1




















■自己紹介

戦型はペンドラです。中国式ペンを使っています。



■レビューする商品名

金星ブルー



■使用環境

ラケットはダーカーのリベルタグロリアスの中国式ペンとバタフライの吉田海偉を使いました。

フォア面が金星ブルーでバック面がニッタクのドナックルです。



■はじめに

金星ブルーの評判が良かったので試しに使ってみようと思い試打しました。



■攻撃技術全般(ドライブ・スマッシュなど)

ドライブはめちゃめちゃかかります。さすが粘着ラバーという感じです。とてもいやらしいボールが出せます。スピードドライブも思ってる以上に早いボールが出ます。スマッシュのように叩くボールだと、ナックル高いボールになります。



■守備技術全般(ブロック・ツッツキ・カットなど)

割と跳ねてくれる粘着ラバーなので、ブロックもしやすいです。そしてツッツキもとてもキレたボールが出せます。ストップもやりやすいです。



■サーブ・レシーブ・台上技術

しっかりキレたサーブが出せます。レシーブはしっかり面を考えてやらないとシートが割と敏感なので、ミスしやすいイメージです。



■おすすめな方

高弾圧ラバーを使っていて、今後粘着ラバーを使おうと思っている方など粘着ラバー初心者から粘着ラバーを使っているけどもっと早いスピードのボールを出したい方。



■まとめ

粘着ラバーはしっかり打たないとラバーの硬さでボールを落としてしまうイメージがあったのですが、このラバーは思った程落ちず、中々いやらしいドライブやサーブが出来るのでとても気に入りました。(全く落ちないという意味ではありません)



■補足

合わせるラケットは木製合板(吉田海偉)の方が回転がかかるイメージでした。スピードは圧倒的にインナーカーボン(リベルタグロリアス)の方が早かったです。