4601































投稿者:Pまん

[自己紹介]
  32歳男性 
    戦型:ペン粒、ペンアンチ
  去年までシェーク異質で長年やっていましたがペンに転向。
    基本は前陣攻守。攻撃はは全てミートか乗せ打ち、ドライブは繋げる時に使います。
    リズムを変えるためにカットマンもどきみたいなこともします。
    反転をかなり多めに行うので、どっちがフォアかバックかは決めてなく、どちらでも一通りできるようにしています。

    学生で遊ぶ程度に卓球はやっていて、社会人で復帰して大会とかにも出るようになったので主な戦績はありません。東京の区大会で予選リーグは1位抜けをよくして、トーナメントでは最後まで勝ち上がれないかな、ぐらいのレベルです。

[レビューする商品名]
  アームストロング【ニューアンチスピン】

[使用環境]
  剛力FL
        赤:太陽pro極薄ブルースポンジ皮付
        黒:ニューアンチスピン(超MAX)
    どちらがフォアかバックかは決めていません

[はじめに]
  ジャンルはアンチ?らしいですが、粘着がありなんとも使用用途が不明確になりそうな表記があるラバー。
  シートがかなり薄く、スポンジも特厚を超えるMAX、超MAXがある。今回は超MAXを選んでみたがホットケーキみたいなスポンジのくせに、その辺の極薄系ラバーくらいの軽さしかない。
  自分がまだシェークの時の試打になります。

[攻撃技術全般(ドライブ・スマッシュなど)]
  めちゃおそいですけどドライブは打ちやすいです。
    通常、アンチだと相手が下回転くれたらドライブは打ちやすく、上回転だとドライブしにくいとかあったりますが、ニューアンチスピンはそんなの関係なくドライブは打ちやすかったです。
    粘着はあるのに回転は喰らいにくく、クソ柔らかいスポンジで包み込むので滑らず落としにくい、そんな感じでドライブが打ちやすいのではないかと推測します。
   ただ、こちらもしっかり振ってもフォア打ちに毛が生えた程度の威力しか出なく、相手も軽くて打ち返しやすいとのこと。「フットワーク練習に最適」とか言われちゃうくらいです。とてもワンコースで抜ける感じがしませんでした。

    相手にドイツ製みたいな「アンチ」という概念があればドライブはかなり伸びてくると錯覚させるぐらいには回転はのりますが、一球で即バレ即修正されるレベルだと思うので、ギャップで点を取るのは難しいかと。

    【ミート打ち】
    ドライブよりミートの方が食い込む感触が強くて、いっかいキャッチして投げるみたいな感覚、そしてそういったラバー特徴ですが軌道が緩くなりやすいのですが、意外と直線的。回転も何も気にしなければナックルで相手が落としてくれるかもしれない程度に異質感はあります。
    そこそこナックルになるのでこっちのほうが決定力はある気がします。まぁ一般的な粒やアンチのミートの方がもちろんドナックルですが。
  ナックル具合で言えば裏ソフト以下、柔らかい表ソフト以上てところでしょうか。

    ドラで繋げてミートで叩く、どっちもやりやすいのでスピードよりそういった揺さぶりで勝負がいいのでしょうか。

    【プッシュ】
   異質のような下回転に対して鋭いプッシュはあまり向いてないと思います。
  力が弱くても強くてもスポンジの力でポーンと緩くいくのでただのチャンスボールになってしまうと思います。まだハーフボレーのように多少振った方が鋭さが出ると思います。それでも緩いですが。

[守備技術全般(ブロック・ツッツキ・カットなど)]
  【ブロック】
    ブロックはドイツ製アンチみたいな性能ではなく、日本製アンチと思って裏ソフトの延長で使っていくといいと思います。回転喰らわないクソ柔らかい裏ソフトぐらいの感覚でしょうか。当てるだけでとりあえず返る。逆に粒高みたいに振るブロックは安定しないです(たぶん食い込むから)。変化のあるブロックはできませんが、まっすぐ当てるだけなら強打でも軽打でも細かい調整なく返せるのが強みです。そのかわり何発も打ち込まれやすいで、コース取りで勝負でしょうか。
  食い込んでくれれば無効化感があって返球しやすいのですが、力の弱いループ系になると食い込まずに、表面の粘着による摩擦で少し喰らいやすいように感じます。

    【ツッツキ】
    このラバーの面白いところだと思います。
  ツッツキの回転量は打ち方次第でかなりの幅で調整が効きます。
  基本は食い込ませて回転掛けるのがやりやすいです。
  薄くも掛けられますが、失速が強いのでそこでスピードの緩急がつけられます。
  また速く薄く掛けすぎると滑って振りの割に全く掛からないツッツキがだせます。
  また食い込ませるツッツキとプッシュの差も軌道では見抜かれにくい特徴があります。なにを打っても緩い軌道、鈍い音が逆にここでメリットになります。


    【カット】
    ただコートに納めるだけなら簡単だと思います。相手のボールの強弱によって押して掛けたり、吸収したりという打ち分けがあまり必要ないかと。
    そのぶん軌道は緩やかになり、回転の変化も少ないので打ち込まれやすい気はしますが。相手のパワードライブに力負けをするという感覚はなかったです。

  ブチ切れカットは出しにくいですが
  ツッツキの時と同様、微妙な回転と、ナックルの出しやすさ、音や軌道でバレにくさで勝負する方はむしろ適したラバーだと思います。
  似たような戦い方として表ソフトがありますが、こちらはブチ切れカットも出せますし、低く鋭かったりとメリットも大きいですが、抑える技術力が必要なってくると思います。
  技術力はあまり必要でないが、回転数を惑わせるカットマン にオススメです。

[サーブ・レシーブ・台上技術]
  【サーブ】
    あまり引っかかりの強くない裏ソフト並みには掛かります。摩擦力はあるのですが、クソ柔らかいスポンジでイマイチ回転が伝わりづらい感じです。軌道も緩いのであまり使うメリットを感じられません。裏ソフトのギャップでミスを狙うにしても、そこまで効果があるほどギャップは生まれにくいです。
  薄く当て過ぎるとチップといいますか、滑ることがあります。


    【レシーブ】
    ただ返すだけなら楽です。
    当てるだけ、食い込ませてツッツキ、食い込ませてプッシュ、食い込ませてフリック、食い込ませてドライブ、、、、
    ぶっちゃけなんのサーブがきてもこれらで処理できます。相手のサーブがわからなくもある程度処理できちゃいます。

  回転の強弱はつけられますが、スピードが出にくいので反応の良い方には狙い撃ちされやすいかもしれません。
  もう片面でのレシーブで使い分けは必要かもしれません。


    【フリック】
    短めの球で、自分がしっかり食い込ませればなんでもフリックできます。ただスピードも軌道も緩いので注意です。ミート系だとややナックルになるのでこちらの方が点にはなりやすいかもです。

    【ストップ】
    食い込ませないと安定感がでないこのラバーだとストップは難しいかもしれません。短く止めることはできても上に上がりやすいという特徴があるので打たれないようにするにはシビアです。
  薄く当たると極端に弾まなくなる(滑る)特徴があるのでそこをわざと狙えたらかなりビタ止めできるかもです。

[おすすめな方]
  球質は良くないが様々なことができるので、相手に的を絞らせないようにできる頭脳プレイヤーにお勧めします。たぶんなにも考えずにただ返しやすいから返すだけだとタダのサンドバッグになってしまいます。自分は返しやすく、相手の待ちを崩し、反対面のラバーとの差で決める。そんな終始一貫したプレイを頭でやれるかどうかでこのラバーの真価を発揮できるのではないでしょうか。
    ドイツ製アンチプレイヤーというより裏ソフトや表ソフトからの移行のほうがしやすいと思います。またある程度異質の経験値がないとこのラバーを異質ぽく使うのは難しいかもしれません。

  また回転を操作するタイプのカットマンには音でバレにくいのでオススメです

[まとめ]
  新しい概念で卓球を考える必要のあるラバー。
    ほぼ全ての技術で打ち返せるが、質はあまりよくないラバー。
    とにかくスピードがないので、反対面を有効活用しないと相手に余裕を与えてしまうラバー。
    相手の回転を無効化し、自分からはちょっと回転を加えられるラバー。
    ほぼ全ての技術に「スポンジをしっかり食い込ませる」という技術が伴うラバー。

    打ち方は柔らかい回転系表、裏ソフト。弾けば少し異質ぽいナックルがだせる。回転の反転は考えない方がいいです。

[補足]
  スポンジは柔らかいので剥がすときに気をつけてください。

  見た目も全然違いますが、スーパーキムとかなり使用用途が酷似しているラバーだと思いますので比較していきたいと思います。


  無効化感
  キム〉new

  回転量
  new〉キム

  スピード
  new≧キム(ほぼ同じ)

  回転反転量
  キム≧new

  newのほうが裏ソフトに近い
  キムのほうが変化表に近い

  相手のやりにくさ
  キム≧new

  自分のやりやすさ
  new≧キム