スクリーンショット 2023-10-15 20.52.43
























■自己紹介

卓球歴10年(20134月〜現在)

中ペン裏裏粘着大好きマン♂です。


メインは両面裏裏ユーザー(ほとんど両面粘着)ですが、遊びでペン粒とカットマンとフォア表も練習・ゲームする事もあります。


実力に関しては中学時代県大会3回戦負け・市大会シングル準優勝・ダブルス優勝(シングル優勝者と組んで)・高校時代ブロック大会3位です。社会人なってから新体連オープン戦団体4部優勝、住んでる地区の大会で個人3位になりました。下手では無いと思います。上級者へ片足突っ込んでるくらいかなと自負してます笑


プレースタイルはフォアは粘着の癖を活かした回転重視のサーブとループドライブとカーブドライブと一撃ドライブとストップを駆使して、バックはツッツキ以外は裏面で常に速さよりも安定を求めて回転しっかりかけてます。


得意技術はループ&カーブドライブとフォアフリック、チキータ、ストップ。苦手なのはフットワークとブロック&カウンターです。なので回転量ある球が効かない人やブロック硬い人は相性悪いです


用具へのこだわりはブロックカウンター苦手なので面が大きくて当たりやすさと重い用具で押されなさが欲しいのと、上板が硬いとループとサーブ以外でミス多発してしまうので純木材5枚合板でも使えません。(インフィニティとか)あとは要所で一撃で抜ける道具がいいので上板柔らかいインナーで威力出せるものがベストと自分では思っています。重量はターボブルーを貼っているのでいやでも重たくなります



■過去に使用した粘着ラバー


高品質キョウヒョウ系

省狂NEO3ブルー、オレンジ

国狂3.58ブルー、NEO3ブルー


ターボブルー、ターボオレンジ

普狂3.589(バイオレット)


国天極2ブルー、天極NEO3


WRM特注

キンプロ(パープルスポンジ)、メイスプロブルー(48.46)、パラディングリーン、太陽プロ極薄、APOLLO540.39.38)木星2ブルー(36)、アレス(52)、ターゲットブルー

金星2ブルー


その他

スピンアート、愛鯨2、ゴールデンタンゴ、ディグニクス09c、オメガ7チャイナ光、ラクザZエクストラハード・トリプルダブルエキストラ・DNAドラゴングリップ・オメガ7チャイナ影


粒高

グラスディーテクス、エリミネーションエキストラロング


ドナックル 天王星 カットマン用クレア



■所有ラケット(今無いものも含む)

アウォードオフェンシブ

レッドローズ

和の極み蒼

松下浩二スペシャル

幻守

エキスパートカーボン

ヴィルトゥオーソマイナス

キョウヒョウ龍5

キョウヒョウ龍5X(現在のメイン)

koki niwa

クリッパーウッド

張本智和インナーフォーススーパーZLCCS(現在のサブ)

丹羽孝希ZC

キョウヒョウ皓3

アトレティコパワー

樊振東ALCCS


使用用具1

ラケット:キョウヒョウ龍5X

フォア:キョウヒョウプロ3ターボブルー(特厚)

裏面:ラクザZエクストラハード(特厚)


使用用具2

ラケット:張本智和インナーフォースSUPERZLC-CS

フォア:キョウヒョウプロ3ターボブルー(特厚)

裏面:ラクザZエクストラハード(特厚)


5と張本は対戦相手のスタイルや自分の調子と気分で使い分けてるので実質両方メインです。

レビューする商品名

キョウヒョウ9(バイオレット・37度・2.1mm)


■使用環境

ラケット: 丹羽孝希ZC

フォア: キョウヒョウプロ3ターボブルー(特厚)

裏面:キョウヒョウ9(バイオレット 37 2.1mm)


■はじめに

裏面ラバーにラクザZエクストラハードを発売直後から愛用していますがバックの打ち合いになった時とチャンスボールで撃ち抜けないことが悩みでそれを解決できないかなと今より硬めだけどしっかり球掴めるラバーとしてキョウヒョウだけどテンションで柔らかそうな37度のキョウヒョウ9を買って打ってみました。カラーラバーでブルーはパワー系、グリーンとバイオレットは変化系、ピンクはスピン系といった風に性能に差があるらしく、わったさんの動画を見てバイオレットが良さそうということでバイオレットを選びました。


■攻撃技術全般(ドライブ・スマッシュなど)

軽打

想像の何倍も柔らかくて弾みもしっかりあります。言われてもキョウヒョウと思えないレベルです。粘着テンションと言われると収まりが良い方かと思いますが柔らかさ的にはヤサカの輝龍に近いくらい柔らかいなと思いました。

ここで「あ、これは違うわ」と察しました。。

が、ちゃんと打ち込んでレビューはします。


対上回転ドライブ(フォア)

柔らかいし粘着もあまりなくシートも強くはないので回転量もスピードもあんまりでした

ただ、安定感はあります。


対上回転ドライブ(裏面)

バック(裏面)ならいいことを期待!と思って打ちましたが確かに裏面の方がフォアよりはいいですがやはり微妙スピードはちゃんとあって収まりも良く打ちやすいのですが回転量が物足らないです。


中陣ドライブ(フォア)

キョウヒョウと聞いて弧線で飛ぶと思っていましたがどの技術でも割と直線で飛ぶ(粘着の中では)ので難しかったです。また、柔らかいので飛ばせないということもあり前陣向けのラバーだと思います。弾まなくてもシートの引っ掛かりで飛ばせればいいのですがそこまで9のシートは強くないです。


中陣ドライブ(裏面)

裏面だとフォアよりはいいですが別に使う理由はないといった感じです。掴みは感じるのですが回転にそれが変換されない不思議な感覚です。


対下回転(フォア強打)

下回転打ちはかなりやりやすいと思います。粘着ラバーはシートの粘着力で上にあげやすく基本やりやすいと言われていますがキョウヒョウ9はそれにある程度の弾みと柔らかさもあるのでキョウヒョウシリーズの中では1番やりやすいかと思います。ただ、入りはしますが回転量やスピードは硬い他のキョウヒョウにはかなり劣る印象です。


対下回転(フォアループ)

上には上がるし収まりも悪くないのですが回転量はいまいちです。ただループするだけと思えば評価は高いですが粘着に興味がある人には満足してもらえないと思います。


対下回転(裏面強打)

裏面はやはりフォアよりもやりやすくそこそこ球も走ります。キョウヒョウと聞いて回転量で押していくプレーを想像すさると思いますがそれは無理ですがこのラバーにしかないそこそこの癖球と安定感で対下回転打ちの裏面だけ見たら変えてもいいかなと思えるくらい評価は高いです。


対下回転(裏面ループ)

ループとなると弧を描きにくいラバーの特性と柔らかさで回転量と上への上がりにくさが微妙です。ただ、安定感は抜群です。


カウンター

フォア

割と鈍感なシートなのと柔らかいので落ちずに収まってくれたのでやりやすかったです。


裏面カウンター

裏面はフォアに比べて薄く捉えるので時々落としてしまいましたが感覚掴めれば決して悪くないと思います。


角度打ち

バックミートはやりましたがやりやすいと思いました。他の硬いキョウヒョウとは違うやりやすさがあるように感じました。



■守備技術全般(ブロック・ツッツキ・カットなど)

ブロック

キョウヒョウあるあるの落としてしまうことは決してなく収まりも良かったのでやりやすいと思いました。シートも他のキョウヒョウに比べて敏感でないので飛ばされることも少なく感じました。


ツッツキ

少し飛びますが基本的にコントロールしやすいと思います。切れはまずまずです。



■サーブ・レシーブ・台上技術

サーブ、台上

フリック

柔らかいラバーでのフリックが好きな人ならかなりやりやすいと思います。収まるし鈍感でいいと思いました。


ストップ

ストップは流石キョウヒョウ。しっかり止まります。切れは他のキョウヒョウには劣ります。


チキータ

めちゃくちゃやりやすかったです。鈍感という表現もしていますが回転かからなかったり滑るわけではないですし、収まりもよく食い込むのでどんな打ち方にも応えてくれてミスする気がしなかったです。チキータは過去一やりやすいラバーでした。



■おすすめな方

・インパクトに自信がないけどキョウヒョウを使ってみたい方

・バックをそこまで振らないスタイルの方

(収まるのとミスは少ないので)

・柔らかいテンションからの移行



■おすすめ出来ない方

・粘着の打ち方を分かっていて柔らかい粘着を使いたい方

・回転量の多いラバーを求めている方

・弾むキョウヒョウが使いたいと思ってる方



■まとめ

良いところ

・フリック、チキータ、対下回転ドライブはかなりやりやすい

・粘着でもそこそこ弾むし柔らかい

・何しても収まりが良いし弾みがなさ過ぎて落ちるわけではない

・粘着の打ち方が分からなくても使える

(むしろテンションと同じ打ち方の方が良い)


悪いところ

・回転量、威力不足

補足

期待していたキョウヒョウ9の性能ではありませんでしたが柔らかくて弾みもよく、粘着らしさもあるけどないしとなんか中途半端だなという印象でした。37度を買ったのが間違いだったのかもしれませんが硬いらしい?ブルーを買うと良いかもしれません。自分にはあまりいいと思えなかったですが気になる方がいるとも思いますしレビューもなかなかないので何か参考になればと思います。

他のテンションユーザーに打ってもらっても満場一致で弾むという評価はありましたが回転はかからんというのも同じくでした。

とりあえず回転量と硬さには期待出来ないですが台上技術のやりやすさ下回転打ちのやりやすさは期待以上かと思います。弾みは粘着テンション並と思ってもらって大丈夫ですがちゃんとキョウヒョウの名前の通り他の粘着テンションに比べて収まりはいいし、コントロールはしやすいラバーだとは思うので一概に悪いラバーと貶すことは出来ないです。合う人には合うと思います。



■その他(DVDのレビューはこの欄にお書きください)

粘着はあまりありませんでした。

83-50の方があるように思います。まさに微粘着といった感じでした。


他ラバー比較

他のキョウヒョウのテンションシリーズの打ったことあるものの比較を載せます。

名前は数字で記します。


弾み(軽打)

9>国3.5(3-50)3.5>国8ブルー>8


弾み(強打)

8ブルー>8>国3.593.5


回転量(MAX)

8ブルー>国3.583.59


回転量(かけやすさ)

3.53.59>国8ブルー>8


球離れ(硬さ)

8=国8ブルー>3.5>国3.59