1























投稿者:アンチLover

[自己紹介]
  卓球未経験の初心者です。球技を中心に薄く広くスポーツ経験はあります。
  「全くの卓球初心者がアンチラバーで卓球を始める」という、恐らくあまり一般的ではないケースを共有できればと思い、不定期かつ継続的にこちらへレビューさせていただきたいと思っております。
  どうぞよろしくお願いいたします。

[レビューする商品名]
  トランスフォーマー ExtraSlow

[使用環境]
  幻守L(中国式)
  フォア:トランスフォーマー ExtraSlow
  バック:GTT 45

[はじめに]
  なぜこれから卓球を始める上でアンチラバーを選択したかというと
  ・社会人の限られた練習時間では、練習内容を限定することが効率的である
  ・将来的に試合へ出場した際、一般初級者層で優位に立ちやすい
  ・スピンを無視?しかも反転?なんかすごそう
  といった理由になります。
  その上で「トランスフォーマー ExtlaSlow」を選択したのは、アンチラバーの中でもオートマチックな性能を持つとされ、返球技術の習得をより効率的にできると考えたためです。

  以下使用レビューは「中国式:フォア面粒」のコーチの方にレッスンをいただいた際のものとなります。初心者なりの表現となる部分も多くなりますが、ご容赦ください。

[攻撃技術全般(ドライブ・スマッシュなど)]
  ・フォア側の浮いた球をミート打ち=返球率20~30%程度
  フォームがままならないとコントロールが効かず、ボールは明後日の方向へ飛んでいきました。コーチの助言の元にフォームを修正した後は数球連続で入るもまた段々崩れ、、、
  ただ、反復練習でフォームを固定し、打球感覚を養うことで、このラバーでも安定した返球が可能と感じています。

  ・バック側のプッシュ=返球率40~50%程度
  「面の固定」「しっかり押す」が出来ていれば、安定して返球をすることができました。
  面の向きは垂直より若干被せる程度。この角度のずれの許容範囲も少々シビアには感じましたが、反復練習により十分クリアできるものと感じています。

[守備技術全般(ブロック・ツッツキ・カットなど)]
  ・バック側のブロック=返球率60%程度
  「跳ね際をとらえる」ことと、プッシュ同様「面の固定」が出来ていれば、ラケット操作の意識なく返球が可能です。
  面の向きはプッシュと同様、垂直より少し被せ気味程度。
  10球に1球程度、自分のイメージと異なる方向へ球が出ることもありました。ただ、角度さえ整っていれば浮くことはなく、むしろエッジに近い嫌らしいところへ落ちるケースが多かったです。

[サーブ・レシーブ・台上技術]
  こちらはレッスンで行っていないため、未評価とします。

[おすすめな方]
  ・練習時間の限られる社会人
  ・新しもの、ギア好きの社会人

[まとめ]
  卓球への先入観のない初心者にとっては、アンチラバーはそこまで「扱いにくい」という感覚はないと思います。
  (むしろスピンのかかった球を裏ソフトで受ける方が扱いづらさを感じるのではないでしょうか)
  部活動など、日常的に練習環境がある学生の方などは裏ソフトで幅広い技術を磨くことが最良でしょうが、時間が限られる社会人にとってはアンチラバーは大きな味方となりうるのではないでしょうか。
  引き続きレッスンとマシン練習を重ね、不定期的に同ラバーのレビューをして参りたいと思います。