98a6e047
































アンチマン


■自己紹介

こんにちは。シェークバック粒、前陣異質攻守のアンチマンです。


レビューする商品名

TIBHAR エボリューションMX-D

黒 アツ(1.9〜2.0)


使用環境

ラケット TRiAD FL

フォア エボリューションMX-D

バック MONKEY ox


はじめに

威力を求めてテンションに変え、XIOM社のジキルアンドハイドz52.5というテンションラバーを使っていましたが、練習頻度が落ちてしまったのと、より安定感のあるプレーを求めてラバーを探すことにしました。ジキルアンドハイドz52.5は、しっかりと体を低く体重をのせて打てたときのボールの破壊力がお気に入りでした。サーブの回転性能の高さも重要でしたが、とにかくパワードライブ。その質の高さが大きかったと思っています。


しかし、52.5度という硬さは、いくらテンションがかかっていて数字よりもちょっと柔らかく感じるとはいえ、練習頻度が落ちてしまった途端にかなり硬く感じられるようになってしまい、威力の最大値の高さは感じられても他の技術や繋ぐドライブなどで安定感に欠けてしまう。

こういった事により、もう少し硬度を落とすことにしました。


このラバーはかねてよりその性能の高さを見聞きしていました。改めて調べてみると、硬度51.5度で求めている硬度よりは若干高かったですが、スピン性能の高さなどかなりの高評価を得ていることなど、数々の私の背中を後押しするものがあったため、購入しました。


『威力と安定感を兼ね備えたMX-Pの使いやすさをそのままに、MX-Sの回転力が融合』(メーカー公式ウェブカタログ、商品紹介より引用)メーカーの文句も、私が求める『威力』『安定感』『回転力』と魅力的なフレーズが躍っていて、期待値は高いです。楽しみに試打しました。


まずレビューの前に外観から。

シートはとてもきれい。スポンジは赤っぽい橙、でしょうか。気泡が細かく詰まっている印象を受けました。粒が少し太いでしょうか。モールドにある『スピード スピン パワー』の文字が、しっかり自分を主張しています。


今回の比較対象は

・ジキル&ハイドz52.5(一部Zと表記)

・DNAプラチナXH(一部DNAと表記)

です。これまで行っていた粘着との比較は、一部特筆すべきものがあったときのみとします。

また、エボリューションMX-Dは『☆』と表記します。

ではレビューしていきます。



攻撃技術全般(ドライブ・スマッシュなど)

ドライブ

まず一番に感じたのは、『ちょうどいい飛び』でした。ジキルアンドハイドz52.5はかなり飛ぶラバーで、それによるオーバーミスもネックだったのですが、これは姿勢が多少高くなっても入ってくれる。これがかなり快適です。コントロールも問題ありません。


また、回転性能も文句ありません。ジキルアンドハイドz52.5は直線的で突き刺さるようなドライブであるとするなら、こちらはそれよりも弧線が出ます。二速が伸びるなどの粘着ラバー的な変化もなく、比較的きれいなドライブですが、安定感がある。


体勢を下げてしっかり振れば、威力のあるパワードライブも出ます。威力の最大値はジキルアンドハイドz52.5に劣れど、得点力のあるものは出ますし、むしろラリーが続くときは安定感の高さがかなりいいです。51.5度と聞くよりは柔らかく感じ、下げられてもしっかり打てる。飛びついたときなど、ちゃんとした体勢で打てなくても安定します。ハードラバーの難しさをあまり感じないです。


個人的に面白く感じたのはカーブドライブ。しかも思い切りボールの横を擦ったときの曲がり方がかなり良かったです。飛びすぎないので安定感もある。意表をつくにはかなり良いと感じました。ジキルアンドハイドz52.5と比べれると、総合的にはこちらに軍配が上がるかなといった感じでした。


ドライブの回転量の最大値

DNA≦☆<Z


ドライブの回転の欠けやすさ

Z<☆≦DNA


ドライブの安定感

Z<DNA≦☆


癖玉はあまりないかなといった感じです。そこはネックに感じる人もいれば良いと感じる人もいると思います。個人的には、そこだけは物足りないなと想いますが、それでも『安定感』『打ちやすさ』などそれを補って余りある良さがありますね。


スマッシュ・ミート打ち

特筆すべきところはないかと思います。若干スピードは落ちたかもしれません。前陣でのはやい打ち合いなどでは、ラケットそのものが若干軽くなったので楽になったというような事はありました。


スマッシュのスピード

DNA≦☆≦Z



攻撃技術総評

『安定感』これが最大の印象です。回転もスピードも威力も文句なし。癖のないちゃんとした球になるが、ラリー強さなどは一級品です。DNAプラチナXHは、繋ぎのドライブでもものすごく重い質の良い球になるが、強打の威力はジキルアンドハイドz52.2に劣る。


ジキルアンドハイドz52.5は、強打の威力が飛び抜けてよく、他の技術もちゃんとこなせるが、硬さと飛びがネックとなり安定感に若干欠ける。と評すならば、その間のちょうどよいゾーンの少しジキルアンドハイドz52.2に近いようなところに位置しているのではないでしょうか。


少し粘着ラバー(オメガ7チャイナ影・キョウヒョウプロ3ターボブルー)との比較をするのであれば、癖の無さと回転量には大きな開きがありますが、スピード・扱いやすさにはエボリューションMX-Dに軍配かなと。ちょっとドライブの感覚は違いますね。一般的なテンションと粘着ラバーとの間の開きと同じくらいには差があると述べておきます。



守備技術全般(ブロック・ツッツキ・カットなど)

ブロック

やりやすいです。やはり安定感がある。咄嗟に手を出しても、スピードのある鋭いブロックが出ます。若干得点源になります。シートが強いからか少し食らう感じもありますが許容範囲かと。

カットブロックしたり曲げたりなどちょっと手元で弄るようなことはあまりやりにくいかなと。


ブロックの安定感

DNA≒☆≒Z


ツッツキ

かなり良いです。しっかりかかる。やりやすい。短く止めるもよし、曲げるもよし、切るもよし、普通につっつくのもよし。台上のところでも述べますが、台上のちょっとした技術がかなりやりやすいです。


ツッツキの安定感

Z≦☆≒DNA


ツッツキの切れ味

Z≦DNA≦☆


カット

検証できず。



守備技術総評

特筆することはありませんが、とにかく『安定感』。目立ったやりにくい技術というのはありません。ジキルアンドハイドz52.5よりもツッツキはやりやすい。ちょっと軽くなったとは言え別に押されるような感じもなく、全く問題ありませんでした。『そつなくちゃんとこなせる』そんな感じです。


粘着ラバーと比べるならば、ツッツキの切れ味や曲げたときの変化幅は落ちますが、そんなに、だからどうってことは無いですね。



サーブ・レシーブ・台上技術

サーブ

巻き込みがかなり良いです。かなり切れる。ロングでもかなりスピードがでる。コンパクトにしっかり切ったときにかなり掛かるという感じです。YGサーブもやりやすいですね。面をしっかり寝かせ手首をつかう曲がり重視のものもしっかり曲がりますし、ジキルアンドハイドz52.5よりも掛けやすさと弾道の低さを感じました。面を立てたものの回転量は少し落ちました。ロングのときのスピードも負けます。少し鋭さを失いました。比較的面を寝かせて擦る方がよいのかもしれません。


横上回転は文句なくよくかかります。横下は若干かけにくいですかね。真下も同様です。擦りきれない感じというか、ちょっと掛けにくさがあります。実際回転量が少なく点を取りにくくなりました。研究が必要そうです。


ジャイロ回転でサイド切りを狙ったものと、王子サーブなどのスピード系は若干調整が難しいです。オーバーしがちです。バック横下サーブの回転量は文句ありません。とにかく巻き込みですね。ガツンと切ったときの猛烈な回転量。切りやすさを感じました。


サーブの回転量の最大値

Z≦DNA≒☆


サーブの掛けやすさ

DNA≦Z≦☆


スピードロングの早さ

☆≦DNA≒Z


レシーブ・台上技術

この安定感がすごいですね。切るもよし止めるもよし曲げるもよし払うもよし。ツッツキもフリックもストップもいい。やはり猛烈な『安定感』を感じます。安定感というか、総合力の高さのほうが正しいかもしれませんね。個人的にはフリックがかなりいいなと思いました。なかなか鋭い。コースも狙いやすいです。『総合力』これに尽きます。


ストップの止まり

Z≦DNA<☆


フリック

DNA≦☆≦Z



おすすめな方

パワーのある選手にはもちろん、硬めのラバーに触れてみたいのであれば、前に使っていたものにもよりますがいいのではないでしょうか。51.5という硬さほどの感覚はありません。それより柔らかく感じます。中級者で多少パワーのあるドライブマン、例えば高校生などは使ってみてもいいのかなと思いますね。


一撃の破壊力を追うならばジキルアンドハイドz52.5の方が良いですが、より万人にとって良いと感じられるラバーはエボリューションMX-Dでしょう。



まとめ

『安定感』『総合力』

この二言に尽きます。快適に卓球ができます。おそらく技術が磨かれていけばさらにそのポテンシャルを発揮してくれるのでしょう。まだ何かを秘めているような気もします。少し文句を言うのであれば、やはり若干球が綺麗な気もしますが、ラリー負けしないラバーの強さなど、補うことのできる要素は多くあるのではないでしょうか。TIBHAR社はこのごろよく名前を聞くメーカーですよね。その評判に違わぬ大変良い性能でした。しばらく使おうと思っています。



補足

このラバーが好感触だったので、周辺の硬度帯で他社のラバーも探してみようと思います。ジキルアンドハイドz52.5とエボリューションMX-Dの間にキョウヒョウを挟んだのですが、全く扱えなくなっていて驚きました。慣れとは恐ろしい。