スクリーンショット 2023-06-25 14.47.11




















■ハンドルネーム


■自己紹介

卓球歴9年(2013年4月〜現在)

中ペン裏裏粘着大好きマン♂です。


メインは両面裏裏ユーザー(ほとんど両面粘着)ですが、遊びでペン粒とカットマンとフォア表も練習・ゲームする事もあります。


実力に関しては県大会3回戦負け・市大会シングル準優勝・ダブルス優勝(シングル優勝者と組んで)・ブロック大会3位です。

下手では無いと思います。

上級者へ片足突っ込んでるくらいかなと自負してます笑


プレースタイルはフォアは粘着の癖を活かした回転重視のサーブとループドライブとカーブドライブと一撃ドライブとストップを駆使して、バックはツッツキ以外は裏面で常に速さよりも安定を求めて回転しっかりかけてます。


得意技術はループ&カーブドライブとフォアフリック、チキータ、ストップ。

苦手なのはフットワークとブロック&カウンターです。

なので回転量ある球が効かない人やブロック硬い人は相性悪いです…


用具へのこだわりはブロックカウンター苦手なので面が大きくて当たりやすさと重い用具で押されなさが欲しいのと、上板が硬いとループとサーブ以外でミス多発してしまうので純木材5枚合板でも使えません。(インフィニティとか)あとは要所で一撃で抜ける道具がいいので上板柔らかいインナーで威力出せるものがベストと自分では思っています。

重量はターボブルーを貼っているのでいやでも重たくなります…笑


■過去に使用した粘着ラバー


高品質キョウヒョウ系

省狂NEO3ブルー、オレンジ

国狂3.5、8ブルー、NEO3ブルー


ターボブルー、ターボオレンジ

普狂3.5、8


国天極2ブルー、天極NEO3


WRM特注

キンプロ(パープルスポンジ)、メイスプロブルー(48.46)、パラディングリーン、太陽プロ極薄、APOLLO5(40.39.38)木星2ブルー(36)、アレス(52)、ターゲットブルー

金星2ブルー


その他

スピンアート、愛鯨2、ゴールデンタンゴ、ディグニクス09c、オメガ7光、ラクザZエクストラハード・トリプルダブルエキストラ・DNAドラゴングリップ


粒高

グラスディーテクス、エリミネーションエキストラロング


ドナックル 天王星 カットマン用クレア



■所有ラケット(今無いものも含む)

アウォードオフェンシブ

レッドローズ

和の極み蒼

松下浩二スペシャル

幻守

エキスパートカーボン

ヴィルトゥオーソマイナス

キョウヒョウ龍5

キョウヒョウ龍5X(現在のメイン)

koki niwa

クリッパーウッド

張本智和インナーフォーススーパーZLCCS


■使用用具1

ラケット:キョウヒョウ龍5X

フォア:キョウヒョウプロ3ターボブルー(特厚)

裏面:ラクザZエクストラハード(特厚)


■使用用具2

ラケット:張本智和インナーフォースSUPERZLC-CS

フォア:キョウヒョウプロ3ターボブルー(特厚)

裏面:ラクザZエクストラハード(特厚)

龍5と張本は対戦相手のスタイルや自分の調子と気分で使い分けてるので実質両方メインです。


■レビューする商品名

張本智和インナーフォースSUPERZLC-CS

■使用環境

ラケット: 張本智和インナーフォースSUPERZLC-CS

フォア: キョウヒョウプロ3ターボブルー(特厚)

裏面:ラクザZエクストラハード(特厚)

重量:205g


■はじめに

11月23日からキョウヒョウ龍5Xと使い分けて使用している張本智和インナーフォースSUPERZLC-CS(以下張本)について4ヶ月打てたのでそれなりに使いこなせるようになってからとレビューをしたいと思います。張本を買った理由は湿気ある時や疲れたりして振れない時に弾むラケットで楽して打ちたいなという思いからです。初めて打った時に求めてたのはこれだ!と凄くしっくりきたので4万近く払った甲斐が凄くありました。高いけど気になってる方は前回のレビューも見て参考にしてみてください。なんせ高いラケットなのもあって中々レビューがないと思いますので… 再投稿の理由は半年使ってみて他のラケットも打ってみて色々感想が変わってくると思うということからです。


■攻撃技術全般(ドライブ・スマッシュなど)


軽打

ターボブルーでも軽打からしっかり弾んで音も金属音がします。(硬いからターボブルーは金属音なりますけどより大きな音になりました。)弾みは丹羽孝希(カーボン4枚入)より少し弾むように思います。アウターALC並、アウターZLC以下という感じでしょうか。でもやはりインナー素材ということで球持ち感は感じられます。


対上回転ドライブ(フォア)

他のアウターラケットと比べたら出ないスピード感があります。回転量もキョウヒョウ龍には劣りますが回転を重視する私が満足出来る位はあり、その分キョウヒョウ龍よりもスピードがあります。でも繋ぎのドライブも回転量も弧線はしっかり出てくれます。球の重さというのは回転量の分、キョウヒョウ龍の方が重いとは言われますが速さがある分楽に打てたり打ち抜けるといったことはあります。自分で打っている感じは張本の方がいい球が打てている印象です。


対上回転ドライブ(裏面)

最初は先端重心なこともあり当てるのが少し難しかったですが慣れてきた今はもう普通に打てます。球質の話はキョウヒョウ龍よりも弾みが強い分伏せて振るとかなりのスピードと回転量のあるドライブが打てます。ワンコースなら確実に張本の方が裏面ドライブは良いと断言できると思います。キョウヒョウ龍も球持ちが良いことでラケットは伏せて回転量のあるドライブを打てますがその分スピード減、回転増といった感じです。弾道も弧を描いてしっかり回転は常にかけていきやすいと思います。


中陣ドライブ(フォア)

弾みがインナーラケットの中でも強めなのでかなりやりやすいと思います。アウターの方が飛ばしはしやすいですが張本はインナーなのでアウターよりも球持ちがある分コントロールのしやすさはあると思います。弧の描き方と球の荒れや癖はキョウヒョウ龍の方があると思いますがスピード感と飛距離の出しやすさは張本の方が上だと思います。私は下がってドライブを打つのは苦手なので中陣からの打ち合いになると早々に曲げたりストレートに打って逃げることが多いのですがその時は張本だと弾みが強い分オーバーしてしまうということもあります。そこだけは他のインナーラケットにはなかなか無い弱点かと思いますがそれは私がラケット2本を使い分けているからであって張本だけを使い続けていれば気にならないと思います。ストレートに打つのは特別問題はないと思います。


中陣ドライブ(裏面)

球持ちもしっかりあって飛距離も出るのでやりやすいです。アウターだとなかなか弧線が出しずらく個人的には安定しませんが張本はアウター並の弾みがありますがちゃんとインナーの特徴のある回転量と安定感があります。フォアとほとんど同じ内容の評価ですがバックの方がインパクトがどうしてもフォアと比べたら弱くなりやすい分裏面ドライブに関しては張本の方がいいと断言出来ると思います。振り遅れての棒球にもなりづらいです。


対下回転(フォア強打)

買った時に心配していた事で実際は大丈夫だった技術ですが今でももちろん大丈夫です。ターボブルーで開いて打ってもしっかり収まるしアウターにはない球持ちがあるので回転量もちゃんとあります。スーパーZLCと聞くとぶっ飛びで硬いという印象を持つ方もいると思いますが想像の何倍も球持ち良く使いやすい素材でした。素材が硬い分、少しミート気味に打っても金属音がして気持ちよく安定してドライブなり角度打ちが出来ます。弾くと思うとスーパーZLCの硬さが出てきて球はかなり速くなるので少しピーキーになるかもしれませんが威力は満点だと思います。ピーキーとは書きましたがアウターよりは全然使いやすく柔らかいインナーよりも硬さがあって使いやすいのでインナーにしては飛ぶと理解すればちゃんと収まってくれると思います。


対下回転(フォアループ)

ループに関しても球をしっかり掴んで掛けられます。不思議と自分ではキョウヒョウ龍よりも回転かけられているという感触はあるのですが実際はキョウヒョウ龍の方が弾みが弱く球持ちもあるので上限値は高いと思います。が、張本でも負けず劣らずで回転はかなり掛けられます。弾みが強い分オーバーは多少しやすいですがそこまで気にならずにこれもアウター使うよりは全然収まるし回転量も多いと思います。


対下回転(裏面強打)

キョウヒョウ龍よりも弧線は出にくいので少し強めに振る必要はありますがネット越えれば明らかに威力が出ます。回転量もしっかりあるのでラクザZハードで打っての弾道の変化や曲がるということも全然あります。


対下回転(裏面ループ)

ループになると弧線低いとはそこまで思いませんが球が少し高くなるか深くなりやすいなとは思います。回転量もほとんど落ちずに打てます。キョウヒョウ龍の方が弾道の変化もありネットも越えやすく収まるので裏面ループはキョウヒョウ龍の方がいいなと思います。


フォアカウンター

自分から振るようにカウンターすると球持ちとスーパーZLCの強い弾みからオーバーミスしやすいのでコンパクトに相手の力を利用して早い打点で返すのがベストかと思います。ラケットの弾みが強いのでそれで十分な威力が出せます。ループドライブに対して打点を落としてカウンターもしましたがしっかり伏せて前に振る意識さえすればキョウヒョウ龍みたいに球持ちの良いラケットよりもやりやすいと思いました。


角度打ち

弾くように打つとスーパーZLCが出てきて大きな金属音とかなりのスピードが出ます。面もスイートスポットも広く球も持ちすぎないので飛距離にさえ慣れられればやりやすいと思います。弾みはインナーだと強い方だとやはり思いますが逆に言えばインナーには出せないスピード感も出せるということでもあります。


裏面カウンター

裏面カウンターはフォアと比べたらコンパクトに相手のドライブの力だけを利用して打てるので違和感なく出来ました。フォアも裏面も共通なのですがもちろん球は深く速くなります。



■守備技術全般(ブロック・ツッツキ・カットなど)


ブロック

継続使用していてキョウヒョウ龍から持ち替えて感じるのが弾むよりも「面がでかいから当たる」ということです。基本的に私はブロックは下手なのでまず当たるということは大きいなと思います。いざ当たるとスーパーZLCの弾みや硬さで落ちたり抑えられないということは特になく、適度な硬さで感触良くブロック出来ます。硬さがある分張本の方がやりやすいと感じる人もいるかなと勝手に思っています。当てるだけでも速さもある程度出てくれます。キョウヒョウ龍なら失速して入ったなぁというオーバーミスも全面使用すると時々ありますが張本だけを使い続ければ問題ないと思います。


ツッツキ

特別問題ありません。切りに行くとかなり鋭いツッツキが送れます。ツッツキは弾まなければ弾まないほどいいものだと思っていましたが張本だと切って低く送ればキョウヒョウ龍よりも速くて相手が詰まってネットミスするツッツキがしやすいです。普通にやればインナーの球持ちでアウターよりもコントロールしやすいかなと思います。普通にやったりツーバウンドを目指すならキョウヒョウ龍の方がいいですが回転量や浮きやすさに関しては特別変わらないように感じます。



■サーブ・レシーブ・台上技術


フリック

当たり前ですがスーパーZLCのおかげで速いフリックが出来ます。張本は弾みが強いので回転が少ない球に対しては結構オーバーしてしまいがちでしっかり伏せると意識してやれれば問題ないかなと思います。流したり途中でストップに変えるフェイク等の小技は弾みが弱く球持ちの良いキョウヒョウ龍の方がやりやすいです。弾いて打つのは初めはオーバーしやすいと思いますが慣れてこれば一撃で抜ける強力なフリックになると思います。球持ちがスーパーZLCでもちゃんとあるからこそ出来ることなのかなと思います。


ストップ

気持ちキョウヒョウ龍より止まらないですがストップレベルに弱いタッチだとあまり違いを感じません。むしろ張本の方が球が浮きづらいと思います。弾みは当然強いのですが低く入りやすいという表現が的確かと思います。弾みは強いけど浮きづらいのでどちらもトントンなのかなと思います。


チキータ

遅くて回転をかけるチキータもいいのですがしっかり前に振ってスピードを出すチキータの威力と安定感はとてもいいです。さすがチキータが得意な張本選手モデルといったところです。球持ちもスピード感もしっかりあってブロックの時と同様に面が大きいので当たり損ねからのミスも少なくなります。チキータはかなりやりやすいラケットだと思います。



■おすすめな方

・今インナーユーザーでアウターの弾みが欲しいけどインナーの球持ちは欲しい方

(アウターを使ってみたけど弾きすぎで無理だった方)

・インナーを使っていてアウターにしたけど弾き過ぎて使えなかった方


■おすすめ出来ない方

・アウター使っていてインナーである程度硬いラケットを使いたい方(他にもっと硬いラケットはたくさんあります。スーパーZLCだから硬いと思うと失敗すると思います。)


■合う

・球持ちが良いと言われるカーボネード45等が難しかった方


■まとめ

良いところ

・弾みはアウター並にあるのにインナーの球持ち感があってかなり使いやすい

・スーパーZLCとはいえ台上はちゃんと弾けるし収まる


悪いところ

・油断するとスーパーZLCの弾みが出てくる時がある

・詰まって当てるだけになったり曲げたりする時は弾みに慣れないと難しい(あくまでもインナーラケットに括ると)

・面が大きくて先端重心で実際の重量よりも重たいので振り切るのが難しい



■総評

自分の求めていた性能(アウター並の弾みで球持ちはしっかりインナー)ドンピシャでした。

アウターはワンコースは楽々で気持ちよく打てるのですが全面で振ると時々落としてしまうのとワンコースでも台上やレシーブが難しくて断念しました。張本スーパーZLCはインナーよりかアウターよりかといえば間違いなくインナーですが弾みだけインナーで軽いタッチでもアウターほど硬くなくかなり使いやすいです。


今回のレビューはいつもならもっとたくさんおすすめ出来るところ・出来ないところ、良い・悪いが書けるのですがなかなか書きづらかったのですがそれは特別にここがずば抜けていい、逆に悪いがなくて意外とハイバランスなラケットだということなのかなと思います。スーパーZLCの先入観としてはやはり弾みに全振りしていて回転量や台上のやりやすさは自分の腕でなんとかするラケットだと思っていたのでバランスが良いラケットでびっくりでした。他の方に打ってもらっても弾みはやっぱ凄いけど思ったより止まるねとか球持つねと言われました。本当にシンプルにアウターの弾みとインナーの回転量や抑えやすさを両立したラケットだと言えると思います。強いて上に書いてない悪い点を書くとブロックが少し弾むということですかね。しかし弾くことをすればスーパーZLCが出てきて速く返せるしそもそも面が大きいので当たらない・当たり損ねというミスは減るのでプラマイゼロに近いのかなと思います。


■補足

自分は使いやすいと連呼していますが他の人の感想はどうなのかというと弾む、使えん、球持たんなぁ、龍5の方がいいという声もありました。皆さんそれぞれ打ち方捉え方が違うのもありますが他の人に自分のキョウヒョウ龍5と張本スーパーZLCと貸してドライブしてもらった球を受けてみるとキョウヒョウ龍の方が回転量が多くて弧を描いて飛んできて張本の方はスピードが速くて回転量は若干落ちるという自分で打っている通りの感想でした。キョウヒョウ龍の方が取りにくく、癖球という感じでした。


■その他

次回はオメガ7チャイナ影が気になっているので購入してみようかなと思っています。ラザンターC53も同じくです。ラケットもビスカリアの合版構成の安いアウターALCのラケットも気になりアウターも1本持っておこうかなとか夢見てます。

(ラケットラバー増えるのが止まりません)