spin_trick-1























camcam


自己紹介

粒歴6年のシェークバック粒の中級者です。(小さいオープン大会でたまに優勝程度)元々シェークバック表でしたが、レシーブが苦手で粒に変えました。中学生に教えに行ったりしています。


■レビューする商品名

SPIN TRICK BARNA ORIGINAL】 OX


使用環境

ラケット インナーフォースレイヤーALC

フォア面 ハイブリッドK3 2.0

バック面 SPIN TRICK OX


■はじめに

バック面にフリクションスペシャル2を使用して相手を振り回していましたが、上級クラスのドライブを止めきれず攻守に優れたラバーを探してたまたま見つけたラバーです。


SPIN TRICKはブロックと攻撃の両立されたラバーの印象です。最近wrmさんがCLUTTERというラバーを動画で紹介していますが、その特徴を初中級者でも出しやすくした様なラバーです。



■攻撃技術全般(ドライブ・スマッシュなど)

粒が少し硬めな為、球離れが良く、初速も速く弾道も低めです。飛距離はそこまででないです。球離れが早く初速が速いのでプッシュやミート打ちがやり易いです。

 ドライブですが、ミート系がやり易い場合回転がかけ辛いラバーが多いですが、SPIN TRICKは硬さは感じるものの、そこまで難しくないです。必要十分のやり易さはあります。

 スマッシュはドナックルになり、ドライブとスマッシュの差が激しく受け手側がオーバーしたりネットミスしたりしていました。


攻撃全般やり易いですが粒が少し硬いので、ある程度インパクトが出ないとオーバーやネットミスしやすいです。



■守備技術全般(ブロック・ツッツキ・カットなど)

ブロックは球離れが早く初速が速いラバーとは思えない程よく止まります。変化や反転は殆どないですが、オーバーする速さの球が急に失速して台に落ちる様なブロックができます。弾道が低く、飛距離もそこまで無い為だと思います。


カットブロックは低く速く送ることができますがこちらも反転量や変化は少ないです。長短はつけやすいです。カットも同様に低く送れますが、回転量はほとんどないです。


ツッツキもドナックルになる為プッシュする時のフェイントで誤魔化す程度しか使えないと思います。



■サーブ・レシーブ・台上技術

サーブは、粒で打つ事はほとんどないと思いますが、前述したように球離れが早くナックルが出しやすいのでナックルロングはやりやすいです。


レシーブは、球離れを早くすれば回転の影響を受ける前に飛んでくれるので食らいにくく、低くて速いレシーブが可能です。逆に球を持たせるようにレシーブすると回転を食らって難しいです。またレシーブ時の変化はなくナックルに近い球質になります。そのためこねくり回してレシーブするより、弾く意識でレシーブする方が向いています。



■おすすめな方

コースの長短や変化表のようにナックルやブロックが特徴ですので、粒高の変化を求めるタイプではなく、粒でも攻撃的なことがしたい人におすすめです。



■まとめ

CLUTTERをもう少し使いやすくした感じでしょうか。硬めで弾道が低く、攻撃がしやすいのにブロックが止まる粒です。弱点が無いわけではなく、この手のラバーの中では回転を食らいにくいですが、優しく触りすぎるとやはり回転の影響を受ける側面もあります。なので球離れを意識して打てれば弱点の少ない攻撃的なラバーになります。この特徴をもつラバーは他にもありますが、回転の影響をそこまで受けず、初中級者でも使いやすいラバーは中々ないと思います。