1



























投稿者:katsuo000+

[自己紹介]
  先月もkatsuo000+のレビューへ投票していただいた皆さん、どうもありがとうございました。先月は話題のV>20ダブルエキストラなどのタイムリーなレビューもある中、過去レビュワーとして票をたくさん集めていた「くろかみ」さんが久々登場で、1位をかっさらっていきました!さすがですね〜。私も努力したいと思います。

  ハンドルネーム:katsuo000+
  卓球歴20年以上
  右シェイク両ハンドドライブ型
  運良く1度だけ全日本実業団選手権出場。

   会社の卓球部と時間が許せば地域の市民体育館や卓球場などで、約週1回程度卓球をしております。2022年上期は、最近流行のスピン系テンションラバーを中心に書かせていただきます。ラザンターR53は2021年1月になってしまいますが、これらをあわせて読んでいただくことで、気になる最新のドイツ製スピン系テンションラバーを比較できるのではないかと考えてますのでご参考いただければ幸いです。

   2021年1月 ラザンターR53
   2022年1月 ディグニクス80
   2022年2月 エボリューションMX-D
   2022年3月 ターゲットプロXD52.5
   2022年4月 DNAプラチナXH
   2022年5月 ファスタークG-1 Max ←

  メインブレード:970XX-KLC
   フォアF: オメガVIIチャイナ影
   バックB: ディグニクス05

  サブブレード:レボルディアCNF、林高遠ALC、張継科ALC、張継科ZLC、ティモボルスピリット、ストラディバリウス、トルネードキングスピード、トルネードキングパワー、水谷隼ZLC、水谷隼SZLC、ウルティメイトカーボン、ヴィルトーソ+、エキスパートカーボン、フォルティウスFT ver. D、キョウヒョウ龍V、キョウヒョウ301、ヴィルトーソAC、リーンフォースAC、アルネイドインナー、インナーフォースレイヤーZLF、サーディウス、インフィニティVPS V、SK7、SWAT、和の極み -煉-、SWATパワー、馬琳エキストラスペシャル、TRiAD、PRO-13S、金星

  サブラバー:省チーム用キョウヒョウNEO3ブルースポンジ40°、39°、普狂NEO3、普狂NEO2、ディグニクス80、ディグニクス64、ディグニクス09C、テナジー05ハード、テナジー05、テナジー05FX、テナジー80、テナジー80FX、ロゼナ、Q3、Q4、Q5、GF Pro、ファスタークG-1、キョウヒョウプロ3ターボオレンジ、ターボブルー、ズィーガーPK50、ラクザZエキストラハード、ラクザZ、ラクザX、ラクザ7、ライガンスピン、トリプルダブルエキストラ、V>15 Extra、ヴェンタスエキストラ、ハイブリッドK3、ハイブリッドK1J、エボリューションMX-D、MX-S、MX-P、MX-P 50°、EL-S、クァンタムXプロ、5Q VIP、ラザンターR53、R48、R45、R50、R47、R42、V47、ブルーグリップC1、ブルーファイヤM1ターボ、ブルーファイヤJP01ターボ、ブルーストームZ1ターボ、ブルーストームプロ、ダイナライズZGR、ダイナライズAGR、ライゼンZGR、ライザープロ50、ライザープロ45、ゴールデンタンゴ、DNAプラチナXH、DNAドラゴングリップ、DNAプロハード、オメガVIIツアー、オメガVIIハイパー、オメガVIIプロ、オメガVツアーDF、ヴェガX、ヴェガツアー、ターゲットプロXD52.5、47.5、GT-X51、GT-H47、ネクサスELプロ53ハード、ネクサスXTプロ51、コーデックスPro54、アポロ5 40°、38°、金星ブルー、月ブルー、木星IIブルースポンジ、アレスブルースポンジ48°、メイスプロブルースポンジ

  卓球ブログも運営中です。是非ご覧ください。
  https://katsuo000.com/

[レビューする商品名]
  ファスタークG-1 Max
  Fastarc G-1 Max
  Nittaku(ニッタク)
  ニッタクさんの2021年の新商品、スポンジ厚さMaxになります。
  日本一売れているラバー、G-1ですね。

  以下ホームページより引用
  ********************
  スピンドライブ重視!
  シートでグリップして弧を描く、強烈なスピン!
  どんな位置からでも打ち抜ける威力、強いドライブに打ち負けない強靭さが魅力!
  その実力は世界のトップが証明し続ける!
  2021年7月1日にスポンジ厚「MAX」が新登場!
  ファスタークとは?
  Fast(速さ)とArc(弧)を描くボール軌道を開発コンセプトとした、トップ選手が勝つために選ぶギアです。
  テンションスピンシート
  グリップ感覚に優れたゴム成分と粒形状で、抜群の威力を実現した「テンションスピンシート」。
  硬く粒が詰まったシートは打ち合いで押し負けず、ボールにパワーが伝わります。
  ストロングスポンジ
  ハードな打球感でありながらボールをしっかり捉えて押し出し、ボールに更なる威力を生み出すスポンジです。
  ◆ファスタークシリーズ 性能比較
  G-1・・・シートでグリップして弧を描く!強いドライブに打ち負けない強靭さが魅力!
  P-1・・・スピードドライブ重視!ボールを薄く捉えても、ノンスリップ感は抜群!
  C-1・・・バランスラリー重視!安定した台上プレーからのカウンターや両ハンドドライブ!
  S-1・・・スピードスマッシュ重視!前中陣でのミート打ちやブロックからのスピードドライブ!

  《卓球王国》異例のロングセラー「ファスタークG-1」の秘密に迫る!
  《vol.1》第1回目「ファスタークの基本性能」
  《vol.2》第2回目「異色のロングセラー」
  《vol.3》第3回目「偶然?必然?」
  《vol.4》第4回目ロングセラーを記録している「ファスタークG-1」の秘密に迫る!
  【動画配信中】
  「伊藤美誠選手【すべては勝利のために】」
  「森薗政崇選手【ファスタークG-1への想い】」
  「【厚さ選びに迷わない】田添健汰が打つファスタークG-1! 【特厚とMAX】」
   「ファスタークG-1ブラインド試打in神奈川大学卓球部」
  【選手のコメント】
  ◆伊藤美誠(スターツ)
  回転がかかる時とかからない時があります。いい意味でイレギュラーするのです。世界で戦う時もそうですが、私のカウンターに対してネットに落とすことが多く、クセ球が出るのだと感じています。そこがいいですね。
  ◆石川佳純(全農)
  私は発売当初(2010年11月)から、ファスタークG-1を使っています。ファスタークG-1は、スピードが出るし、しっかりとボールを持ってくれるシートなので、コントロールしやすいと思います。また回転がかけやすく、台上処理がすごくやりやすく非常に満足しています。ファスタークG-1が一番満足できるラバーだと思います。
  ◆森薗政崇(BOBSON)
  僕の打ち方にもよると思うのですが、スピードが出て弧線を描きながらもやや直線的な弾道になり、相手のコートに突き刺さるボールを受けた相手からもやりづらいとよく言われます。
  ファスタークG-1は、前陣でプレーする僕のスタイルに合っているラバーだと思います。
  (2021年全日本選手権シングルス準優勝)僕はバック面にファスタークG-1を中学から使い続けている。このラバーはとてもグリップ力が強く、僕の武器であるチキータのやりやすさと威力において、勝るラバーはほかにないと感じている。チキータが強みであると思い込んでいたため、それに固執しすぎていた。全日本前にバックのブロックとカウンターミートを強化したが、安定性と威力が出せることに驚いた。G-1がぼくのリクエストにしっかり応えてくれた。
  もっともっと強くなりたい。何度かほかのラバーを試したこともあるが、そのたびにG-1の良さを再確認する。僕はこれからもG-1と共に戦い続けます。
  ********************


  性能値
  ・ファスタークG-1
   スピン: 12.50
   スピード: 15.00
   硬度37.5°
  ・ハモンドZ2
   スピン: 13.00
   スピード: 16.00
   硬度40.0°
  ・キョウヒョウ3国狂ブルー
   スピン: 15.00
   スピード: 14.75
   硬度42.5°

[使用環境]
  黒Maxでカット前69 g。
  ニッタクさんのトロトロ系Fine zip(ファインジップ、業務用)で貼り付け。
  ブレードはバランスの取れているラケット、ヤサカのReinforce AC(リーンフォースAC、ブレード面積157 × 150 mm)に貼ってカット後49 gでした。反対面にはブルーストームPro、特厚を貼りました。

  硬度比較
  G-1 Max 49 g
   shore cシート側: 42.3°
   shore cスポンジ側: 39.8°
  G-1 特厚 48 g
   shore cシート側: 43.3°
   shore cスポンジ側: 41.0°
  テナジー05 47 g
   shore cシート側: 44.6°
   shore cスポンジ側: 43.3°
  ディグニクス05 48 g
   shore cシート側: 50.0°
   shore cスポンジ側: 48.2°

  特厚と比較すると、Maxの方がスポンジが厚くなってシートが薄くなったのか、かなりくい込みやすくなった印象ですね。ややG-1そのものは、やや古いラバーでもあるので、ディグニクスよりもテナジーに近い数値になっていると思います。

[はじめに]
  G-1といえば、日本一売れているラバーですね。
  日本で売れている理由は、コスパ、回転性能、使いやすさ、などが非常にバランスがいいためだと思います。また伊藤美誠選手が使用しているのは非常に重要だと思いますね。彼女が使うことで多くの女子選手やレディースの選手が使用しているのではないかと想像します。

  2021年にスポンジ厚さMaxが発売されました。このMaxがどのようなラバーなのかレビューしていきたいと思います。

  何故Fastarc G-1は日本一売れているのか!?
  このラバーを日本一売れるラバーにした理由は主に3つあるそうです。3つの理由は以下になります。
  1. プラボールの導入
   プラボールの導入となり、ボールが硬くなりました。ボールが38 mmから40 mmへ変更した際も回転もかかりにくくなりましたが、さらに回転がかからなくなりましたね。このセルボールからプラボールへの変更を受けて硬くて回転のかかるラバーの評価が上がりした。ファスタークG-1は硬くて回転のかかるラバーですので、まさにプラボールにフィットしたラバーと言えるでしょう。プラボール導入によってファスタークG-1の評価が上がったと言えるでしょう。

  2. テナジーシリーズの値上げ(オープン価格化)
   モンスターラバー、テナジーシリーズがオープン価格となりました。これは実質の値上げに相当します。オープン価格化の前までは、卓球ショップでは定価の2〜3割の割引という恩恵を受けることができて、5,000円前後でした。しかしながらバタフライさんはオープン価格化し、現在ではテナジーは7,000円以上する高価なラバーとなってしまいました。改めて使用者を選ぶラバーとなってしまっています。この影響を受けて、ポストテナジーを探訪する選手が増えたようですね。確かにラバー1枚に10,000円もかかるとなると、流石に多くの卓人のお財布には厳しいと感じられたようですね。ファスタークG-1は定価6,300円+税と価格設定もこれまた丁度良い価格設定だったのかもしれません。この価格から、卓球ショップでは店舗割引を受けられるので、実質5,000円を切る値段で購入できるでしょう!
  3. トップ選手の使用
   そして、最後にトップ選手の使用実績ですね。なんといっても日本女子代表の石川佳純選手、伊藤美誠選手でしょう。また、男子でも森園政祟選手も、チキータのためにバックにファスタークG-1を使用しています。このように男女どちらのトップ選手も使用実績があることは非常に大きな宣伝効果があると言えるでしょう。現在は石川佳純選手は使用していない模様ですが、伊藤美誠選手はフォア側に使用しています!(SNSなどの噂では、伊藤美誠選手は現在50°のファスタークG-1を使っているという話もありますが、何にせよファスタークG-1を使用されています)。伊藤美誠選手が使用しているという事実が非常に大きな宣伝効果と信頼となって、多くの卓人が使用したい、使用しよう、と考えるに至っているのは事実でしょう。

  Fastarc(ファスターク)シリーズ
   ファスタークG-1およびそれ以外のFastarc(ファスターク)シリーズの由来などについて触れさせていただきます。ニッタクさんによると、ファスタークの名前は、英語のFast(速さ)とArc(弧線)をくっつけた造語ということですね!ファスタークシリーズの中でも最も回転性能の高いラバーがファスタークG-1になります。他のファスタークシリーズは、スポンジ硬度が同じでスピードタイプのシートの粒形状であるFastarc P-1、スポンジ硬度は柔らかくて、G-1と同タイプのシートの粒形状であるFastarc C-1、スポンジ硬度が柔らかくて、スピードタイプのシートの粒形状であるFastarc S-1が販売されています。テナジーシリーズほど種類は多くありませんが、パンフレット上はイメージしやすい説明になっていることからもポストテナジーとして手に取りやすいものになっていると言えるでしょう。またテナジーシリーズと異なり、ファスタークシリーズは種類によって値段も異なり、G-1とP-1が最も高く、スポンジ硬度の柔らかいC-1とS-1は安い値段設定になっていることも嬉しいですね。G-1が硬すぎると感じたのであれば、C-1へ変更するのもありと言えるでしょう。ファスタークG-1のGはGrip(グリップ)のGということらしく、「シートでグリップして弧を描く」ラバーだそうです。

   性能値を拝見すると、ニッタクさんは、中国製のシートを採用したHurricane(キョウヒョウ)シリーズも販売しており、近年話題となっているHurricane Pro III Turbo(キョウヒョウプロ3ターボ)シリーズの2枚やその他のキョウヒョウシリーズの回転性能は際立って高いものになっていますね。ファスタークG-1よりも、スピード性能の点だけであればFastarc P-1(ファスタークP-1)や2020年のパンフレットからは消えてしまったAlhelg(アルヘルグ)といったラバーの方が高いですし、新発売のハモンドZ2も高い値を示しています。バランス型という言葉が最もあたるラバーが、ファスタークG−1のニッタクのラバーの中での立ち位置と言えるでしょう。

  前回試打した特厚のG-1と比較すると、非常にくい込みが良くなっていました。当然なのですが、G-1特厚は、ラバーでいうところのスポンジの薄い厚とか中を使っているような、ラケットの芯にあたりやすく、くい込ませすぎると弾いてしまう感じがあったんですよね。G-1はスポンジが厚くなったことで、思い切りくい込ませてもラケットの芯に至りにくくて非常に好感触でした。また硬度計の数字を見ても、特厚よりもMaxは柔らかい値を示していてくい込みもよく、ラケットもインナーラケットだったので扱いやすいさも抜群に感じられました。

[攻撃技術全般(ドライブ・スマッシュなど)]
  G-1 Maxの3つの特徴

  ・特厚よりも扱いやすくなった!とりあえずグリップして回転かけたいならコレ!
  ・シートが硬いので、ブロックがとても安定する!
  ・バックドライブもチキータもど安定!

   このG-1 Maxは特厚と比べると抜群に扱いやすいと感じました。くい込みが良いのと、ラケット芯に至りにくいのが良かったです。特厚は思い切りくい込ませようとすると、容易に芯の硬い部分に当たってしまい、回転量と重さを出しにくい感じがありました。まさに、スポンジ厚さを薄くしたときあるあるな感じでした。この感じがなくなっただけ、といえばそれまでですが、そういった部分がなくなったのは非常にストレスがなくなった気がしました。飛距離も出しやすくなり、ドライブもかなりのびのび打てると感じました。ただ特厚の時と比較して、感覚的には、ボールの揃いやすさが、Maxは増えた気がしました。それでもシートの硬いラバーと同じように、回転がかかるときはしっかりかかるし、スピードドライブを打つと、重くて、回転量は減ったりと、回転の幅が出やすいと感じました。シートがやはり硬いためでしょう。この癖球とも呼べるボールのばらつきは、試合で相手がG-1を使用してきた際には注意しないといけない部分だと改めて感じましたね。

   またシートが硬いラバーなので、ブロックやカウンターがめちゃめちゃやりやすいですね。中級者以上の方へ、迷ったらこのラバーをススめることのできるラバーだと思います。盾として使いやすいラバーだと思います。ディグニクスはシートが硬いですが弾むし弧線が非常識に上へ上がるラバーです。威力は物足りないかもしれませんが、その分、ブロックのおさまりや制御がしやすいG-1は改めていいラバーだと感じました。

   今回久々に使いましたがバックドライブやチキータはめちゃめちゃ入れやすいと感じました。ボールをグリップしている時間をしっかり感じられて、ボールを上書きするように打てるのは、安心した返球に繋がるのでいいと思います。森園選手が使う理由も納得しました!

  続いて各技術レビューです。

  フォアハンド
  軽打
   特に違和感なかったです。Maxになって、かなりくい込みが良くなって扱いやすくなった印象です。

  ロングボールやラリーでのドライブ
   特厚のときは、下がれば下がるほど、ボールの伸びが少ないと感じました。下がるとどうしても弾き気味にドライブになり、飛距離も出づらく使いにくいと感じました。Maxでは、そういったストレスがなくなった印象です。下がってもスポンジが厚いので、エネルギーロスを感じず相手のコートの深いところにしっかり届く感じがありました。早くこれを使いたかった。また特厚はスポンジが薄いので球離れもまずまず早いと感じましたが、Maxはスポンジが厚くなって非常に球持ちを感じやすくなりました。
   G-1はテナジー05っぽさ、粘着ラバーぽさ、グリップ感があるラバーなので、シートだけで捉えて回転だけを思い切りかけるドライブでも良いドライブがしやすいと感じました。

  対下回転に対するループドライブ
   テナジー05よりも売れている一つの理由が対下回転ドライブだと思います。やりやすいですね。非常に強烈な回転のドライブができると感じましたね。良いラバーだと思います。回転量でいうとテナジー05やディグニクス05に匹敵するレベルだと思います。Maxになってシートの硬さも相まってテナジー05よりもG-1の方が回転量の最大値は上かもしれません。

  対下回転に対するスピードドライブ
   回転量は落ちると思いますが、非常に打ちやすかったです。これは不思議な感じでしたね。テナジーの方がスイングスピードとか角度がシビアなイメージです。自分はスピードドライブで回転をかけることが下手くそなためだと思いますね。

  カーブ/シュートドライブ
   これは思ったより曲がらなかったですね。回転量の幅を感じました。横回転はアンドロのラバーの方が好印象ですね。

  バックハンド
  軽打
   こちらも違和感なくて良かったですね!特厚よりもMaxになって球持ちがさらに良くなったのもあると思います。もっと早く出してほしかったというのも感じました。R53は良いラバーでしたがシートの粒形状の違いでどうしても球離れを感じやすく、慣れが必要と感じました。しかしながらG-1は、粒は太く粒と粒の間も狭い粒形状ですので、打球時ボールをしっかりグリップしてから離すようなイメージで打てるので安定感もあって好きですね。良いです!この感じはDNAプラチナXHに似ていると思いますが、DNAプラチナはややシートのくい込みが良かったのと、重量が重いという点があります。G-1は軽くて安いのでその点は明らかにDNAプラチナよりも良いと思います。

  ロングボールやラリーでのドライブ
   こちらも非常にやりやすかったです。特厚では弾いてしまいやすかったですが、スポンジの厚いMaxでは、そういったことはなかったですね。返球自体が非常にやりやすいと感じました。ただ特厚の時の方が癖球が出やすかった気がバックハンドでも感じました。

  対下回転に対するループドライブ
   ボールをグリップするので、イメージ通りのボールが打ちやすかったです。やりやすくて楽しかったです。回転量は並かもしれません。この当たりは古いラバーなので仕方ないかもしれませんね。

  チキータ
   ボールを持つのでやりやすかったです。

[守備技術全般(ブロック・ツッツキ・カットなど)]
  フォアハンド
  ブロック
   ボールをグリップできるしシートは硬いし、ということで非常にやりやすかったです。特にスピードドライブに対するブロックはかなりやりやすかったですね!このやりやすさは最高です。

  カウンタードライブ
   シートが硬いのでカウンターもしやすいですね。MX-PやR53の方がくい込む分、カウンタードライブがやりにくいと感じましたが、G-1は回転量がやや落ちる分、やりやすかったです。

  ストップ / ツッツキ
   グリップするので、非常に止めやすかったです。良いですね!こちらもグリップするので良かったです。しかし、気を抜くと軽くなりそうでしたね。

  バックハンド
  ブロック
   ドイツ製ラバーのボールはブロックしやすいのですが、ディグニクス09Cなどのループドライブは回転をモロに受けて、オーバーミスが多かったです。この辺りは慣れも必要かなと感じましたね。シートが負けている感じではないので、慣れたらいけると思います。

  カウンタードライブ
   自分はテナジー05よりもやりやすいと感じました。シートが強いからかなと感じます。

  ストップ / ツッツキ
   これも良かったです!止まりますね!切れますね!良いです!しっかりグリップするので弾いて浮くこともなくて好きな打球感でした!

[サーブ・レシーブ・台上技術]
  サーブ
   シートだけでボールをしっかりこすれるので、回転量のあるサーブが出しやすかったです。プラボールは本当に硬くて回転量が落ちたので、初級者用のラバーの中にはサーブの回転量が足りないと感じるラバーもありますがG-1は最低限の回転量はあると感じました。

  レシーブ
   Maxになってスポンジが多くなった分、少しくい込みからボールがポーンと飛び出る感じが増えたと感じました。シートだけで打つようなイメージで打てばボールは浮きにくくて良いレシーブができると思います。

[おすすめな方]
  ・中級者の方
  ・ループドライブとスピードドライブを使い分けれる方。
  ・スピン系テンションラバーに性能よりもコスパを求める方。
  ・ブロックやカウンター性能の高いスピン系テンションラバーを探している方。
  ・バランスの良いラバーを探している方。

  にオススメしたいです。MaxになってG-1は癖の強いラバーから扱いやすいラバーに変貌したように思います。これによって多くの人にススメられるラバーになったと思います。また、最低限の性能も確保できていて、相手の強打に強い性能は維持できているので、迷ったらこれ、と言えるラバーだと思います。
  逆に回転性能を求めるならテナジーや、最新のドイツ製スピン系テンションラバーをオススメしたいですね。回転性能が上がるということは相手の回転の影響も受けやすいということですが、G-1にはそういった面のデメリットは少ないと感じます。スピード性能であれば、軟テンション系ラバーであるR45やエボEL-S、テナ64やディグニクス64などの方が高いでしょう。が、その分、ループドライブの質が下がります。G-1はそれらのスピードに特化したラバーよりもループドライブの質が高いラバーでした。やはりバランスの良いラバーだと思います。迷ったら是非G-1を使ってください。

[まとめ]
  G-1 Maxの3つの特徴
  ・特厚よりも扱いやすくなった!とりあえずグリップして回転かけたいならコレ!
  ・シートが硬いので、ブロックがとても安定する!
  ・バックドライブもチキータもど安定!

   Max早く発売してほしかったですね。Maxになって変な癖もなくなりやっと安心して選べるラバーになったと感じました。日本では最も売れているラバーというのがよくわかるバランスのとれたラバーだと思います。一度は使ってこのラバーから、もっと特徴を求めて、他のラバーを使ってみると良いと思います。

[補足]
  他ラバーとの比較(あくまでも個人の感想)

  回転量
  ディグニクス05 > Q5 ≧ DNAプラチナXH ≧ ターゲットプロXD-52.5 ≧ ラザンターR53 >G-1
  G-1 Max > ラザンターR48 ≧ エボリューションMX-D > テナジー05

  スピード
  ディグニクス05 ≧ エボリューションMX-D > ラザンターR53 ≧ Q5 ≧ ラザンターR48 > ターゲットプロXD-52.5 > DNAプラチナXH > G-1

[その他(DVDのレビューはこの欄にお書きください)]
  下記レビューサイトにも掲載してますのでご参考いただけたら幸いです。是非ご覧ください。

  https://katsuo000.com/
  https://katsuo000.com/review_fastarc_g-1/