confusion





















rokka


■自己紹介

シェークバック粒愛好家


■レビューする商品名

CONFUSION LP(HALL MARK)


■使用環境

ラケット  インナーフォースZLC(廃版)

フォア   ジキル&ハイドH52.5 MAX

バック   CONFUSION LP OX

バランサー 10枚(10g


■はじめに

プラボールになりツブ高の変化量が少なくなり使用者が年々減少傾向にあると思います。長年、バック粒を使用していましたが変化表への移行も脳裏を霞めています。規則的な変化量、上回転やナックルボールに対する浮球対策の対応が出来ない悩みをずっと抱えているからです。新しいツブ高ラバーが発売される度にこの悩みが解決出来るかもと期待しつつ購入します。今回は老舗ツブ高メーカーのHALL MARK社CONFUSION LPという名前のラバーです。翻訳の説明では粘着性のツブ、実物ラバーには粘着ツブの上にフィルムが張り付き、剥がすとツブに粘着を感じる。粘着ツブ高ラバーに期待を込めて試打を始めます。



■攻撃技術全般(ドライブ・スマッシュなど)

普通のツブ高で攻撃すると回転をかけれないのでコントロール出来ずに浮いたりしますがこのラバーは裏ラバーのように上から粘着ツブで抑えることが出来るのでコントロールしやすい。弾道も普通のツブ高より低い。また特徴的なのは自分も相手も回転が全く分からないことで普通のナックル、上ナックルや下ナックルが粘着ツブの接着状態で変化します。相手にとっては脅威になります。


攻撃のスピード

 GRASS>>TACTICS>MONKEY


攻撃の操作性

 ★>TACTICS>MONKEY>GRASS



■守備技術全般(ブロック・ツッツキ・カットなど)

ブロックの短さ

 MONKEY>>TACTICS>GRASS


ブロックスピン反転

 GRASS>>MONKEY>TACTICS


ツッツキ

 普通のツブより切りやすい


カット

 ナックルでも粘着ツブで切ることが出来ます。


守備の操作性

 MONKEY>>TACTICS>GRASS


■サーブ・レシーブ・台上技術

上回転やナックルサーブは浮かないで粘着ツブで回転をかけて返球できます。特に繋ぎのボールが粘着ツブで抑えが効くので浮かないで低い弾道になり多少浮いても相手は回転が不明なのでミスを誘えます。



■おすすめな方

ナックルや上回転サーブが浮いて三球目攻撃をされる方。繋ぎのボールが浮いて攻撃される方。粒高の攻撃が出来ない方。ブロックが浮いてしまう方。ツブ高の守備や攻撃で得点出来ない方。



■まとめ

試打した練習相手が回転が不明でミス連発、自分自身も回転がまだ不明です。このツブ高ラバーは粘着ツブの影響で不規則に変化するのが最大の特徴だと思います。そしてボールが浮かないこと。粘着ツブの粘着力の寿命が未知数ですが使用後は粘着シートの貼り付けは必要。さすが老舗ツブ高メーカーのHALLMARKですね。