Nexxus EL Pro50 SuperSelect





















シレントさん


■自己紹介

中学生の時に卓球部所属。地区大会1回戦負け位の初級者です。3年前から活動再開してます。


レビューする商品名

Nexus EL PRO SUPERSELECT 50(黒2.0mm)


使用環境

ラケット: 斬守シェーク

裏面:Nexus EL PRO 48



はじめに

旧ELPRO50°に惚れ込み(使いこなせていたかは別として)長いこと使ってましたが、この度SUPERSELECTの出現によりどんな感じになったのか知りたく購入してみました。旧50°(かなりのじゃじゃ馬でしたが)と比較しながらレビューしたいと思います。カット時の重量は48g。思ったよりは軽め。


全般に旧50°に比べてシートが薄いからなのかそれとも素材が柔めなのか硬さは余り感じず。それでもスポンジ自体の硬さは変わらない印象。ちょっと気になるのは旧50°のシートのパンパンに張り詰めた感じが無くなった事です。



攻撃技術全般(ドライブ・スマッシュなど)

フォア打ちでは旧50°に比べて食い込みがよく少し球を持つ感じ。なので思ったよりコントロールし易いです。ドライブに移行すると収まりはいいけどスピードが旧50°に比べて若干落ちる。おまけに回転も弱い。初っ端から旧50°との違いが大きく面食らう。


旧50°では意識しなくても当てれば強いドライブが出ていたのですがどうもシートの引っ掛かりが弱い様子。なので擦るよりもスポンジに食い込ませる事を意識して打ち込むと旧までとは行かないものの、ある程度弧線が出てコントロールし易いスピードと回転の乗ったドライブが出るようになりました。個人的には対上回転ドライブでのオート感が無くなったのが結構残念。


対下回転ドライブでは食い込み易くなった事により球持ちが改善されて、物凄く上げやすくなりました。旧50°ではここが弱点の1つだったのでかなりの好印象。ただ、ループドライブはそんなに弧線が出ないです。スマッシュは球持ちが良くなった分ちょっと扱いにくく、速度も落ちた印象です。(まぁそれでも十分速いですが)


全般に攻撃に全振りしたような旧50°に比べかなり扱いやすく(とは言っても初級者にいきなりはおすすめしませんが)、バランス型に大きく移行した印象なのですがちょっと振り幅が大きすぎて旧50°を使っていた方には不満が出る感じがしました。



守備技術全般(ブロック・ツッツキ・カットなど)

ブロック

旧50°では相手のドライブを加速して跳ね返す、いわゆるブロックなのにカウンターが出せたのですが、残念ながらそれはなりを潜めてしまいました。(それでも十分に速いんですけど)とはいえシートの弱さが逆に回転影響をかなり受けにくくなった印象で、コントロールがやりやすくなった印象です。速度が低下した代わりに振り回すブロックに向いていると感じました。


ツッツキ

ブロックと同じくシートが弱くなった影響からか回転の影響が出づらく、長短のコントロールがやりやすくなりました。ただ気持ち浮く印象です。

カットは専門外なので省略。



サーブ・レシーブ・台上技術

サーブ

旧50°に比べると回転と速度の総和が少し減り、特徴だったロングサーブの破壊力は落ちてしまいましたが、サーブのコントロールの向上。特に短いサーブが出しやすくなっており、様々なコースや回転を織り交ぜるサーブマンには向いていると思いました。


レシーブ

ツッツキでも述べましたが回転影響の受けにくさがゆえやはりコントロールしやすく、ツッツキ、ストップ類は安心して打ちに行けます。また旧50°はどうしても短く抑えるのが困難でしたが、こちらは長くも短くも自由自在で決めに行くと言うよりは相手の体勢を崩す、打ち込めないようにするといった戦術向きだと感じました。


台上

旧50°の特徴が際立つがゆえ余り良い印象が無いと思われがちですが、ここが今回の光る所ではないでしょうか。距離のコントロールがやりやすいゆえに台上ドライブ、チキータ類はスピードよりも(とはいえやっぱり速いですけど)落としたい場所へ正確に送りやすく、直接得点を奪いに行くよりもコースをついて振り回し、相手の体勢を崩して追い込むスタイルを好む人にはうってつけじゃないでしょうか。



おすすめな方

総じて戦略、戦術を考えており、色々な技術が使用可能な上級者。(パワー系よりも技巧系向きではないかと思いますがスポンジは固く感じるので多少なりとも力は必要かも)

日ペン使用者。



まとめ

正直最初は非常に使いにくく、駄目ラバーかと思いましたが色々思考錯誤を重ねてやっと特徴がわかってきたかなといった所です。自分の技術が低く性能を全て発揮出来ていないというのが率直なところで、もっと技術のある方が使えば違った結果が出るかもしれません。いや、出るだろうなー(技能不足ですいません)そんな中よくよく考えてみると裏面に貼っているnexusELPRO48°(SSじゃない方)に似てるなと思いました。とにかく穴がない。かつSSシリーズ特有の球持ちからくるコントロールのし易さと、旧ELシリーズには無い程よい弧線の高さが安定度を上げていると感じました。こういうラバーが本来勝ちやすく優秀なんでしょうが、特徴が際立たないがゆえに目立ちにくく売れにくいのかなと思いました。



補足

旧50°の3つの特徴。ロングサーブの破壊力、対上回転ドライブの優位性、ブロックがカウンター級をできるだけそのままに、扱いやすくなればなぁ〜と期待していたのですが、逆に扱いやすさにより過ぎたのが旧50°愛好家にはちょっと(いや、結構)残念でした。ただし、ラバーの耐久性はかなり向上してます。(端が欠けない)