78c777dd
























投稿者:katsuo000+

[自己紹介]
  先月もkatsuo000+のレビューへ投票していただいた皆さん、どうもありがとうございました。先月は何と、優秀レビュワーに選んでいただきました。感激の至りでございます。今後ともどうぞよろしくお願いします。

  ハンドルネーム:katsuo000+
  卓球歴20年以上
  右シェイク両ハンドドライブ型
  運良く1度だけ全日本実業団選手権出場。

  会社の卓球部と時間が許せば地域の市民体育館や卓球場などで、約週1回程度卓球をしております。2022年上期は、最近流行のスピン系テンションラバーを中心に書かせていただきます。ラザンターR53は2021年1月になってしまいますが、これらをあわせて読んでいただくことで、気になる最新のドイツ製スピン系テンションラバーを比較できるのではないかと考えてますのでご参考いただければ幸いです。

  2021年1月ラザンターR53
  2022年1月ディグニクス80
  2022年2月エボリューションMX-D
  2022年3月ターゲットプロXD52.5
  2022年4月DNAプラチナXH ←

  メインブレード:Hurricane Long V(キョウヒョウ龍5)
  フォアF: オメガVIIチャイナ影
  バックB: ディグニクス05

  サブブレード:レボルディアCNF、林高遠ALC、張継科ALC、張継科ZLC、ティモボルスピリット、ストラディバリウス、トルネードキングスピード、トルネードキングパワー、水谷隼ZLC、水谷隼SZLC、ウルティメイトカーボン、ヴィルトーソ+、エキスパートカーボン、フォルティウスFT ver. D、970XX-KLC、キョウヒョウ301、ヴィルトーソAC、リーンフォースAC、アルネイドインナー、インナーフォースレイヤーZLF、サーディウス、インフィニティVPS V、SK7、SWAT、和の極み -煉-、SWATパワー、馬琳エキストラスペシャル、TRiAD、PRO-13S、金星

  サブラバー:省チーム用キョウヒョウNEO3ブルースポンジ40°、39°、普狂NEO3、普狂NEO2、ディグニクス80、ディグニクス64、ディグニクス09C、テナジー05ハード、テナジー05、テナジー05FX、テナジー80、テナジー80FX、ロゼナ、Q3、Q4、Q5、GF Pro、ファスタークG-1、キョウヒョウプロ3ターボオレンジ、ターボブルー、ズィーガーPK50、ラクザZエキストラハード、ラクザZ、ラクザX、ラクザ7、ライガンスピン、トリプルダブルエキストラ、V>15 Extra、ヴェンタスエキストラ、ハイブリッドK3、ハイブリッドK1J、エボリューションMX-D、MX-S、MX-P、MX-P 50°、EL-S、クァンタムXプロ、5Q VIP、ラザンターR53、R48、R45、R50、R47、R42、V47、ブルーグリップC1、ブルーファイヤM1ターボ、ブルーファイヤJP01ターボ、ブルーストームZ1ターボ、ダイナライズZGR、ダイナライ
ズAGR、ライゼンZGR、ライザープロ50、ライザープロ45、ゴールデンタンゴ、DNAプラチナXH、DNAドラゴングリップ、DNAプロハード、オメガVIIツアー、オメガVIIハイパー、オメガVIIプロ、オメガVツアーDF、ヴェガX、ヴェガツアー、ターゲットプロXD52.5、47.5、GT-X51、GT-H47、ネクサスELプロ53ハード、ネクサスXTプロ51、コーデックスPro54、アポロ5 40°、38°、金星ブルー、月ブルー、木星IIブルースポンジ、アレスブルースポンジ48°、メイスプロブルースポンジ

  卓球ブログも運営中です。是非ご覧ください。
  https://katsuo000.com/

[レビューする商品名]
  DNAプラチナ エキストラハード(XH)
  DNA Platinum Extra Hard

  STIGA(スティガ)

  STIGAさんの2021年注目の商品、DNAプラチナXHをレビューさせていただきます。

  以下ホームページより引用
  ********************
  可能な限り最速のラバーを探しているなら52.5°の硬度が理想的

  エクストラハードスポンジは、可能な限り最速のスピードを求める選手のために開発されました。相手に驚異を与えるための威力あるスピードとパワーを提供します。

  テンション系裏ソフト
  ・スポンジ厚:MAX(2.3 mm)のみ
  ・スピン:140
  ・スピード:168
  ・コントロール:72
  ・Sponge硬度:52.5
  ・8,000円 + 税
  ・Made in Germany

  より優れたグリップ力と最大のスピンを備えた高速ラバー

  DNAプラチナは、スティガのDNAシリーズに追加された最新の製品で、ドイツ製の新世代ラバー。
  DNAプラチナは攻撃的なプレースタイルで最高品質のラバーを期待する選手に最適。
  独自の構成により優れたグリップ力を発揮し、選手は非常に難しい体勢からでも打球することができる。
  低い粒形状と薄いトップシートは、DNAプラチナがより厚いスポンジ( 最大2.3mm)に対応できることを意味し、打球のスピードとパワーを向上させる。

  PSCテクノロジー (POWER SPONGE CELLS)
  新たなPSC(POWER SPONGE CELLS )テクノロジーを採用。打球のパワーが強くなり、しっかりとした弧線を描くことで、深い弾道のボールが打てる。
  新開発された低い粒形状と薄いトップシート。これによってスポンジを厚くすることが可能になり、その恩恵としてよりパワフルなボールが出せるようになった。


  ********************

  STIGAといえば、卓人にとっては木材系ラケットの老舗(しにせ)というイメージが強いのではないでしょうか。katsuo000+もSTIGA≒木材系ラケットのイメージがかなり強いです。そして、中国ナショナルチームと契約しているイメージです。そんなSTIGAさんが2021年夏、新ラバーを発売しました!その名もDNAプラチナシリーズになります!STIGAは以前は日本製のラバーを取り扱っていましたが、DNAプロシリーズからドイツ製のラバーを取り扱いするようになりました。ドイツ製というと、VICTAS(ヴィクタス)さんやYASAKA(ヤサカ)さん、また海外主要な卓球用具メーカーの、ハイエンドラバーがドイツ製です。ドイツ製ラバーはテナジーシリーズの次にトップ選手が使っていて、STIGAのDNAプロシリーズもドイツ製ということで注目を集めました!そして、DNAプラチナシリーズの前身のDNAプロシリーズのDNAプロHは、日本で最も売れているラバー、NittakuさんのファスタークG-1にかなり似ていると感じました。
   今回登場のDNAプラチナシリーズは、どの硬度もなんと8,000円+税というテナジーやディグニクスなみの強気の価格設定です。この強気の価格設定は、要は、DNAプラチナには、テナジーなみの性能があることを、自負した設定と想像します。確かに近年テナジーを超えると感じさせるようなポストテナジーラバー(androのラザンターR53など)が登場してきています。これは、ドイツの最新技術が、テナジーなみになったことを意味していると思います。このDNAプラチナシリーズにも、その最新のドイツ技術が採用されているのでしょう。価格はともかく、性能はかなり期待できなければこの価格設定はできません!
  そして、今回レビューするDNAプラチナXHは、既に同じWRMへレビューを投稿するゲンマさんやPまんさんもレビューされていますね。

  「ゲンマ」さんのレビュー:
  https://rubber.blog.jp/archives/52006432.html
  「Pまん」さんのレビュー:
  https://rubber.blog.jp/archives/51996331.html

  さらに、DNAプラチナMは、卓球ストーカー岩城さんの卓球仲間「働くカットマン」さんも硬度Mの中間硬度のものをレビューされています。
  「働くカットマン」さんのレビュー:
  https://rubber.blog.jp/archives/52000944.html

  「働くカットマン」さんはDNAプラチナMを、かなりテナジー05FXと同等以上の性能ということで、今回レビューするDNAプラチナXHも期待できてしまいますね。自分もこのDNAプラチナにはテナジー05を意識したコンセプトを感じましたので、テナジー05について、改めて俯瞰させていただきます。世界標準Tenergy 05(テナジー05)は、発売から10年以上経過した2022年現在もワールドスタンダードの名前をほしいままにしています。テナジー05は卓球のことを考えるにあたり、なしでは語れない存在となってしまいました。このテナジーシリーズの特徴を2022年現在改めてkatsuo000+なりに考えると次のようになると思います。
  テナジーシリーズの特徴
  ・高い回転性能
  ・高いスピード性能
  ・軽い
   テナジーシリーズはバタフライの独自工場でしか生産できず、他の競合卓球メーカーと差別化されたラバーになります。他の競合卓球メーカーは、ラバー製造を基本的には外注しているのに対し、バタフライはラバー製造工場を保有し差別化を図っているわけです!もちろん、そのような状況を覆すために外注されるラバー製造メーカーも技術開発を進めてきたと思います。回転性能が高いテナジーシリーズに対抗するために、初期のポストテナジーラバーは、シートを厚くして回転性能を補ってきたように思います。初期のポストテナジーラバーは、例えばファスタークG-1やラクザX、エボリューションMX-Pなどだと思います。例えばファスタークG-1は確かにスピン性能は高く、グリップ力もありますが、テナジー05と比べる重かったり、ボールをくい込ませるためにより強いインパクトが必要になってくると思います。この要因の一つとして、シートが厚いという点があると思います。今回のDNAプラチナシリーズは、katsuo000+の中ではポストテナジー系テンションラバーまたは進化型テナジー系テンションラバーにカテゴリーされるラバーだと思います。初期のころのポストテナジー系ラバーは厚いシートを採用していましたが、DNAプラチナではなんと薄いシートを採用しています。katsuo000+の中で同じポストテナジー系テンション、または進化型テナジー系テンションに分類しているラザンターR53やラザンターR48についても、薄いシートを採用できるように技術が進んだ結果だそうです。DNAプラチナシリーズも類似の技術が採用されているのかもしれません。ドイツ工場の技術が進んだ結果、今後も高性能なラバーがドイツ工場からどんどん販売されるのではないかと想像しています。

   本ページでレビューするDNAプラチナXHは、DNAプラチナシリーズの中で、最も硬度の硬いラバーになります。卓球の用具スペシャリスト、ゆうさんや、関西の卓球ユーチューバー、ごぶりんずさんもDNAプラチナシリーズはXHを激推ししていまいた。ドイツ基準で52.5°の硬いラバーではありますが、激推しするということは、テナジーのように硬度の割にくい込みが良くて扱いやすいラバーだということでしょう。それではレビューしていきましょう!

  ラバーに書かれている日本語説明文は以下のようになります。
  ********************
  ワールドクラスのパフォーマンスを持つプロフェッショナルプレーヤーのために作られました。
  改良された独自のトップシートでグリップ力を最適化し、より多くの回転ときわどい角度(体勢)からの反撃の可能性を生み出します。
  スポンジの気泡によって、弾きの良さを高め、可能な限り最高のパワーを発揮します。
  低めの粒形状と薄めのトップシートを採用したことにより、スポンジ部分が厚くなり、弾みを向上させています。
  低めの粒形状により、スポンジとラケットへより直線的にボールをコンタクトさせることができます。
  長寿命と耐久性を向上させるために、トップシートを独自に改良しました。
  スポンジ硬度42.5°(ソフト)、47.5°(ミディアム)、50°(ハード)、52.5°(エキストラハード)の4種類の硬さから選べます。
  卓球の中国ナショナルチームと緊密に協力して設計・開発されました。
  ABSボールに適しています。
  ドイツ製です。
  ********************

[使用環境]
  黒Maxでカット前74 g、のりすけさん(業務用)でヤサカのReinforce AC(リーンフォースAC、ブレード面積157 × 152 mm)に貼ってカット後53 gでした。
  反対面にはディグニクス05、特厚を貼りました。

  STIGAの公表性能値を比較してみましょう。

  プラチナXH
    スピン: 140, スピード: 168
    コントロール: 72, 硬度: 52.5
  プラチナハード(H)
    スピン: 140, スピード: 164
    コントロール: 74, 硬度: 50.0
  プラチナミディアム(M)
    スピン: 140, スピード: 160
    コントロール: 76, 硬度: 47.5
  プラチナソフト(S)
    スピン: 140, スピード: 156
    コントロール: 80, 硬度: 42.5
  ドラゴングリップ
    スピン: 146, スピード: 132
    コントロール: 80, 硬度: 55.0
  プロH
    スピン: 134, スピード: 160
    コントロール: 76, 硬度: 50.0
  プロM
    スピン: 134, スピード: 156
    コントロール: 78, 硬度: 47.5
  プロS
    スピン: 134, スピード: 152
    コントロール: 80, 硬度: 42.5


  この数字の評価はどのように実施しているのかわかりませんが、硬度とスピード性能が対応しているようです。正直、あまりあてにならないように感じてます。続いてkatsuo000+の硬度計で測定した値での比較を実施しました。

  プラチナXH
     重量: 53g, shore c硬度: 45.4
  テナジー05
     重量: 47g, shore c硬度: 44.6
  テナジー05ハード
     重量: 50g, shore c硬度: 47.7
  ディグニクス05
     重量: 48g, shore c硬度: 50.0
  ディグニクス09C
     重量: 50g, shore c硬度: 50.8

  バタフライさんのラバーと比較すると、どちらかというと、DNAプラチナXHはディグニクスよりはテナジーに近いラバーと感じました。特に近そうなのがテナジー05ですね。ただし、ラバー質量はDNAプラチナXHの方が重いという点は特筆すべきでしょう。重さという点は、やはりバタフライのラバーは軽く、非常に優れるといえるでしょう。

  ラバーについている日本語説明文は以下のようになります。

  ********************
  ワールドクラスのパフォーマンスを持つプロフェッショナルプレーヤーのために作られました。
  改良された独自のトップシートでグリップ力を最適化し、より多くの回転ときわどい角度(体勢)からの反撃の可能性を生み出します。
  スポンジの気泡によって、弾きの良さを高め、可能な限り最高のパワーを発揮します。
  低めの粒形状と薄めのトップシートを採用したことにより、スポンジ部分が厚くなり、弾みを向上させています。
  低めの粒形状により、スポンジとラケットへより直線的にボールをコンタクトさせることができます。
  長寿命と耐久性を向上させるために、トップシートを独自に改良しました。
  スポンジ硬度42.5°(ソフト)、47.5°(ミディアム)、50°(ハード)、52.5°(エキストラハード)の4種類の硬さから選べます。
  卓球の中国ナショナルチームと緊密に協力して設計・開発されました。
  ABSボールに適しています。
  ドイツ製です。
  ********************

[はじめに]
  DNAプラチナXHの特徴
  (I) 52.5°を感じさせない扱いやすさと高い回転性能!
  エキストラハードということで、もっと扱いにくいと想像していたのですが、インナーカーボンに貼ったこともあって、かなり扱いやすく感じました。また硬度計(Shore a)のシート側硬度とスポンジ側硬度の差がテナジー05と近い値から、くい込みの良いことは想像していましたが、テナジー05に近いくらいの扱いやすさ、回転のかけやすさ、回転性能の高さを感じました。これはいいですね!また回転性能なのですが、対下回転バックハンドドライブで相手をふかすことができるくらい良く回転がかかって好印象でした。バックハンドは下手なのでなかなか回転を安定させられないのですが、自分のバックハンドの技術でもDNA Platinum XHなら回転をかけやすく相手に対して武器になると感じましたね!

  (II) シートの粒が太いため、R53よりも強いグリップ感!
  ラザンターR53の高い回転性能には驚きましたが、R53はややシートの粒形状はテナジー05ではなくテナジー80よりだと感じました。つまりくい込んだ後の球離れが早く感じるんですね。一方、DNAプラチナXHはR53に似ているのですが、グリップ感は明らかにDNAプラチナXHに軍配が上がると感じました!これはおそらくシートの粒が太い設計であるためだと想像します。一方で、R53の方がボールにいい意味で荒々しさがあって球威を感じましたが、DNAプラチナXHは少しボールが浅くなり疾走感やボールの走り、2速の伸びも少し大人しく感じましたね。このあたりはトレードオフな性能だと思いますので仕方ないとも思います。個人的な感想としては、R53は派手さが、DNAプラチナXHには素直で高い回転性能が、それぞれの個性だと感じましたね!R53が使いこなせるのであれば、R53の方がハナのあるプレイがしやすく、DNAプラチナXHの方が派手さは下がるものの、使い手の実力以上のものを出しやすいラバーだと感じました!

  (III) ポストテナジー05の決定版!まさに重たいテナジー05!
  今までのポストテナジー系ラバーにおいて、最もテナジー05に近いラバーだと感じました!それまではラザンターR48がその位置だと感じていましたが、回転性能は高いものの打球感とグリップ感は、テナジー05ではなくテナジー80っぽさがあり、完全に同じとは言い切れませんでした。今回のDNAプラチナXHは、重さこそ重いですが、太目の粒で得られるグリップのしやすさはまさにテナジー05に近く、それでいて回転量も類似の性能があるラバーだと感じました。硬度計比較でもかなり近い値をたたき出しており、重量をのぞけばまさにテナジー05といえるラバーがDNAプラチナXHでした!非常に良いラバーで、オススメできるラバーだと思います。
  また今回インナーカーボンのリーンフォースACで試打しましたが、非常に好感触でした。STIGAの製品を考慮してもおそらく木材系ラケットにあいやすいラバーだと思います。木材系にあうなーと感じた他のラバーとしてはミズノのQ5が挙げられますが、硬くて粘着ラバーよりのスピン系テンションは木材系またはインナーカーボン系のラケットにあう傾向があると思います。DNAプラチナXHも漏れなく木材系やインナーカーボンにあうラバーでしょう!こういったラバーは、フォアハンドでの上書きループドライブのやりやすさでわかることが多いのですが、DNAプラチナXHはループドライブが非常に低くかつ回転量豊富で返球しやすかったです。こういったラバーは非常に好みです。重ささえ克服できれば非常に良い選択肢になると感じました!

[攻撃技術全般(ドライブ・スマッシュなど)]
  フォアハンド
  ドライブ全般
   ボールを持ちますね。相手のコートでしっかり沈むので入れようとか考えずに回転を思い切りかけにいくことで自然と安定させられる安心感を感じました。DNAプラチナXHはバタフライの05のシート構造に近いシートの粒形状ではないかと感じました。この球持ちの良さはドライブの安心感につながると思います。ただし、フォアだと、正直やや柔らかいとも感じてしまいました。このあたりは好みにもよるかもしれません。もっと硬いDNAプラチナXHがあってもいいかもしれません。

  対下回転に対するループドライブ
   高い回転性能を感じました。この回転量はまさにテナジーレベルだと思います。素晴らしかったです。

  対下回転に対するスピードドライブ
   くい込みが良いので思ったより打ちやすかったです!ディグニクス05よりもスピードドライブは打ちやすいと思います。

  バックハンド
  ドライブ全般
   ボールを持つので打ちやすいですね。ただし、少しラバーが重いのでふり遅れが多かったです。

  対下回転に対するループドライブ
   ものすごくやりやすくて、回転もよくかかっていて好印象でした。もう少しラバーが軽いと、いうことなしだと感じました。バックハンドドライブで相手をふかせるようになったのは嬉しかったです!

  対下回転に対するスピードドライブ
   これもやりやすかったです。かなりオールマイティ感があって良かったです。これはあまり考えずにオススメできるレベルだと思います。

[守備技術全般(ブロック・ツッツキ・カットなど)]
  ブロック
  やや回転を食らうと感じました。これはやはりくい込みが良くて回転をかけやすい分、相手の回転の影響も受けやすいということでしょう。

  ツッツキ / ストップ
  切れると感じました。ストップはしっかり止まってやりやすかったです。
[サーブ・レシーブ・台上技術]
  サーブ
  しっかり切れました。想像通りというところでした。

  チキータ
  球持ちが良いので、あわせるだけでも安定感はありました。さらに回転をかけにいけばなお安定する、というイメージです。

  ストップ
  しっかり止まるので良いですね。ラバー全体のくい込みがいいので、しっかり回転をかけにいきたくなるラバーだと思います。

[おすすめな方]
  ・テナジー05に近いラバーを探している方。テナジーよりも安いラバーを探している方。
  ・エボMX-D、R53を使ってみて、テナジー05に匹敵すると感じたけど、球持ちの面でイメージが違って使うに至らなかった方。
  ・エボMX-D、R53を使ってみて、テナジー05に匹敵すると感じたけど、回転性能面で妥協できなかった方。
  ・回転性能にこだわる方。
  ・バタフライのラバーが好きな方。
  ・ドイツ製ラバーは苦手で、テナジー以外のラバーが使いたい方。
  ・テナジーが好きだけど、ディグはあわないと感じた方。
  ・重量が重くなってもいい方。

  におすすめします。テナジーを超える、テナジーっぽいラバーの1つで、他のドイツ製のラバーよりも明らかにテナジーらしさのある、テナジーを意識したラバーだと思います。DNAプラチナXHの性能は、他のドイツ製ラバーと比較しても、回転性能が高いラバーです。価格はやや高いですが、卓球王国のゆうさんがオススメするようにかなり良いラバーで、パチモノでない限りは、最低でもテナジー以上の評価はされると思います。是非ご参考ください。

[まとめ]
  DNAプラチナXHの特徴
  (I) 52.5°を感じさせない扱いやすさと高い回転性能!
  (II) シートの粒が太いため、R53よりも強いグリップ感!
  (III) ポストテナジー05の決定版!まさに重たいテナジー05!
  でした。

  やはり価格は高いですが、価格に見合う部分のあるラバーでした。個人的にはR53やMX-Dと比較しても回転性能の高いラバーです。是非ご参考ください。

[補足]
  過去にもまとめてますが、次のように感じました。

  DNAプラチナXH: 05っぽい
  ターゲトプロXD-52.5: 05-80っぽい 
  ラザンターR53: 80-64っぽい
  エボMX-D: 64っぽい

  他ラバーとの比較(あくまでも個人の感想)
  回転量
   ディグニクス05 > DNAプラチナXH > テナジー05

  スピード
   ディグニクス05 > DNAプラチナXH > テナジー05

  扱いやすさ
   ラザンターR48 > DNAプラチナXH> ラザンターR53

  進化型テナジー系テンション内での比較
  回転量
   ディグニクス05 > Q5 ≧ DNAプラチナXH ≧ ターゲットプロXD-52.5 ≧ ラザンターR53 > ラザンターR48 ≧ エボリューションMX-D

  スピード
   ディグニクス05 ≧ エボリューションMX-D > ラザンターR53 ≧ Q5 ≧ ラザンターR48 > ターゲットプロXD-52.5 > DNAプラチナXH

[その他(DVDのレビューはこの欄にお書きください)]
  下記レビューサイトにも掲載してますのでご参考いただけたら幸いです。是非ご覧ください。

  https://katsuo000.com/
  https://katsuo000.com/review_dna_platinum_xh/