_029905_029904































投稿者:ザーシー

[自己紹介]
  ・卓球歴 約15年
  ・戦型 普段はペンドラ+粒高ですが、時々シェークも使います。

[レビューする商品名]
  Liam Pitchford-FL(VICTAS)

[使用環境]
  ・使用ラバー
  デイグニクス05
  ディグニクス09C
  TRIPLE Double Extra
  V>15 Extra
  ラザンターR48
  ブルーグリップC1
  インパーシャルXS
  Grass D.tecS
  CURL P1V

[はじめに]
  Liam Pitchford(リアム ピッチフォード)はVICTASから昨年発売されたアウター特殊素材ラケットです。
  男子イングランド代表であり日本ではTリーガーでもあるピッチフォード選手の使用モデルです。
  Liam Pitchfordは以前ピッチフォード選手が使用していたZX-GEAR OUTがベースになっており、木材を一部変更して振動を抑えた設計に仕上げているそうです。
  板厚や打球感は変えずに、ハードヒッターであるピッチフォード選手のプレースタイルに合わせてスピードを強化することでボールに重みを持たせることを可能にしています。
  ラケットサイズは157mm×150mmで重量は90±gとなっています(私のものは91gでした)
  板厚は5.9mm、合板構成は5枚合板+Zカーボン2枚となっています。
  ベースラケットのZX-GEAR OUTと同様にLiam Pitchfordにも弾性の強い特殊素材のゼクシオンとカーボンを組み合わせたZカーボンが搭載されています。
  またダイナシェル設計というラケットの表面に近い層に特殊素材を挟み込む構造を採用することで、芯材の弾みやパワーを特殊素材で増幅させてボールに威力を持たせることを可能にしているそうです(他社で言うところのアウター配置に近いものだと個人的に理解しています)
  中国代表にも勝利し日本人選手にも強く「日本人キラー」の異名を持つピッチフォード選手のラケットを試打してきました。

[攻撃技術全般(ドライブ・スマッシュなど)]
  とにかく弾みが強いというのが第一印象です。
  基本のラリーでもボールが直線的に素早く飛んでいくので、これは他の技術も満遍なく飛ぶと思ってよいだろうと感じました。
  同じ織り込み系特殊素材のZLカーボンを搭載した水谷隼やアリレートカーボンのティモボルALCなどと比較してもLiam Pitchfordの方が一段階弾みが強く球離れが良いと個人的には思いました。
  シュラガーなどのぶっ飛び系のカーボンラケットと同程度の弾みの強さだと思うのですが、シュラガーと比べるとLiam Pitchfordの方が軽い分さらに弾むように感じました。
  使う人によってラケットの弾む弾まないの感じ方が異なるラケットもありますが、Liam Pitchfordはどんな方が使っても強く弾むと感じて頂けると思います。
  ディグニクス05やV15、ラザンターR48などの非粘着のスピン系テンションとの組み合わせではお世辞にも球持ちが良いとは言えないほどボールがよく飛んでいきます。
  普段木材ラケットを使用している私には普段のスイングでドライブを打つとボールが飛んでしまいオーバーミスになることもしばしばでした。
  しかしラケット面を被せるようにボールを捉えて早めの打点で叩きつけるように打つと伸びのある直線的な弾道のドライブを打つことができます。
  ぶっちゃけほぼスマッシュのような打ち方なのですが、面を被せれば前進回転がかかってドライブ寄りのボールになり、面を開けばスマッシュ寄りのボールになるといった印象です。
  中途半端に振ったスイングや弱いインパクトではと飛距離だけが出てしまってオーバーミスに繋がってしまいます。
  しかしバウンド直後を狙って強くインパクトすることで前進回転のかかった勢いのあるドライブを作り出すことができるのだと思いました。
  粘着テンションのディグニクス09Cとの組み合わせではディグニクス05よりも回転が作りやすくミートに加えて擦るドライブもやや打ちやすく感じました。
  しかし05と09Cとの比較して粘着性の09Cの方が回転量が多いかと言われればそうではなく、安定感が多少増したくらいの感覚に感じました。
  05と比較すれば09Cのほうがやや山なりの弾道になりますがラケット自体の弾みが強いのでやはり球離れが早く、回転を掛けきる前にボールが飛んでしまっているような感覚がありました。
  張本智和インナーフォースALCなどのインナー特殊素材に09Cを貼った場合の方が回転と速さを両立したドライブが打てると個人的には思います。
  強粘着ラバーのTRIPLE Double Extraとの組み合わせでは球離れが早い中でも強粘着シートが回転を生み出し回転量が多く勢いのあるドライブが打てるので、今回試打した中では最も好印象でした。
  Liam Pitchfordの強い弾みと球離れの早さは現在の市場にあるラケットの中でもトップクラスのスピード性能と言っても過言ではないと思います。
  しかし安定性や球持ちの良さといった回転を生み出す要素は皆無に近いぶっ飛びラケットなので、スピンの性能においてはラバーで作り出すしかないと思います。
  その点で言えば粘着テンションの09Cよりも強粘着ラバーのTRIPLE Double Extraの方がより強い回転を生み出せるので、Liam Pitchfordとの相性が良かったのだろうと個人的には感じました。
  ピッチフォード選手のような強いインパクトと早い打点でガンガン打ち込むハードヒッターには、Liam Pitchfordにディグニクス05やV15などのスピン系テンションとの組み合わせがオススメです。
  また回転重視のプレーでLiam Pitchfordを使用する場合は、TRIPLE Double Extraなどの特に粘着性が強いラバーと組み合わせることで回転量の多いボールに勢いをプラス出来るのでオススメです。
  ガンガン打ちまくるプレーか回転重視のプレーかハッキリ分けて使うことでLiam Pitchfordは真価を発揮するラケットだと思いました。

[守備技術全般(ブロック・ツッツキ・カットなど)]
  ブロックではスピン系テンションや粘着性、表ソフトなどの組み合わせるラバーによって相手の回転の影響の受けやすさに違いはあれど、ラケット自体が強く弾むので相手の強打の勢いをモロに受けてしまいブロックからのオーバーミスやあらぬ方向へのアウトへ繋がる場面が多いと感じました。
  Liam Pitchfordは攻撃に特化したラケットなのでこちらが攻め込む場面では強みを発揮するものの、防戦一方の場面ではプレーの安定性に欠ける部分が多いと感じました。
  相手の強打に対しては守備に徹するのではなく、隙を見てカウンターなどで攻め返して主導権を奪いとることを考えた方が結果的にミスが少なくなるラケットだと思います。
  ツッツキでは切ると同時にボールが思ったよりも伸びやすいので、オーバーせずにどこまで回転量を増やせるかが重要だと感じました。
  しかしぶっ飛び系のカーボンラケットを使用している方に使って頂いた際には、Liam Pitchfordの方が軽い分操作性が良いのでツッツキは切りやすいという意見も頂きました。
  私のような木材ユーザーやインナー特殊素材ユーザーにとっては制御するのが難く感じるものの、普段から重くガチガチのカーボンラケットを使っている方にはむしろ使いやすいと感じるのかもしれません。
  カットに関してはやはりぶっ飛びラケットの部類に入るので、裏ソフトではオーバーしてしまうことが多かったです。
  しかし粒高でのカット(今回はカールP1Vの0.5を使用)では飛距離が伸びるもののギリギリ台に納めることは可能でした。
  しかしGrass D.tecSのようなテンション粒では打球直後にボールが暴れてしまい安定性に欠けてしまうと感じました。
  Liam Pitchfordは攻撃特化ラケットなのでわざわざカットプレー用に使用するメリットは少ないと重われます。

[サーブ・レシーブ・台上技術]
  回転をかける技術において制御の難しさが伴うことはサーブにおいても例外ではありません。
  サーブを切る際にも球離れの早さは影響してしまいお世辞にも多彩なサーブが作りやすいラケットではありません。
  Liam Pitchfordを使用するか否かはショートサーブが切れるかどうか、短くサーブを打てるがどうかで判断しても良いと思えるほど、サーブが難しいラケットだと感じました。
  スピードロングからの展開作りがメインの方と比較すると、ショートサーブからの展開作りが多い方では制御が難しいと感じる方が多いと思います。
  またレシーブにおいては、ストップやフリックなどのネットミスがややネックだと感じました。
  しかしチキータやぶち切ったツッツキなどの強い回転を加えたレシーブの方が比較的安定感が出せるので返球率も上がって好印象でした。
  サーブとレシーブでは自ら自由に回転を生み出せるサーブの方がやりやすく、相手に影響されるレシーブの方が難しいと感じる方が大半だと思いますが、Liam Pitchfordはレシーブよりもサーブの方が難しいラケットだと思います。
  台上技術においてはチキータや台上バックドライブ(素人レベルなので参考にならず)が攻めの展開に繋げられる為オススメですが、台上技術全般に制御の難しさが伴いますので台上プレーからドライブなどの強打に素早く移ることが求められると思います。

[おすすめな方]
  戦術において攻撃を第一に考え、とにかく攻撃に特化したラケットを求める方にオススメです。
  Liam Pitchfordはガチガチのガーボンラケットと同程度の弾みの強さと球離れの早さを有しながらカーボンラケットよりも重量が軽い分さらに弾むように感じるラケットです。
  安定性やコントロールといった部分は必要最低限のレベルに留め、攻撃に攻撃にを重ねるようなプレーを目指す方に最適なラケットだと思います。
  逆に言えば攻撃と安定性の両立を求める方や、場面毎に攻撃と守備を使い分ける方には、攻撃に振りきれていない部分がミスに繋がってしまう為オススメできません。
  Liam Pitchfordはラリーの中での強打はもちろん、サーブレシーブや相手の攻め込まれている場面でも、攻撃に繋げることを考えているオフェンシブプレーヤーのみに限定してオススメできるラケットだと思いました。

[まとめ]
  ブランド立ち上げ当初からトップ選手向けに多彩な特殊素材ラケットをリリースしてきたVICTASの技術がふんだんに注ぎ込まれたラケットがLiam Pitchfordだと思います。
  インナー特殊素材の選手モデルも主流となってきた現在では、制御が難しく気軽に扱えるものではないぶっ飛び系の選手モデルは異彩を放つ存在です。
  しかしこの扱いにくさがトップ選手向けに作られたラケットである証拠だとも言え、ぶっ飛び系ラケットが主流だった頃の「選手モデル=気軽に扱えるものではない」といったかつての懐かしい記憶が甦りました。
  ピッチフォード選手のようなハードヒッター向けのラケットの真髄に、一部分でも触れることができたような嬉しい試打となりました。