とカットマンとフォア表も遊びの範囲でやります。
  ※私のレビューの柔らかい・弾む・回転が多い、少ない等は粘着ラバーハードユーザーからの視点ですのでご注意下さい。

  過去に使用した粘着ラバー

  高品質キョウヒョウ系
  省狂NEO3ブルー、オレンジ
  国狂3.5、8ブルー、NEO3ブルー

  ターボブルー、ターボオレンジ
  普狂3.5、8

  国天極2ブルー、天極NEO3

  WRM特注
  キンプロ(パープルスポンジ)、メイスプロブルー(48.46)、パラディングリーン、太陽プロ極薄、APOLLO5(40.39.38)木星2ブルー(36)、アレス(52)、ターゲットブルー

  その他
  スピンアート、愛鯨2、ゴールデンタンゴ、ディグニクス09c、オメガ7光、翔龍

  テンション
  ラザンターR47・50 48
  エボリューションMXP

  粒高
  グラスディーテクス、エリミネーションエキストラロング

  表
  ドナックル
  カットマン用クレア
  天王星


  ラケット
  アウォードオフェンシブ
  レッドローズ
  和の極み蒼
  松下浩二スペシャル
  幻守
  エキスパートカーボン
  ヴィルトゥオーソマイナス
  キョウヒョウ龍5
  キョウヒョウ龍5X

  kokiniwa

  上記は自分の購入したものでこれ以外ももちろん打ったことあるラバー・ラケットはたくさんあります。

[レビューする商品名]
  セグナ

[使用環境]
  ラケット:セグナ
  フォア:ゴールデンタンゴ(2.0)
  裏面:テナジー05ハード

[はじめに]
  今回も卓球仲間のものを打たせて貰いました。セグナはバタフライのレボルディアCNFで話題となったセルロースナノファイバーがアウターに搭載されたダーカー製5枚合板ラケットです。しかし、値段はレボルディアの半額以下で購入出来ます。セルロースナノファイバーは木材に近い感覚(球持ち)で弾みをアップさせる素材です。ZLファイバーやAL・グラスファイバー・ケブラー等カーボンと付いていない特殊素材もたくさんありますが、私はカーボン無し特殊素材はZLファイバー(インナーフォースZLF・ティモボルZLF)しか打ったことありませんが、インナーフォースの時はたまたま同じゴールデンタンゴとテナジー05ハード(orV15エキストラ)の組み合わせだったのでゴールデンタンゴとテナジー05ハードとZLファイバーとの比較もしていきます。


  打つ前レビュー

  外観
  レボルディアよりも厚みが0.6mmあるそうです。木の色はレボルディアはほぼ白でセグナは少し茶色く、合板構成は異なるようです。

  玉突き
  弾みはインナーのラケットとさほど変わらず、アウター以下&5枚合板以上には感じます。また、インナーフォースZLFよりは弾むように思い、硬さは少し硬く感じます。ただ、セグナはアウターなのでインナーフォースよりは硬く感じるだけかと思います。



  重さ
  公式サイトには軽さが売りなことをバタフライもダーカーも書いてありましたが、中ペンで90gありました。セグナは板が厚いので仕方ないと思います。レボルディアだともう少し軽いかと思います。

[攻撃技術全般(ドライブ・スマッシュなど)]
  対上回転ドライブ
  シンプルに飛ぶ木材と言った表現が正しく、柔らかくて良く弾み、弧線を描きやすく、回転も掛けやすいです。打球感は和の極み蒼やヴィルトゥオーソ・柔らかい木材ラケットでインナーカーボンに匹敵する弾みがあります。ただ、球質は素直(綺麗)で取りやすい球です。とにかくミスせずドライブが連打出来ます。安定重視の方でもスピードも回転も平均以上に出せるのでかなり満足出来ると思います。


  引き合い(中陣ドライブ)
  下がっても問題なく、飛距離は出せます。球持ちがかなり良いので飛ばす距離感も手に伝わりやすく、コントロールも抜群です。威力はコートに入れやすい分少し控えめかと思います。また、5枚合板だと変化してくれることもありますが、それは特殊素材があるからか少ないように思います。

  対下回転ドライブ(ループ)
  球を持って掛けるようなループドライブがやりやすいです。硬い方が回転量の絶対値は高いと思いますが、特殊素材ラケットでも球持ちが良い方なので回転は掛けやすいと思います。レボルディアの方だと板が薄いのでもっと回転が掛けられると思いますが、セグナでも十分に掛けることが出来ます。

  対下回転ドライブ(強打)
  やはり球は綺麗ですがとにかく安定して入ります。威力はまずまずですが、出しやすいといった印象です。

  裏面ドライブ(対上回転)
  裏面だとフォアドライブよりも弧線を描いて飛んでいき、安定します。やはり、威力はまずまずで出しやすいです。以前打ったインフィニティだとゴールデンタンゴで裏面を打つとあまりいい球が出ませんでしたが、セグナはそのような印象はなく、そもそも板が厚いので軽い力(インパクトの弱い裏面)でもしっかり弾んでくれます。セグナならバック粘着ラバーも問題ないと思います。

  裏面ドライブ(対下回転)
  柔らかくて、球持ちがしっかりあるので回転を掛けて打ってあげるといいドライブが打てました。対下回転もかなり安心感があります。

  カウンター
  打球感は柔らかいですが、思っていたよりは板厚とアウターのCNFで相手のドライブに負けることはありません。自分の回転にしてカウンターする打ち方が適していると思います。

[守備技術全般(ブロック・ツッツキ・カットなど)]
  ブロック
  ブロックもカウンター同様にドライブに押される印象はそこまでありません。ただ、アウターとはいえZLC・ALCのラケット等のように当てるだけで早いブロックは出しづらいし、収まりが特別よいかと言われるとインナーカーボンのラケットの方が良い気がします。


  ツッツキ
  アウターカーボンのラケットだと弾みはしますが、硬さがあってツッツキが切りやすい印象がありましたが、CNFはファイバーなので硬さは感じず、木材で少し弾むように感じ、中途半端な印象です。個人的にはインナーカーボンの方が切れと台への収まりが良く感じ、やりやすいと思います。

[サーブ・レシーブ・台上技術]
  サーブ
  普通のアウターカーボンよりは硬さと弾みが少なめなのでしっかり掛けられると思います。インナーカーボンと比べると気持ち弾く感じがあり、サーブの回転量もインナーカーボンの方が良いと私は思いました。

  ストップ
  ストップくらい弱いタッチになるとアウターCNFの弾き感は感じず、普通に出来ました。ただ、確実に普通のアウターカーボンよりは抑えやすく、浮いたり台から出たりは少ないと思いました。

  台上(フリック)
  球持ちがあるので切れた下回転もフリックやチキータしやすく、また、CNFがアウターにあるので多少弾きがあり、色々なフリックの捉え方(回転を掛ける安定重視・回転を掛けてスピード重視・弾く)がどれもやりやすいと思いました。弾みは適度なのでオーバーミスと同時にMAXのスピードも少ないと思います。

[おすすめな方]
  ・粘着、粘着テンション、硬めテンションラバーユーザー
  ・特殊素材ラケットデビューの方
  ・インナーカーボンに抵抗のある方
  ・ZLFより柔らかい素材が良い方
  ・インナーファイバーが物足りなかった方
  ・安定、バランス重視の方
  ・ラリーで勝負する方
  ・木材が好きだけどスピードが出せない回転重視の方


  おすすめ出来ない人
  ・パワーがある方(パワーがあるならALCやZLCで良いと思います。)
  ・威力重視の方
  ・硬い打感が好きな方

[まとめ]
  CNFについて感じたこと
  ・ZLFよりは柔らかい
  ・柔らかいけど弾く感覚はある
  ・打球感はアウターでもほぼ木材
  ・回転は食い込ませるようにすると良く掛かる
  ・インナーCNFは微妙かもしれない
  ・粒高や表でも使えそう(レボルディアの方が異質ラバーなら板薄で使いやすそう)

  ラケット全体で感じたこと
  ・板が厚いおかげで威力や球持ちがあるので打った事ないけどレボルディアよりセグナの方が好きな人が多そう
  ・ドライブは今まで打ったラケットでトップクラスに打ちやすく威力も打ちやすいラケットにしては満足出来るけどドライブ以外の技術全般が中途半端に感じる
  ・レボルディアだと弾みが物足りなく、しならせて打つと良いのかもしれないが、しならせるならインナーZLCやアウターALCの方が威力や回転は出せそう(しならせやすさは確実にレボルディアだと思います。また、食い込ませても回転が掛かるのもレボルディアだと思います。)
  ・同じ素材でも弾みから考えて粘着ならセグナ、テンションならレボルディアだと相性が良さそう

  セグナはドライブはかなり打ちやすいです。私が今まで打ったラケットでは1番かもしれません。手に伝わる感覚も良く、球持ちもかなり良いので安心して弧線を描いてドライブを打てます。それなのに威力は物足りなくないのでとてもいいラケットだと思いました。かつアウターなので木材には無い弾き感も弾くことを意識した打ち方をすれば多少あり、かなり楽にドライブが打てて、誰でも気に入るラケットだと思いました。ブロックやフリック等は少し中途半端な印象でした。軽打では弾く感覚も少ないし、逆に木材やインナーカーボンのように台に良く収まるわけでもなく、板が硬い・薄いわけではないのでツッツキやサーブが特別切れるわけでもないです。ただ、どの技術もめちゃくちゃやりにくいということはなく、木材・インナーカーボン・アウターカーボンと使ってきてそれぞれの良さが分かったのでどこにも位置しない感覚が気持ち悪く感じてしまいました。軽打・台上技術での位置的にはインナーカーボンとアウターカーボンの間に感じました。インナーの方が収まるけどアウター程弾かず、上手く捉えられても切れないという表現が適していると思います。しかし、中途半端と表現した技術に目を瞑っても良いくらいドライブの安定感・回転量・威力は素晴らしいものです。積極的にドライブを振ったりシンプルなサーブからラリーを展開して勝負する方にはかなりおすすめ出来ます。評価は微妙とか中途半端とか言ってますが、従来の打ちやすい系統のラケットの中なら威力も回転量もトップだと思うのでラケットの出来としては素晴らしいと思います。

[補足]
  ZLC・ZLF・CNF・ALCのアウターインナーの比較を主観ですが載せておきます。
  (試打ラケット:水谷隼・キョウヒョウ龍5X・ティモボルZLF・インナーフォースZLF・ティモボルALC)

  玉離れ(弾き)
  アウターZLC>アウターALC=アウターZLF>CNF>=インナーZLC>インナーZLF

  球持ち
  インナーZLF>インナーZLC>=CNF>アウターZLF>アウターALC>アウターZLC



  個人的には同じ値段だったとしてもレボルディアとセグナがあれば私はセグナを選びます。レボルディアだと威力がきっと物足りなく、板も薄いので球持ちも少ないと思います。ただ、しならせ易く、しならせてなくても食い込んで掛けられそうなので相当回転は掛けやすいラケットだとは思います。また、個人の感想ですがYouTubeでの試打動画でもインパクトの強い方程威力不足感があり、明らかに球が遅いと思いました。私は粘着の嫌らしい回転・弾道と台上・時々パワードライブで勝負するタイプなので威力不足と素直な球しかほぼ出ないのでCNFラケットは合わないと思います。ただ、私が打ってもかなり打ちやすく、今回打ってみて色んな方におすすめ出来るラケットではあると思いました。インパクトが強い方程向いていないと感じたのに38500円のレボルディアは誰に向けて販売されたものなのだろう?と正直思いました… (いいラケットだとは思いますが…)

[その他(DVDのレビューはこの欄にお書きください)]
  次回はトリプルダブルエキストラを投稿します。
  20日直前に試打しましたので納得いく内容になっていないので今月は投稿しません。