丹羽孝希ZC

































■自己紹介

卓球歴10年(2013年4月〜現在)

中ペン裏裏粘着大好きマン♂です。


メインは両面裏裏ユーザー(ほとんど両面粘着)ですが、遊びでペン粒とカットマンとフォア表も練習・ゲームする事もあります。実力に関しては中学時代県大会3回戦負け・市大会シングル準優勝・ダブルス優勝(シングル優勝者と組んで)・高校時代ブロック大会3位です。社会人なってから新体連オープン戦団体4部優勝、住んでる地区の大会で個人3位になりました。下手では無いと思います。上級者へ片足突っ込んでるくらいかなと自負してます笑


プレースタイルはフォアは粘着の癖を活かした回転重視のサーブとループドライブとカーブドライブと一撃ドライブとストップを駆使して、バックはツッツキ以外は裏面で常に速さよりも安定を求めて回転しっかりかけてます。


得意技術はループ&カーブドライブとフォアフリック、チキータ、ストップ。苦手なのはフットワークとブロック&カウンターです。なので回転量ある球が効かない人やブロック硬い人は相性悪いです…


用具へのこだわりはブロックカウンター苦手なので面が大きくて当たりやすさと重い用具で押されなさが欲しいのと、上板が硬いとループとサーブ以外でミス多発してしまうので純木材5枚合板でも使えません。(インフィニティとか)あとは要所で一撃で抜ける道具がいいので上板柔らかいインナーで威力出せるものがベストと自分では思っています。

重量はターボブルーを貼っているのでいやでも重たくなります…笑



■過去に使用した粘着ラバー


高品質キョウヒョウ系

省狂NEO3ブルー、オレンジ

国狂3.5、8ブルー、NEO3ブルー


ターボブルー、ターボオレンジ

普狂3.5、8、9(バイオレット)


国天極2ブルー、天極NEO3


WRM特注

キンプロ(パープルスポンジ)、メイスプロブルー(48.46)、パラディングリーン、太陽プロ極薄、APOLLO5(40.39.38)木星2ブルー(36)、アレス(52)、ターゲットブルー

金星2ブルー


その他

スピンアート、愛鯨2、ゴールデンタンゴ、ディグニクス09c、オメガ7光、ラクザZエクストラハード・トリプルダブルエキストラ・DNAドラゴングリップ


粒高

グラスディーテクス、エリミネーションエキストラロング


ドナックル 天王星 カットマン用クレア



■所有ラケット(今無いものも含む)

アウォードオフェンシブ

レッドローズ

和の極み蒼

松下浩二スペシャル

幻守

エキスパートカーボン

ヴィルトゥオーソマイナス

キョウヒョウ龍5

キョウヒョウ龍5X(現在のメイン)

koki niwa

クリッパーウッド

張本智和インナーフォーススーパーZLCCS(現在のサブ)

丹羽孝希ZC


使用用具1

ラケット:キョウヒョウ龍5X

フォア:キョウヒョウプロ3ターボブルー(特厚)

裏面:ラクザZエクストラハード(特厚)


使用用具2

ラケット:張本智和インナーフォースSUPERZLC-CS

フォア:キョウヒョウプロ3ターボブルー(特厚)

裏面:ラクザZエクストラハード(特厚)


龍5と張本は対戦相手のスタイルや自分の調子と気分で使い分けてるので実質両方メインです。



■レビューする商品名

丹羽孝希ZC


■使用環境

ラケット: 丹羽孝希ZC

フォア: キョウヒョウプロ3ターボブルー(特厚)

バック:国狂3-50 キョウヒョウ9バイオレット(2.1mm 37度) ラクザZエクストラハード

重量:裏面国狂時203g、キョウヒョウ9時196g、ラクザZ時196g



■はじめに

丹羽孝希ZCを買った理由は仕事でボーナスの時期で元々ビスカリア等のアウターラケットを使ってみたいとは思っていましたがワンコースはいいものの結局のところ全面や試合でのことを考えると球が落ちたりはたまた吹っ飛ばしたり全体的に棒球になったりすることも人のラケットを借りた時はそう感じました。
ウッドじゃないカルテットベースの丹羽孝希のラケットも持っていますがあれなら使えるけど別にわざわざ使う理由があるのかという感じで張本スーパーZLCを所持している今は張本の方が使いやすく自分の中では上位互換な感じがしていました。それでも何故このラケットを買ったのかというと、仕事の方でボーナスが貰え、キョウヒョウ王3や皓3等中古でいいやつないかなーと掘り出し物あったら買おうかなくらいのノリで見ていたところ丹羽孝希ZCで中ペンは元々ないのですが改造してストレートが短くなっているのがあって値段も3万円定価が1万2千円で売っていたのを見つけて気になってレビューも少ししか無かったのでベースモデルのゼクスギアアウトをよく調べて買いました。ゼクスギアは名前は知っては当然いましたが値段が1万2千円とそんな安いとは知らなくて驚きでした。てっきりボルALCとかと同じようなもう18000円とかそのくらいなのかなと思っていてレビューもコスパがいいとかビスカリア等が高いと感じる方にもおすすめとよく見たので本題からは逸れてしまいましたがゼクスギアファイバーも気になりました。
ゼクスギアアウトと比べて丹羽孝希ZCは表面がヒノキになっているとのことで球持ちと弾みが上がっているラケットとのことでそれだけで値段が2倍以上になるのもどうかと思いますがそれだけの丹羽選手のネームバリューというかゼクスギアシリーズを安くし過ぎたツケが回ってきてるのかなーと思いました笑

ゼクスギアアウトは硬いという方も結構見られたのでヒノキになってマシになって使えるといいなーと思う一方で弾み過ぎてもなーとも思う気持ちで購入しました。ちなみにゼクスギアシリーズは試打したことがありませんでした。周りの話を聞いたことがあったのはファイバーだけでした。

カルテットベースのkoki niwaやティモボルALC等とも比較しながらレビューしていきます。(koki niwaはカルテット丹羽、丹羽孝希ZCはZCと表現してレビュー書いていきます。)今回はフォアに貼ったターボブルーは2年使って保護シートせずにカバンの中に放置してたものを使用してますので長持ちして自分もかなり使い慣れてるキョウヒョウとはいえ少し新品にしたら異なる感触になるかもしれません。いつものように第1印象と継続使用してみてのレビューの2回に分けるスタイルはこのラケットでももちろんそうしますのでよろしくお願いします。とりあえずレビュー書く前(7.20)に新品買いました笑



■攻撃技術全般(ドライブ・スマッシュなど)

軽打

飛ぶとはもちろん思いましたが予想以上に柔らかさと弧を描いて飛んでくれました。持ってるインナー2本(キョウヒョウ龍と張本スーパーZLC)よりも打球感は絶対柔らかいです。それでいてアウターらしく深く飛ぶ感じがしました。カルテット丹羽の方が硬い中に球持ちを感じるラケットでZCの方が柔らかくて球持ちがあって飛距離の出やすいラケットだと感じられました。


対上回転ドライブ(フォア)

ドライブになってもやはりアウターらしく直線的に飛びすぎでネットに刺さるということはほとんどありませんでした。当然インナーのラケットよりは直線的ですが1度上に上がってそこから真っ直ぐ深いところに落ちるという感じでした。回転量もほとんど落ちず深く速くなってあれ、いつもの龍5と張本より良くない…?って自分で思いました笑

受け手は回転量はやっぱり減ってはいるけど速さと深さがかなり上がってるし私の打ち方を見ていてもそんなにキツそうにも見えないし良さそうとのことでした。あとは打感がかなりいいですね。ヒノキのおかげでアウターカーボンとはあまり思えず木材プラスアルファくらいの打感でアウターの弾みという感触で気持ちよく連打出来ました。丹羽選手モデルということで前陣でドライブ連打を真似!とか言ってやってみましたが過去一やりやすいし質も高いと思いました。
いつも使うインナー系だと球持ち過ぎてオーバーしたり弾みがないからネットしたりそもそも相手を押せる球威は出にくかったのですがさすがアウターですね。カルテット丹羽でもやってみてやりやすかったと思いますがZC程柔らかくない分多少やりにくいですね。収まりはカルテット丹羽の方がいいとは思います。


対上回転ドライブ(裏面)

貼れる生きてるラバーが国狂3-50くらいしか初めなくて打感があまり好きではないのとキョウヒョウ9(バイオレット)も使い始めてまだ打ち方や癖を理解出来きってないので基本的に裏面のレビューはフォア面に比べたら説得力に欠けるかもしれませんがそこはご了承ください。

裏面はラバーがいつものラクザZじゃないのもあってか張本とキョウヒョウ龍5Xの方がいいです。しかし球の上がりやすさはあるのでアウターで落ちてしまうということも特になく弾みがシンプルに上がった感じでした。裏面はかなり表面だけで当てる打ち方なので基本何使っても対上回転に関しては違いをそこまで感じにくいのですが、個人的にはバックは水谷隼ZLC等の硬いアウターの方がむしろ回転かけるだけで球が走ってくれるので小さいスイングで戻り早く出来るので弾みにさえ慣れられれば対上はいいなと感じます。でも対下回転のバランスを考えるとこのくらいだとちょうどいいのかもしれません。ただ、面が小さい(普段の2本が大きい)ので少しヘッドが返りにくいので威力出しずらくは思いました。まだよく分かってないラバー2枚なのでラクザZをいずれ貼って最レビューします。

カルテット丹羽と比べると柔らかい分、落ちにくくて飛距離も出るという感じでした。初速はカルテット丹羽の方が早いのと回転量は擦っただけだと少し上なように感じましたが大差なくて球の深さと回転のかけやすさはZCの方が上に感じました。

ラクザZにするといつものインナー2枚より威力が出しにくいと思いました。柔らかすぎるというか球を持ち過ぎて上に上がるだけで相当伏せないと難しいと思いました。使い古したラクザZなのでそう思っただけかもしれませんが少しだけ使いづらく(インナーに貼る方が相性いい)感じました。また再レビューの時には新品貼った感想を書きます。


中陣ドライブ(フォア)

丹羽選手モデルなので基本前陣重視だと思っていて、実際、前で早い打点で連打するのがかなり良かったのですが下がっても飛距離が出やすいのと意外と上に振れば弧を描いてくれるのでかなり良かったです。やらないですが単純に当てただけだと水谷隼ZLCやティモボルALCの方がいいように感じましたが柔らかい打感と球持ちで上に上がる分ZCの方がいいように思いました。掴んで飛ばすような感覚でちょっと感動したので手打ちや手首だけでやることもやってみたら余裕で入りました。予想外でした。


中陣ドライブ(裏面)

裏面に関しては私の感覚・好みなのかもっと球持ちの良い張本スーパー、キョウヒョウ龍の方が良かったです。というのは裏面は結構直線的に飛ぶラケットはネットに引っかかってしまうことがいつも多いのでインナーで飛ばない分、しっかり回転かけて飛ばす方が自分には合っていると思いました。キョウヒョウ龍だと回転だけでスピードは物足りなさを少し感じるので張本スーパーだと球持ちと弾みの両立が出来ていいなと思っています。ZCも他のアウターと比べたらできる方かなと思いますがあまり好きではないですね。
というかバックドライブで下がった時は回転かけてしっかり繋げれればよっぽどの人にとってはいいと思うのでそこまで私的には重要視していません。下がるとキツいと思うレベルでなければ。とりあえずネットに届くかつ、ネット直行せずに回転かかって入ればと思っています。下がってプレーするプロ選手の代表の水谷隼選手もおっしゃってましたよね。バックドライブ強打ってほんとに必要?って。基本早い打点で振れれば十分かなと私も思います。振れたらかっこいいのはめちゃくちゃ分かります笑


対下回転(フォア強打)

やっぱり予想外にしっかり上に上がってくれて深くに沈んでくれます。回転量も不満無しです。アウター使ってない人が使った時あるあるのネット直行やオーバーミスというのは全然ありませんでした。力もそこまで必要なく球持ちも感じられてかなり安定してくれました。アウターユーザーの方には当然のことなのかもしれませんがインナーで打つ時個人的には普段のキョウヒョウ龍や張本よりも好きかもレベルで気に入りました。間違いなく過去打ったことあるアウターの中では1番好きですね。


対下回転(フォアループ)

少し球は低く深くなりますがしっかり球を掴んで打てる感覚はあります。張本と比べてみたらラバー新品貼ったZCよりも半年くらい使用した張本に貼ってある同じターボブルーでも回転量は多く出せました。打感は柔らかくて回転かかっているように感じますが実際はアウターの特徴が出てくるのかなと思いました。アウターならアウターで硬いので表面だけでベストなタイミングで擦れるとむしろインナーよりかかっている感覚はありますがZCにそれはないように思いました。上限値が低いけど下限値は高い、そんなラケットかなと思いました。
得意で点を取りに行く時も使う私で重要視している身なので少しそう思うかな程度でやりやすさというのはかなりあると思い安心感はありました。ループの上限値はカルテット丹羽の方があるように思いました。また単純なループの上への上がりやすさはカルテット丹羽の方が新品をZCに貼っていて、使い古しをカルテット丹羽に貼っていたのにカルテット丹羽の方が上がるように感じました。不思議でした。


対下回転(裏面強打)

飛距離が出るので深くに落ちてくれます。それでいて硬くはなくしっかり球掴んでくれるので落とすということも少なく、いいかなと思います。振れないと落ちるかと言われると流石にインナーよりは落ちますが飛距離はあるのでネットは越えてくれると思います。棒球になって簡単に返されるということもなかったです。ラクザZを貼ると球を持ち過ぎて中々威力が出しづらかったです。


対下回転(裏面ループ)

ラバーがいつものラクザZじゃなくて少し感覚が違うのですが球はしっかり掴んでくれる感覚はあります。対上はもっと離れが早くてもいいかなと思うこともありましたが対下だと安心感がありました。しかしやはりインナーの方が安心感も威力も自分の打ち方では出せます。

ラクザZを貼っても問題なく打てます。


カウンター

フォア

いつも選手モデルを使うとその選手の得意というか目立つ技術がやりやすく感じるのは思い込みなのかその選手になった気分なのか分かりませんがやはりカウンターはかなりやりやすいです。(キョウヒョウ龍は使っても馬龍選手にはなれませんでした笑) 球はしっかり掴むのですが今までのドライブ系よりも直線的になって力抜いて上から引っ掛けて前振るだけでかなり突き刺さります。安定感も威力もここまでやりやすいラケットは個人的にはなかったです。
カルテット丹羽もやりやすかったですがカルテット丹羽よりも柔らかく飛距離も出るので落ちることが少なかったです。打点を落とした時はインナーの方がやりやすいようには感じました。甘い球は全部カウンターにいけるくらいやりやすいラケットだと思います。ちなみにフォアカウンターは卓球の技術で1番下手だと思っている技術です。次はブロックです。


裏面カウンター

裏面は結構感覚がある方だと思うので普通に出来ました。どっちかといえば普段のインナー2本の方が収まるなぁと思いましたのでフォア程特別やりやすいとは思わなかったです。


角度打ち

角度打ちは柔らかいので打感は気持ちいいのですがやはり弾みが強くてオーバーミスが目立ちました。結構球持ちが良いとは書いていますが離れは早いというか初速はあるので直線的でネットを越えないこともありました。角度打ちを多用する戦術ではないですがやりやすいとは感じませんでした。普段のキョウヒョウ龍が収まって適度な硬さでやりやすいけど少し持ちすぎて威力とナックルが出にくいとは思いますし、張本スーパーだとぶつけるとスーパーZLCでかなり弾けるけど少しシビアではあるけど威力満点でナックルになりやすいのと角度打ちはどれ使っても何かしら不満はある(おそらくスタイル的に使わないことと、シンプルに技量がない)感じがします。
とはいえ全く使わないわけではなく時々アクセントで使うのですが特にやりやすくもやりにくくもないなと思いました。表には結構良さげなイメージが柔らかい打感なのであります。表は打感の良さが大事な要素だと思いますのでZCはおそらく結構いいと思います。



■守備技術全般(ブロック・ツッツキ・カットなど)

ブロック

まずは面が中ペンじゃないので小さいので当たらないのが唯一で最大の不満です…笑 そこを無視すればアウターなのでやはりインナーより相手のドライブの威力を感じにくいというか押し負けなく返しやすいです。
改めてインナーのラケットはドライブの威力が手に伝わってくるなと後で打った時に感じました。ボルALCなどは押されなさはZCよりもあると思いましたがより離れが早いので時々落としたり弾いてしまってオーバーすることがありましたがZCは押されなさを少しだけ犠牲にして上板ヒノキで柔らかい打感でコントロール製がかなり上がってるラケットだと思います。ブロックはカーボンラケットなら1番やりやすいかもと思いました。

あとは余談ですが丹羽選手はカットブロックを試合でよく使っていて遊びでやってみましたが何故やりやすいか説明難しいのですがとにかくやりやすかったです笑


ツッツキ

特に不満なしでした。回転もかかるし飛びすぎてしまうこともなかったです。気持ち弾みますが張本スーパーZLC使ってることがある身からすると違和感なく出来ます。



■サーブ・レシーブ・台上技術

フリック

球持つとか柔らかいと表現はしていますが実際離れは早いけど打感が柔らかいし実際持てる時は持てるという表現が正しいです。フリックになるとインナーで持って離す感覚がなくなって弾いてしまって少し難しいなと思いました。あとは当然インナーよりは収まらないです。フリックだけはやりにくい(アウターに慣れていないから)と思いました。が、特別やりにくいとは思わないですね。


ストップ

これも全く問題なく止まります。ちゃんと切る事も出来ます。表面はヒノキで柔らかいので操作性はちゃんとありますね。ボルALCや水谷隼ZLCなどだと止めづらいなと思いますが。ZCはちゃんと止まります。


チキータ

面が小さいので少し当てるのに気を使いましたがそれ以外は特別問題ありません。チキータは球を持ってくれた方が私としてはやりやすいなと思うので張本スーパーZLCとキョウヒョウ龍の方がやりやすいなと思いました。特に遅い横強めのチキータはインナーのラケットと差がはっきりでました。前に振る時もキョウヒョウ龍よりは威力出ますが張本の方が弾みと球持ちが両立出来ていて安定して速くて回転かかったチキータが打てました。



■おすすめな方

・アウターで球持ち良いラケットが使いたい方

・前陣連打したい方

・カウンターのしやすさ、威力を求める方

・打球感柔らかいのが好きな方


■おすすめ出来ない方

・下がってプレーしたい方

・一撃で撃ち抜く卓球がしたい方



■まとめ

良いところ

・弾みはアウターZLC並、ALC以上な感じがしますが球持ちはそれらと比べたら数段階上

・カウンターが恐ろしくやりやすい

・ブロックも同じく(アウターは全般そうなのかも)

・台上も適度な硬さで弾みすぎずやりにくくない(個人的にはアウターALC、アウターZLCよりやりやすい)


悪いところ

・台上では球持ち感が減るので慣れるまでは違和感があるかも

・(個人的)愛用してるラクザZエクストラハードとの相性は悪い



■総評

ほとんど悪いところ述べてないことからも分かるかと思いますが私としては相当気に入りました。ちゃんと酷評する時は酷評しますのでいつも忖度はなしで投稿しています。
気になるところの唯一の点は面の大きさで普段使っている張本とキョウヒョウ龍より小さいので特に台上技術の時に当たらない・角るということが多発しています。一方でドライブやバック対バックの時には軽いのですぐ戻れるのでいいとは思いますしスタミナも使いません。
が、自分のスタイル上そこはあまりメリットに感じません。台上の操作性とただでさえまず当てるのすら下手くそなブロックが当たらないのは大問題で他は気に入ってるし悪い所がないと言っても過言ではないのですが重要視している部分が欠けているのでうーんと思います。面が数ミリ小さいだけでこんなに自分でも不満になるとは思っていませんでした。普通の大きさのラケットから大きい面になった時は重たいのとブロック当たりやすいとしか思わなかったのにそれが当たり前になると不満になりますね。仮にこのラケットが面がデカくて、もしくは中ペンが出てシェークより大きいなら2本のメインラケットから乗り換えてもいいレベルで気に入りました。
まあ慣れればとも言えますし、当たれば別にやりにくいラケットではないと思います。むしろブロックはやりやすいと思いますね。いいところとしてはこれだけ弾むのに打感が柔らかくて落ちないし吹っ飛ばさない、ターボブルーでも力抜いて振ってもドライブ入る、それでいて台上はしっかり止まる、ブロックも押し負けないし、打感はインナー以上に柔らかい、カウンター鬼のように入るといいとこ尽くしです。粘着ラバーとの相性も抜群で、普段ディグ05ユーザーの方でターボブルーは絶対使えんといつも言ってる方もZCに貼ったら使えるかも!いつものキョウヒョウ龍と張本だと無理だけど…とも話してました。ターボブルーなのに使いやすい、そんな声が何人もいたので本物だと思います。
逆にそのくらい球持つし上がるので上がるラバーのラクザZとは相性が悪くアウターらしい球が全く出せずにモコモコした打感というか球は絶対的に弾まないキョウヒョウ龍の方が確実に走りました。なのでラクザZエクストラハードは決して柔らかいラバーではありませんが上に上がる性質の強いラバーとは相性が悪いと思います。個人的にはラクザZエクストラハードは今まで打ったラバーで2番目に上に上がる性質が強いラバーと思っています。(1番はWRM特注キングプロパープル)



■補足

これから色々試していきたいですが1番裏面に好きなラクザZが難しいと感じている今合いそうな予感がしているのはディグニクス09Cと思っています。しっかり練習出来る時間があればディグ09Cを使いたいと感じていますのでまたそのうち貼ってみようかなと思います。ハイブリッドK3はインナーフォースレイヤーZLCに貼ってあるのを打った時には好みではないと感じましたが合うかもしれません。

新しいラバーとしてはブルースターA1が気になっています。あとはオメガ7チャイナ影… 流石に裏面には貼りませんが… 試しならありかも笑次回はキョウヒョウ9バイオレットをレビューします。



■他ラケット比較


弾み(軽打)

水谷隼ZLC>=丹羽ZC>インスピーラ>=レガシィカーボン>ティモボルALC=張本スーパーZLC>=丹羽孝希>=張本ZLC=インナーフォースレイヤーALC>キョウヒョウ龍5X


弾み(強打)

水谷隼ZLC>=丹羽ZC>インスピーラ>=レガシィカーボン>ティモボルALC=張本スーパーZLC>= 丹羽孝希>=キョウヒョウ龍5X>=張本ZLC=インナーフォースレイヤーALC


回転量(MAX)

キョウヒョウ龍5X>張本ZLC>インナーフォースレイヤーALC>張本スーパーZLC>ティモボルALC=丹羽孝希>インスピーラ>=丹羽ZC>レガシィカーボン>水谷隼ZLC


回転量(かけやすさ)

インナーフォースレイヤーALC>張本ZLC>キョウヒョウ龍5X>丹羽ZC>丹羽孝希>張本スーパーZLC=ティモボルALC>インスピーラ>レガシィカーボン>水谷隼ZLC


球離れ(硬さ)

水谷隼ZLC>レガシィカーボン>インスピーラ>ティモボルALC>丹羽孝希>張本スーパーZLC>丹羽ZC>キョウヒョウ龍5X>張本ZLC>インナーフォースレイヤーALC