840_1_450

























投稿者:ゲンマ

[自己紹介]
   レビューを書くのがだいぶ久しぶりになりました。なかなか練習する機会が無く、遠ざかっていました。ちょっと紹介できる程度になりましたので、軽めに再開していきます。実力としては県大会で3回戦程度、中学生の県3位くらいには勝てるレベルとお考え下さい。指導もしています。

[レビューする商品名]
  DNA プラチナ XH【STIGA】

[使用環境]
  スワットパワーにMAXを使用しました。反対側はブルーストームPRO AMのMAXになります。

[はじめに]
  ラケットが86gでラバーを貼った状態だと187gでした。極端に重い感じはしません。硬度も52.5度ほどの硬さも感じませんね。玉突きは弾みます。ディグ05と同じ程度でしょうかね。

[攻撃技術全般(ドライブ・スマッシュなど)]
  (1)対上回転ドライブ
   主にフォア面で使用しましたが、DNAシリーズの最高峰ということもあり振った分だけ素晴らしいボールになります。シートの引っ掛かりも良いので、ちょっとスピードを落とした回転重視のドライブも打ちやすいですね。ディグ05に比べると、ドライブの質を自分でコントロールしやすい印象です。ディグ05だと質の高いボールが安定して出しやすいのですが、わざとひょろっとしたボールを出したくてもきれいなボールになってしまいやすいです。XHはそういった場面でも荒れたボールと言うといいのでしょうか、そういった癖玉も出るので相手は嫌だと思います。ただ、良いボールを打ち続けるとなると、それなりにパワーもいると思います。私はそこまで上級者ではないので、一発良いボールが入ると得点になるようなレベルの卓球をしています。しかし、もう少しレベルが高いとどうしてもラリーになることが多いと思うので、そうなると打ち続ける時にパワーが足りず、ミスをする、ということになりそうです。離れて引き合いをすると、ボールが深く入り、強いボールが打てるので、打ち負ける印象はありませんでした。

  (2)対下回転ドライブ
   XHは対下回転でもしっかり引っ掛かってくれるので安定してドライブを打つことができます。「落ちる」という感覚は全然ありませんでした。しっかりループをかけるとディグ05よりもとび出さないので、回転重視でも打ちやすかったです。エボMXDに比べると、若干硬さは感じましたが、XHの方が深く入ってくれるので、三球目をしっかり打つと決定率がかなり高いように感じました。個人的にはディグ05より深くなってくれるので、対下回転に関しては最近の高価格帯のラバーでもかなり安心して打てるラバーだと思います。ラザンターR53に比べると、一発のスピードは同程度だと思うのですが、そこに回転を上乗せして打ちやすいのがXHのように感じました。ただ、上回転同様なのですが、中途半端なスイングだと上手く打つことができません。回転重視で入れにいくのか、しっかり振り切って打ちにいくのかを判断して使う必要があると思います。

  (3)ミート打ち
   反発力も高いので、ミート打ちなどのスマッシュ系の技術も安定します。ただどっちかと言ったらドライブがメインの人が使うと思いますので、やりやすい程度で十分なのかなと思います。

[守備技術全般(ブロック・ツッツキ・カットなど)]
  (1)ブロック
  弾みますがコントロールしやすいので止めやすいですね。相手のボールにも負けません。

   (2)カウンター
    カウンターはとにかく相手のボールに負けないので、しっかり当ててちょっとかけると入ります。前でピッチの早いカウンターというよりはちょっと距離をとって、しっかり食い込ませて一撃必殺のようなカウンターの方がより武器になりますね。前で強いボールも打てますが、やはり空間があった方が振れますし、そっちの方がXHの魅力を発揮できる思います。

  (3)ツッツキ・カット
   攻撃的なボールを打つ際にはとにかく威力が出るという印象ですが、私が最もびっくりしたのはツッツキなどの台上技術です。なぜかというと台上技術の時は「とばない」からです。ツッツキは回転をかけても良し、スピードを出しても良しですが、自分でコントロールができます。試合で使用した時、「やばい、浮く」と思ったときも浮かずにコントロールできました。極端な言い方だとキョウヒョウなどの粘着を使っている時のようなとばなさです。ディグ05よりも台上技術がしやすいのはびっくりしました。ということで、カットも安定しました。下回転をかけるととばないというか安定するのかもしれません。攻撃力もあるし、カットマンのフォアにも使えると思います。

[サーブ・レシーブ・台上技術]
  (1)サーブ
   サーブに関しては充分回転量があります。テナジー05に比べるとちょっと物足りないですが、その他の高価格帯のラバーであれば負けていないと思います。

   (2)レシーブ・台上技術
   ツッツキでも述べたように台上技術全般しやすいです。チキータに関してはしっかり振れないいけないですね。私ではなんちゃってチキータみたいな感じでした。

[おすすめな方]
  パワーのあるゴリゴリのドライブマンに使ってほしいですね。振れるのであればフォアでもバックでも良いと思います。ラリー型というよりは3球目〜5球目あたりで仕留めるプレーヤーが良いと思います。DNAシリーズの最高峰ラバーですので、やはり上級者向けなのかなと思います。高価格帯のラバーの中では個人的には、安定感についてはディグ05が、打ちやすさについてはMXDが、威力ではラザンターR53が魅力だと思っていますが、XHはそれぞれの2番手に位置するのかなと思います。合わせるラケットとしては、7枚合板やインナー、ちょっと抑えめにアウター辺りが特徴を生かせると思います。上級者が使うと想定すると自然とその辺りになると思いますが。ビスカリアなどに貼って振り切れると相当良いボールが出ると思います。

[まとめ]
   値段もかなり強気でSTIGAの最高峰のラバーという印象でしたが、やはり良いラバーでした。各社様々なラバーを出していますが、ディグ05、テナジー05がやはり個人的にはランクの高いラバーになっています。ラザンターR53、R48、エボMXDなどバタフライ系に負けないようなラバーも打ちましたが、やはりちょっと違う…。しかしこのXHはディグ05、テナジー05に負けないクオリティがあると感じました。正直、今まで打ったラバーの中では最もバタフライ系に負けないと感じました。まだまだ使い込まないとわかりませんが、ちょっと長期間使いたいと思いました。
  ※ブルストームPRO AMとの比較はブルーストームのレビューに書きます。