product_big_13035


投稿者:Pまん

[自己紹介]
  32歳男性 
    戦型:ペン粒、ペンアンチ
  去年までシェーク異質で長年やっていましたがペンに転向。
    基本は前陣攻守。攻撃はは全てミートか乗せ打ち、ドライブは繋げる時に使います。
    リズムを変えるためにカットマンもどきみたいなこともします。
    反転をかなり多めに行うので、どっちがフォアかバックかは決めてなく、どちらでも一通りできるようにしています。

    学生で遊ぶ程度に卓球はやっていて、社会人で復帰して大会とかにも出るようになったので主な戦績はありません。東京の区大会で予選リーグは1位抜けをよくして、トーナメントでは最後まで勝ち上がれないかな、ぐらいのレベルです。

[レビューする商品名]
  スーパードナックル 【ニッタク】

[使用環境]
  ビオンセロ
        赤:モリストDF 厚
        黒:スーパードナックル (極薄)
    どちらがフォアかバックかは決めていません

[はじめに]
  この時は、前陣ブロックと後陣カットを組み合わせたような、粘らないで異質で仕掛けていくシェークでカットマン みたいな戦型のときの試打になります。

  見た目は粒がよく倒れやすい日本系の変化表と、倒れないがやや粒な高さがある中国系の中間のような倒れ具合。
  太くて長くて、中間硬度というところでしょうか。

[攻撃技術全般(ドライブ・スマッシュなど)]
  【フォア打ち】
  普通に打てます。
  引っかかりも良く、軽打では粒が倒れる感じもありません。といってもやはり粒に長さがあるためコントロールに支障がない程度に不安定さが発生しました。

    【ドライブ】
    その人のインパクト量によって粒ドラの打ちやすさは大きく変わる変化表だと思います。
  粒高と考えればかなり硬め、変化表と考えればやや硬めに感じるので、「粒は倒れなくはないけども、入射角を意識して力強く打たなきゃ倒れない」という感じです。これは他の技術でも同じことが言えて、他の変化表にはない特徴と言えるでしょう。

  で、ドライブはと言いますとインパクト時の(入射角45度くらい?)を意識すればある程度しっかり降れば難易度はそこまで高くありません。
  粒高のように、相手の下回転を上に、上回転を下にという特性はあるものの、引っかかりがあるためそれに逆らうことは容易でした。

  ただ、粒を倒すことができないと一気に打球感が変わるので注意です。滑るといいますか、球持ちが無くなるのでコントロールは難しかったです。しっかり振れる余裕がない時は素直にミートやブロックに逃げましょう。


    【ミート打ち】
   基本的にはミート打ちなら、あまり粒は倒れないと思うので上記の粒が倒れる云々は気にしないで大丈夫だとは思われます。
  勿論、雑に殴るように打てば倒れますが。

  ミート時は粒高の【相手の下回転を上に、上回転を下に】という特性は大きく発生します。もちろん回転
  の影響は粒高に比べれば受けますが、表ソフトと考えれば受けないほうでしょう。

    【プッシュ】
   粒高のような下回転に対して鋭いプッシュはあまり向いてないと思います。
  プッシュをするには倒れにくすぎるので回転の影響を受けやすく、面づくりがシビアのように感じました。
  逆に言えば相手の弱い上回転でも丁寧に打てばプッシュできるのでそこは得点には繋がりやすいかもしれません。

[守備技術全般(ブロック・ツッツキ・カットなど)]
  【ブロック】
    まず当てるだけブロックですが、相手が繋げる程度のドライブなら粒高より安定して面で返球しやすいです。その際多少反転効果もあるので名前通りナックルのいやらしい球で返っていきます。ただその微妙な反転効果が相手が強打になると暴れる要素になります。上から潰すように押さえつけないと面だけで返すのは難しいです。

  カットブロックは、粒の硬さがカットブロックできるギリギリの硬さという印象を受けました。
  勿論技術量によるとは思いますが、普段ファントム0012∞ ぐらいの硬さが好きな私としては、ワンコースならギリギリ倒せる範囲だなぐらいの硬さでした。
  しっかり振れたときの切れ味はかなり切れますね。逆に振れなかったらまともに回転反転はしないです。
  強打に対しては粒高より押されにくいですが、相手の軽打に対しては粒を倒すのはかなり難しいので素直に面で返しましょう。

  変化表で正直、粒高のようなカットブロックができるものってそうそうないとは思うのですが(もちろん回転を逃すようなブロックはできますが)、スーパードナックル はギリギリ粒高のような使い方ができる変化表に感じました。


    【ツッツキ】
  かなり優秀です。もちろんスピードや切れ味はたいしたことありませんが、
  掛けようとしっかり振ればかけられますし、回転を残したような全く切れてないツッツキも可能です。
  その回転量の幅はかなり広く、そういった揺さぶりで勝負する方にはかなり理想的なラバーだと思います。


    【カット】
   使いこなせればカットにはかなり優秀なラバーだと思います。
  ツッツキ同様、自分から掛けたり掛けなかったりの自在性、更に粒高より強打に対して力強く振れるので勢いに負けにくい特性もあります。
  ただ、粒高より回転の映画館も受けやすいですし、インパクトも必要なので技術量は必要だとは思います。勿論普通の表ソフトに比べれば抑える技術量は少ないとは思いますが。
  自分は練習ではよかったですが、試合だと抑えるが厳しかったです。

[サーブ・レシーブ・台上技術]
  【サーブ】
  多少引っかかりがあるので掛けられないわけではないですが、特にこれで出すメリットは感じませんでした。

    【レシーブ】
    粒高のような返球もできますし、粒高の弱点でもあるナックルロングに対しても安定しやすく、回転もかけられるので払ったり弾いたりもできるのでバリエーションはかなり豊富です。相手にとってのやりにくさもなかなかです。
  ただバリエーション豊富な分、一個一個の技術の質は高くないかもしれません。
  回転反転量もスピードもあまりないので中途半端と捉えるか、手数が多いと捉えるかは使い手次第でしょう。


    【フリック】
    インパクトを出すことができれば回転を掛けるようなフリックもできますし、インパクトが弱ければ表のような弾くフリックができます。
  状況によって使い分けできて便利ですが、やはりスピードと回転量の質はよくないので狙われないようにしましょう。


    【ストップ】
  多少、回転の影響を受けやすいものの、それでも裏や表より影響は少ないのでやりやすい部類だと思います。
  下回転をかけるのはほぼ無理なので払われないよう気をつけましょう。

[おすすめな方]
  シェーク粒やカットマンなど、インパクトの強弱の操作がしやすい戦型、また回転をかけたり掛けなかったりで勝負するタイプにオススメです。
  ペン粒だとインパクトで粒を倒すのはかなり難しいと思われます。回転変化量やスピードで勝負するにはかなり中途半端かもしれません。

[まとめ]
  よく変化表を『粒高と表ソフトの中間』と表現をする人がいますが、自分はその表現をおかしいという考えを持っています。
  変化表は粒高のような用途も使い方もできないですし、どちらかというとクセの強い表ソフトというイメージです。(粒の長さや太さという意味では中間という表現は間違ってないとは思いますが。)

  ただ、このスーパードナックルに関してはギリギリ粒高の打ち方もでき、表ソフトの使い方もでき、かなり技術の幅が広いように感じました。これなら『中間』といってもいいのではと思っております。

  打法全般的に、インパクトが強ければ粒を倒すことが出来て粒高のような使い方、弱ければ倒れず表のような使い方ができます。かなり使用者の技術量と感覚が求められるように思います。

  ただ粒高として考えればクセも少なく回転も食らうし、飛距離もでやすいですし、
  表と考えればスピードはイマイチです。
  その弱点を手数で補う必要があるラバーだと思います。

[補足]
  スーパードナックル(s) とドナックル(d)との比較


  回転量(引っかかり)
  s〉d

  スピード
  d≧s(ほぼ同じ)

  回転反転量(当てただけ)
  d〉s

  回転反転量(振った時)
  s〉d

  マイナーチェンジのようなネーミングですが、粒の形状、間隔、縦目横目も違うのでかなり別物と考えていいと思います。

  単純に考えれば、ドナックル が前陣でペチペチ攻撃する用、スーパードナックル がしっかり振ったり振らなかったりゆったりと戦う前陣攻守、カットマンに良いのではないかという印象です。