0a59378f












■自己紹介

卓球歴10年(20134月〜現在)

中ペン裏裏粘着大好きマン♂です。


メインは両面裏裏ユーザー(ほとんど両面粘着)ですが、遊びでペン粒とカットマンとフォア表も練習・ゲームする事もあります。

実力に関しては中学時代県大会3回戦負け・市大会シングル準優勝・ダブルス優勝(シングル優勝者と組んで)・高校時代ブロック大会3位です。社会人なってから新体連オープン戦団体4部優勝、住んでる地区の大会で個人3位になりました。

下手では無いと思います。上級者へ片足突っ込んでるくらいかなと自負してます笑


プレースタイルはフォアは粘着の癖を活かした回転重視のサーブとループドライブとカーブドライブと一撃ドライブとストップを駆使して、バックはツッツキ以外は裏面で常に速さよりも安定を求めて回転しっかりかけてます。


得意技術はループ&カーブドライブとフォアフリック、チキータ、ストップ。苦手なのはフットワークとブロック&カウンターです。なので回転量ある球が効かない人やブロック硬い人は相性悪いです


用具へのこだわりはブロックカウンター苦手なので面が大きくて当たりやすさと重い用具で押されなさが欲しいのと、上板が硬いとループとサーブ以外でミス多発してしまうので純木材5枚合板でも使えません。(インフィニティとか)あとは要所で一撃で抜ける道具がいいので上板柔らかいインナーで威力出せるものがベストと自分では思っています。重量はターボブルーを貼っているのでいやでも重たくなります


過去に使用した粘着ラバー


高品質キョウヒョウ系

省狂NEO3ブルー、オレンジ

国狂3.58ブルー、NEO3ブルー


ターボブルー、ターボオレンジ

普狂3.589(バイオレット)


国天極2ブルー、天極NEO3


WRM特注

キンプロ(パープルスポンジ)、メイスプロブルー(48.46)、パラディングリーン、太陽プロ極薄、APOLLO540.39.38)木星2ブルー(36)、アレス(52)、ターゲットブルー

金星2ブルー


その他

スピンアート、愛鯨2、ゴールデンタンゴ、ディグニクス09c、オメガ7光、ラクザZエクストラハード・トリプルダブルエキストラ・DNAドラゴングリップ


粒高

グラスディーテクス、エリミネーションエキストラロング


ドナックル 天王星 カットマン用クレア



所有ラケット(今無いものも含む)

アウォードオフェンシブ

レッドローズ

和の極み蒼

松下浩二スペシャル

幻守

エキスパートカーボン

ヴィルトゥオーソマイナス

キョウヒョウ龍5

キョウヒョウ龍5X(現在のメイン)

koki niwa

クリッパーウッド

張本智和インナーフォーススーパーZLCCS(現在のサブ)

丹羽孝希ZC


使用用具1

ラケット:キョウヒョウ龍5X

フォア:キョウヒョウプロ3ターボブルー(特厚)

裏面:ラクザZエクストラハード(特厚)


使用用具2

ラケット:張本智和インナーフォースSUPERZLC-CS

フォア:キョウヒョウプロ3ターボブルー(特厚)

裏面:ラクザZエクストラハード(特厚)


5と張本は対戦相手のスタイルや自分の調子と気分で使い分けてるので実質両方メインです。



■レビューする商品名

オメガ7チャイナ影(2.0mm)


■使用環境

ラケット:樊振東ALC・キョウヒョウ皓3

フォア:オメガ7チャイナ影(2.0mm)

裏面:国狂8ブルー・キョウヒョウプロ3ターボブルー()



■はじめに

発売からずっと気になっていたオメガ7チャイナ影をようやく打ってみました。ターボブルーというカチカチラバー使ってる身としては気になっていましたがオメガ7チャイナは以前影の60度は流石に硬すぎて使えないだろうなとビビって光の方を買って打ったら全然引っ掛かりがなくて使えないと思ったので渋っていました。。弾む用具が最近好きになってきたこと、ラクザZエクストラハードにもう少しスピードが欲しいなと思い始めているので思い切って買ってみました。今回は初めて打つ樊振東ALCに貼ったのでラケットの要素が分からずレビューに影響しているかもしれませんがご了承ください。また樊振東ALC単体とインナーのどれかのラケットに貼ってレビューは再投稿します。


■攻撃技術全般(ドライブ・スマッシュなど)

軽打

飛ぶ!硬い!っていうのが第一印象でした。

弾むし硬いと分かってはいるつもりでしたがターボブルー並に打感はハードです。触るだけだとターボブルーの方が全然硬いのですが。弾みとしてはディグ09C以上に感じました。硬さはターボブルー抜いたラバーで1番硬いと思いました。ラザンターC53が近いかなと思います。ですがC53よりは上に上がってくれてネットミスはしずらいです。


対上回転ドライブ(フォア)

速いし引っ掛かりもターボブルーユーザーでも満足出来るかなりの引っ掛かりです。ターボブルーよりは回転は少し落ちますがスピードが2段階くらい上がりました。ブロックしてくれた相手はいつもより深くて速さで違う重みがあるし私から取り慣れない球で嫌だと話していました。


ハオ3(センターカーボン)に貼るとマイルドになって回転はかなりかけやすく安定するようになりました。


対上回転ドライブ(裏面)

裏面でもやってみましたがいつものラクザZより回転かかってる感じはしないですが球は速いしかかってるし、受け手としてはいつもより全然ブロック出来ないと言われました。こちらとしては球離れが早くてミドルに言ってしまうことが多発しましたが慣れて掴む感覚が分かればかなりの威力が出せると思います。またいつもより横回転が増えたと言われました。バックハンドに使う硬度ではないと思いましたが個人的には案外いけるかもと思いました。もちろん60度なので慣れはかなり必要だし下回転が打てないとダメですけどね影のシートで光のスポンジ硬度だとちょうどいいかなと思いました。光と影ではシートの引っかかり方が全然違うように感じました。なんとなく同じなような気がしますが。


ハオ3に貼ると少しスピード感が物足らないと裏面では思いました。アウターやインナーに貼ると硬いけど弾むので使えますが少し弾み不足であまり球が走らなく感じました。


中陣ドライブ(フォア)

少し真っ直ぐ飛びますが飛距離があるのでターボブルーよりも楽に飛ばせます。威力としては過去使ってきたラバーでも1番かと思います。下がるスタイルではないのであまり重要視していないのですがネットミスはかなりしずらく球の変化もしっかりあるので対戦相手が嫌なラバーだと思います。


中陣ドライブ(裏面)

下がっての裏面ドライブはずっと書いてますが自分の好みとしては弾むことより弧線が出る方が感覚いいのでネットミスが多かったです。裏面で下がってかけ返すことはよっぽどしないのでいいですがあまりバックで下がってのプレーには向いていないように思います。


対下回転(フォア強打)

ここからが採用かどうかが決まってくるところです。対下はターボブルー使ってる身からしてもやはり対上よりも硬さを感じて難しく感じました。ただ入ればターボブルーより回転量減ってスピードは上がるという感じでした。ターボブルー程開くと弾いてしまったり飛距離が出るのでオーバーしやすいので気持ち伏せ気味で開いて打つとちょうど良かったです。ターボブルーが回転かかりすぎるだけで影もかなりかかると思います。得点力は影の方があると思います。力やラケットの球持ちがあればテンションラバーに近い打ち方でも入るような感じがしました。私の評価としては慣れてないから難しいけどポテンシャルは感じるといった感じでした。ターボブルーも初めて打った時はそんな感じでした。

次に打った時はあれ全然ネットミスせず打てるぞ?と何故かなりました。それでも回転量はターボブルーよりはないですがしっかり強いシートと弾みでネット越えるかつ、回転量・スピードも両立された質の高いドライブが打てます。


ハオ3に貼ると過去一くらいにやりやすく球も早く回転も乗ってくれました。ターボブルーの打ち方でも入ってくれて、ターボブルー程開いて打てなくてもよくて打ち方の許容範囲が広がってくれる印象でした。しかしインパクトは必要にはなります。ターボブルーと比較するとラケットが1番飛ばないですが弾みは影の方があって回転は気持ち減る代わりに打ち方・捉え方がある程度ずれても入ってくれる印象でした。


対下回転(フォアループ)

地元ではループお化けとかループだけは上手いと言われてる私の最大の得点源ループドライブもフォア面では重要視していますが、ループはターボブルーと比べても文句ありません。回転量と上がりやすさはターボブルーに少し軍配が上がりますが、球の浅さが物凄いです何故か。掴み方が分かっていないのですが時々凄い回転かかることもあったのでターボブルーに匹敵すると思います。浅いとカウンターされにくいしかなり相手コートで伸びるとこちらから見ていてもターボブルー以上に弾道の変化は感じました。


ハオ3に貼ると龍5にターボブルー貼ってループを打つ時同等以上の回転量が出せて変化はそれ以上になりました。ハオ3に影の組み合わせのループはかなりヤバいと思います。それでいて前に振れば速いのでありですね。


対下回転(裏面強打)

初日には裏面での対下回転の試打が出来なかったので初日の感想はありませんが、次打った時はフォア同様ネットミスはほぼしませんでした。ラクザZエクストラハードは凄く上に出るけど飛距離が出なくて収まると感じていますが影は気持ちZハードよりは上がりにくいけど弾みが強いので威力は簡単に出せるという感想でした。裏面は弾いてしまうことは自分の打ち方的に少ないので理想的な感じでした。

が、少しでも弾くとオーバーミスという印象でした。上回転ど同じようにというと大げさですがイメージとしてはそのくらいの面で食い込ませて前に振れば簡単にドライブが打てるように思いました。相手からもいつもと回転ほぼ変わらずで速いし低いと言われました。


対下回転(裏面ループ)

裏面でのループはZハードの方がかなりいいです。上がりやすさはそこまで変わらないのですが回転量は落ちるしカウンターされやすい印象でした。ガンガン前に振っていくスタイルの方が向いているラバーなのだと思います。フォアはループも良かったですが。


カウンター

フォア

かなりやりやすかったです。あまり触れてきてませんでしたが影はかなり回転量に対して鈍感なように感じるのでどんなドライブでも同じように振れば入るような印象でした。また入った球も低くて速くてこちらから見ていても伸びているなと思いました。ターボブルーだと硬すぎるのと粘着が強いので上げすぎてしまうことがありますが影はそこまで固くなくて鈍感で粘着ラバーの中では1番やりやすいと感じました。裏面だとZハードが1番で総合的に見たらV22ダブルエキストラが1番やりやすいと私は思います。



■守備技術全般(ブロック・ツッツキ・カットなど)

ブロック

過去一やりやすいと感じたかもしれないです。シートが鈍感なのと真っ直ぐ飛ぶのでやりやすいです。とはいえテンションではないので収まりますし。抑えたり変化付けるのはターボブルーの方がやりやすいですがシンプルな安定感は影の方があると思います。弾まないという意味ではターボブルーが勝りますが落ちたり回転くらったりは影は少ないと思います。


ツッツキ

ツッツキはそこまでいいと思えなかったです。もちろん悪くはないですがターボブルーやZハードの方が回転かけられて安定すると思います。

サーブ・レシーブ・台上技術

サーブ

キョウヒョウと比べたら弾むので台からは出やすいと思いますが抜いたら他のラバーでは1番切りやすいと言っても過言じゃないかなと思います。


フリック

フリックはターボブルーと飛び出し方が違ってあまりやりやすいと感じられませんでした。弾くとオーバーだし、掛けるとターボブルー程かからないと感じました。


ストップ

ツッツキは悪くないけど微妙やなと思いましたがストップは高評価です。ちゃんと止まります。ターボブルーの方が切れ味はありますが影も満足出来るレベルです。


チキータ

ディグ09C以来のやりやすいラバーだと思いました。Zハードやキョウヒョウ9のように山なりに飛ばすのが変化ついてやりやすいタイプではなく威力を出す前に振るチキータが過去一安定するように思いました。ディグ09Cの方が回転もスピードも上なような気がしますが入るのは影の方がいいと思います。真横を捉えて遅いチキータをよく使うのですがそれはディグ09Cだと深く少し速く入ってしまうのですが影だとそこまで速くなくいやらしい球が出せました。

おすすめな方

キョウヒョウが厳しくなってきた方

・キョウヒョウに飽きてきた(違うラバーを使ってみたい)

・キョウヒョウが使いたいけど使えないと感じた方

・オメガ7チャイナ光が微妙だと感じた方



■おすすめ出来ない方

・キョウヒョウレベルの回転量を求めている方

・ループや遅い癖球を求めている方

・当たり前ですが硬いラバー苦手な方



■まとめ

良いところ

・回転量とスピードが他には無いかなり高い次元で両立されているかつ、癖もある

・ループが浅くなる

・下回転が思ったより上がるしテンションに近い打ち方でも入る

・回転量多いのにシートは鈍感でカウンターやブロックがやりやすい

・球の伸びはターボブルーよりもあるかも

60度と聞くよりは全然柔らかい


悪いところ

・回転量はキョウヒョウはもちろんですが、ディグ09Cよりも劣る

・粘着はそこまでない

・打ち方には癖はある

・弾くと吹っ飛ぶ



■総評

打つまでは60度と聞いてビビってましたが思ったよりも柔らかく、使いやすくて光であった回転量不足は全く感じませんでした。また他のラバーとは一線を画す回転量とスピードはあります。ターボブルーや09Cの方が回転量はありますが両方よりも弾むし、ターボブルーはずっと弾まない・09Cはずっと弾むと思いますが影は落差が凄いと思います。ライバルのラバーとなるとこの2つが挙げられると思いますがちゃんとそれぞれに立ち位置が確立されていると思いました。色んなプレーが出来るのはもしかしたらターボブルーではなくて影かもしれません。使いやすいかと言ったら使いにくいですが興味を持っている方はある程度硬いラバーも好きだと思うのでそう思うと意外と平気で使えるのかなと思います。打ち方が分かれば09Cよりは回転量が出せるのではないかと思っています。今回、初めて打つ樊振東ALCに貼っているのでそれも色々分からない原因かもしれませんが打ち込んだり他のラケットに貼っていいところ悪いところまた模索していこうと思います。


とにかく、ヤバい回転量とスピードと台上で癖球もしっかり出てそれでいて打ちづらくないポテンシャル高すぎるラバーです。気に入りました。アウターでも全然余裕と思ったのでインナーならもっと使いやすいのではと思います。そのうち検証します。



■補足

打ち方に関しては下回転打ちで開いて打った時に弾き過ぎて飛ばしてしまうことと、裏面に貼るとバック対バックになった時に薄く触るとターボブルー以上に飛ばないのが打つ時の難しいポイントでした。ある意味後者は癖が相当出るので相手も嫌がっていました。あとは私自身、今後使用していくかはフォアよりも裏面の方がいいと思いフォアターボブルーでしばらく60度をバックに貼るド変態になろうと思います笑。まあサブラケで遊びなのですけどね笑


知り合い1パワーのある人にハオ3に貼ってある状態を打ってもらったらかなり速いし回転量もレベチなドライブが連発してました。カウンターも物凄かったです。私含め、全員一致したのはアウターよりもインナー(ハオ3はセンターカーボン)の方がいいと思いました。55度の光はインナーに貼って割と酷評しましたがアウターのkokiniwaに貼ったら良かったので影はインナー、光はアウターの方が相性がいいのかなと思いました。


他ラバー比較

ディグ09Cとターボブルーと比較を載せます。


弾み(軽打)

影>=光=09C>ターボブルー


弾み(強打)

影>光>=09C>ターボブルー


回転量(MAX)

ターボブルー>09C>影>光

(打ち方が分かれば09Cと影は入れ替わるかも)


回転量(かけやすさ)

09C>影>ターボブルー>光


球離れ(硬さ)

ターボブルー>>影>光>09C