20220317_cdf247






















投稿者:零號立会人


[自己紹介]
  戦績

    県大会シングルスベスト8

    全国レベルの大会にも何度か出場経験あり



    現在は大学の監督といろいろなところでコーチをしております。

    私のプレースタイルは裏ソフトドライブ型+粒高でして、相手のプレーに応じて プレーを変えます。

    裏ソフトと粒高どちらの技術も同じようなレベルです。粒高では守備も攻撃もやります。

  裏面粒高もかなり振ります。



    100種類以上のラケット、あらゆるラバーを打ったことがあります。モニターですがアンチラバーについてもいくつか試打したことがあります。

[レビューする商品名]
  【JAPTEC】Fickle

[使用環境]
  ラケット:特注5枚合板ペンラケット 

    フォア:金星2ブルースポンジ

    バック:Fickle

[はじめに]
  WRM殿で発売になる前に、某所より依頼があり試打を実施しました。

  まず、特徴としては一目で見てわかるゴム質の良さが目につきます。

  テンションが掛かっているそうですが、見た目からはあまりそのような印象は受けませんでした。

[攻撃技術全般(ドライブ・スマッシュなど)]
  粒高ラバーでは見たことがないような非常に引っ掛かりの強いゴム質が採用されております。

  なのでこのラバーの特徴を活かして攻撃性能を発揮するには、ゴムの引っ掛かりをしっかり使ってあげると最大限に性能が発揮できると思います。



  非常に引っ掛かりが強いのでゆっくり振ってもボールがあがってくれます。

  これはこれで良いポイントなのですが、スイングスピードを上げたときにこのラバーの特徴が発揮されます。
  スイングスピードを速くしてもスリップすることがなくボールが落ちません。

  それどころか威力をプラスしてくれます。

  カウンターも落ちる気がしません。



  もちろん回転量やスピードで打ち抜くのは難しいですが、

  粒高とは思えない引っ掛かる感覚があります。
  裏面ドライブなども同様にしっかりと引っ掛かります。

  また、チキータもできます。普通の粒高では形だけのチキータはできますが、

  Fickleの場合は、しっかりとチキータでボールに引っ掛ける感覚があります。



  普段はシェーク両面裏ソフトで、全日本選手権には出場しているものの、

  粒高は素人である練習相手にバックドライブで試してもらいました。
  「これ粒高じゃないっすよ!普通にドライブできます!!」

  当然回転量はないですが、その選手の剛腕バックドライブのスイングスピードにも

  粒高が負けることなくボールを持ち上げていました。

  これだけインパクトを強くしてもボールが荒れない粒高はあまりないかと。

  ファントム007やカールP3のような粒が低いラバーであればありますが、、、


  〈布あり〉

  布無しに比べると威力があります。

  しっかりとスイングをしたときに布目があることで、

  一枚ラバーとは思えないくらい力が伝わります。



  ここが布無しとの大きな違いですね。

  更に打ちやすく攻撃向きな仕上がりになっています。

[守備技術全般(ブロック・ツッツキ・カットなど)]
  ブロックについてはちゃんとスポンジなしの粒高らしさはありますが、

  よく切れるでもなく、短く止まるでもなく、低いボールが出るわけでもありません。

  比較的弾むラケットでトライしましたが、弾まないラケットでも似たような感覚になると推測します。



  あくまで最後に攻撃して攻め切るための補助としての守備に使うくらいですね。

  引っ掛かりの強いシートですが、カットブロックの際には特にその引っ掛かりはあまり活きてくれません。
  布ありのほうがブロックが少し弾いてしまう印象がありました。

  止めるだけであれば布なしのほうがやりやすいです。

[サーブ・レシーブ・台上技術]
  レシーブも特別いいというところはあまり感じませんでした。

  プッシュをしても普通、コントロールも極端に難しいわけではない。

  ただ、迷ったときにドライブ系の技術に切り替えやすいですね。

[おすすめな方]
  しっかりと最後はフォアで打ちたい選手、もしくは裏面で粒高を振りたい選手にいいかと思います。

  但し、綺麗なボールになりやすく相手からも返しやすい点には注意です。

[まとめ]
  布ありラバーはかなり反りがありますの時間が経つと?がれてきます。

  バタフライ製の接着シートを使用していましたが、?がれて来てしまいました。

  私のラケットが粒高面のみニスを塗ってあることも要因かと思いますが、かなり?がれやすい点には注意が必要です。



  私が使い続けるのであれば、接着剤で貼るようにすると思います。